4月26日。昨日の大荒れの天気が嘘のような快晴の空の下、安部組のオープン戦・初戦となる試合が、岡村製作所Gで行われた。相手は筑波大学。

試合はAチームから、立教のキックオフで始まった。
立教は前半10分に勝負を賭け、敵陣深くまで攻め込む。試合開始早々、FWが猛烈なラッシュをかけると、すかさず佐藤大樹(3)がボールをさばき、BK陣に展開する。なかなか決め手を出すことが出来ず、ゴールラインを割ることが出来ない。
そして、前半4分に自陣22メートルラインからのスクラムより、筑波が短く的確にパスを繋いで立教ゴールに攻め込み、最後はFWに押し込まれゴール左隅にトライを決められてしまう。キックも決まり、スコアは0-7。

その後は、相手ボールをターンオーバーしたり、和田聡(2)がラックから抜け出して、大きくゲインしたりという場面も垣間見えたが、立教はなかなかペースを掴みきれず、3本のトライを許してしまい、スコアは0-28と大きく開いてしまう。

しかし、このままで終わるわけにはいかない。前半42分、自陣22メートルライン付近まで深く攻め込まれ、しかもボールは筑波ボールのラインアウト。まさに絶体絶命のピンチである。しかし、平均身長で大きく差のある相手に対し、ラインアウトで競り勝ち、吉原隼人(4)がボールを奪い、すかさずBK陣に繋ぐ。そして浅川健太(2)の的確なキックで陣地を回復し、そこからは筑波の強力なアタックに粘り強いディフェンスで応戦。何度もラックが作られる中で、立教はついにターンオーバーに成功した。直後相手のペナルティにより、立教にPKが与えられた。キッカーはもちろん、平盛拓人(2)、ここ1番の場面での集中力はピカイチの選手である。後半に繋ぐためのこの大事な場面でもキッチリとPGを決め、スコアは3-28。ここでハーフタイムとなった。

後半、筑波のキックオフで試合が始まった。開いた点差を取り返そうと、気合も十分に臨んだ後半戦だが、筑波の粘り強い攻撃に苦しみ、自陣でのプレーが続く。後半から途中出場の美濃田樹(4)相手スクラムより筑波8番が持ち出そうとしたボールを、鋭く飛び出してターンオーバーするもなかなか、ピンチを脱することができない。ついに後半12分、トライを奪われ、スコアは3-35と更に開いてしまう。

ここで立教も意地を見せる。
後半14分相手ペナルティよりクイックでスタートし、ラックを繰り返しながら、前へ前へとアタックを続ける。そして、眞柄勇希(2)が大きくゲインをきり、次のラックからボールを持ち出した美濃田(4)が前に蹴りだす。それを浅川(2)がキャッチし、平盛(2)→田中翔吾(2)と繋ぐ。FWのサポートを受けながら、田中(2)がゴールラインに飛び込んでトライを決めた。スコアは8-35となり、反撃の兆しを見せる。

しかし、その後はなかなか敵陣深くにまで攻め込むことができない。
後半途中出場の、宣原甲太(1)も低くタックルに入り、相手に大きなゲインを許さないものの、筑波の激しいアタックに苦戦を強いられ、防戦一方となってしまう。
そして相手に計5トライを許し、後半40分、筑波11のキックが決まったと同時にノーサイドとなった。スコアは8-68と開き、現時点での力の差を改めて実感させられる試合となった。

2月11日のファーストミーティング以降、立教のスタイルを確立しようと基礎の練習から励んできた。そして今自分達の力がどこまで通用するのか、できることを確実にやろうといった気持ちで臨んだ今回の筑波戦だが、結果はAチームもBチームも大きな差があることを痛感させられるものとなった。
しかし、今回の相手筑波大学は、「大学選手権出場」を目標に掲げる立教が必ず超えなければいけない壁の一つである。今日の試合で得た課題を受け入れ、更に成長していかなければならないと一人ひとりが考えさせられる試合となった。

文章:立教大学ラグビー部