大学ラグビー生活を振り返ってみてどんな四年間でしたか。

 いま四年間を振り返ってみると、本当にここまであっという間だったなという感じがします。一年生のころは、練習がきつくて何度も部活を辞めようと考えたことがありました。しかし今となっては続けてきて良かったなと思っています。自分は先輩たちと特に仲が良く一緒にいる時間も長かったので、そういう出会いがあったこともラグビーのおかげだと思います。その先輩たちは今まで出会ったことのない、ラグビーも私生活も素晴らしい人達だったので、このような世界もあるのだなと毎日新しい発見があり得られたものは大きかったです。ラグビーはチームスポーツの中でも他のスポーツに比べると、みんなで勝ったときの喜びが大きく、達成感が得られるというところが続けられている理由だと思います。この部活にいる時間も残り少ないので、最後まで全力でラグビーをやり遂げたいと思います。二勝という目標をみんなで立てたので、今練習はとてもハードですが、それをみんなで乗り越え成長して二勝という目標を達成します。

立教ラグビー部に入って変化したことはありますか。

 この四年間を通じて、自分自身とても成長できたと思います。例えば高校生のときは、ただ与えられた課題だけをこなす、というような感じでしたが、今では自発的に考えて行動するようになりました。そうするうちに自然とラグビーについて考える時間も増えました。他にも、ハードな練習をみんなで乗り越えてきて、精神的にも成長できたのではないかなと思います。

あなたにとってラグビーとは何ですか。

 日々のストレスの発散だと思います。ラグビーをしているときだけは、自分の中の様々なしがらみを全て忘れることができるからです。また平凡な日々の刺激でもあります。たとえ普通の日であっても、部活でラグビーをしているから楽しく過ごすことが出来ているのだと思います。今では毎日部活漬けで、ラグビーをしていることが当たり前のようですが、この先引退して自分にラグビーがなくなったら、どうなってしまうのかなと考えると少し不安です。

ラグビーを始めたきっかけは何ですか。

 もともと親戚のお兄さんがラグビーをやっていて、幼い頃に自分の兄と二人で一緒にその親戚のお兄さんの真似ばかりをしていました。中学生まではずっと野球をしていたのですが、それがとても楽しくて、兄が高校でラグビーを始めたときに自分も兄の背中を追ってラグビー部に入ったことがきっかけです。
 しかし大学に進学したときにラグビーを続けるかどうかを迷っていて、正直言うとサークルに入ることも考えていました。しかしラグビー部の先輩が毎日自分を誘い続けていてくれていたので、入ることを決めました。その人がいたからこそ、今の自分があると思うのでとても感謝しています。

セールスポイントは何ですか。

 自分の明るい性格だと思います。昔から人とコミュニケーションを取っておしゃべりをすることや、おもしろいことをすることが好きです。自分はプレーの面では魅せることが出来ませんが、この性格を活かして部の雰囲気が悪かったり暗くなったりしてしまっているときには、自分が中から盛り上げて部を良い方向に持っていくことが出来れば良いなといつも考えています。

立教ラグビー部の魅力は何だと思いますか。

 上下関係はしっかりありますが、その中でも学年を超えて仲が良いところだと思います。そのため先輩後輩関係なく私生活でも遠慮せず遊ぶことができますね。自分が昔先輩たちに仲良くしてもらったように、自分も後輩と良い関係を築くことが出来ていると思います。あとは面白い人が多く、和気あいあいとした雰囲気もあります。

同期はどのような学年ですか。

 四年生は一見、他の学年に比べたら静かなイメージがあると思いますが、みんなが個性的でそれぞれ味のある人が集まっている学年だと思います。一緒にいてとても楽しく、仲が良いですね。しかし一方でラグビーに関してはとても真面目で、最上級生としてこの部を引っ張っていこうという思いがみんな強いと思います。お互いに意見を出し合い、助け合っています。


後輩たちに伝えたいことはありますか。

 自分の経験から言うと、四年間という時間は長いようで意外とあっという間なので、最後に悔いが残らないようにこの立教ラグビー部での貴重な時間を大切にして過ごしてほしいと思います。なんとなく日々を過ごしてしまうのではなく、小さな目標でも大きな目標でもいいので、明確なものを自分の中で立ててそれに向かって頑張ってほしいです。

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

  いつもご声援ありがとうございます。私たちは二勝に向けて日々ハードなトレーニングに精進しています。対抗戦の残り三試合で必ず二勝という目標を達成するので、応援を宜しくお願いします。