遂に関東大学対抗戦が開幕した。初戦の相手は学習院大学。ほぼ満員の観客の中、校歌斉唱し士気を高めた選手たちは、対抗戦Aグループ昇格という悲願の目標へと挑み始めた。

試合開始早々、スコアを動かしたのは立教であった。敵陣10メートルのマイボールスクラムで圧倒的な強さを見せ、大きく前進する。持ち出したボールをSO早川亮輔(4年・東京農大第二)がゴール前へキックパス。走りこんできたWTB山口航貴(2年・桐蔭学園)が見事にキャッチしトライを決めた。強風の中、SH山本大旗(4年・國學院久我山)のコンバージョンゴールも決まり、7点を挙げる。その後、FWの力の差を見せつけ、スクラムやモールから立て続けに2本のトライを奪い、確実にリードを広げていく。前半22分、敵陣10メートルの学習院ボールのスクラムをターンオーバー。パスを受けたCTB岡田和也(3年・川越東)が敵のディフェンスを華麗にかわしながら、ゴール前への大きなゲインを見せ、SH山本がトライラインを超える。終了間際に1トライを許すものの、スコア38-7で前半を折り返す。
このまま立教ペースでさらに得点を重ねようと意気込み臨んだ後半早々、立教は猛攻を見せる。FB楢崎彰太郎(3年・國學院久我山)やCTB押田空(4年・佐倉)さらにWTB藤原大晃(3年・桐蔭学園)の相手のディフェンスを寄せつけない快走が目立ち、立て続けに3本のトライを決める。後半13分、自陣10メートル左ラインアウトからFL清水健吾(4年・立教新座)が敵陣まで一気にラインブレイク。WTB山口→WTB藤原とパスを回し、PR眞壁照男(4年・桐蔭学園)がトライを決める。続いて24分、敵陣22メートル相手ボールスクラムをまたもターンオーバーし、こぼれたボールに素早く反応したFL清水がトライ。30分にも、相手のペナルティを誘い、敵陣ゴール前左スクラムからNo.8吉澤一作(4年・本郷)がそのまま押し込みトライ。83-7で対抗戦初戦は快勝に終わった。

対抗戦初戦は白星でスタートしたものの、昇格するためには、さらに相手を圧倒する実力が必要になってくるだろう。この結果に満足せず、成長し続けようと山本主将は試合後のハドルでチームを鼓舞した。昇格まで負けられない戦いが続く中、さらに追い込み成長できるよう、チーム全員で今シーズンを戦っていく。

文章:立教大学体育会ラグビー部