先日行われた立正大学戦について教えてください。

 前半はターンオーバーしたボールを瞬時に動かしトライを取り切るなど、自分たちがしたいような試合運びが出来たことで点数の面でも勝っていて、後半でもそれを継続してプレーをしようと臨んだのですが、後半は全体的に立正大学に走り勝つことが出来ずに逆転されて結局負けてしまいました。今までの課題であった試合への“入り”の部分では良かったと思うのですが、それを80分間継続することが出来なかった点をこれから改善していかなくてはいけないと思います。
 自分個人としては、みずからアグレッシブに動いたことでトライを取り切ることができたのですが、最後に足をつってしまい80分間出続けることが出来なかったことが悔しいです。

尊敬する選手、期待している後輩はいますか?

 山田(山田雄大・2年)です。自分に厳しく、真面目に自分のことを管理で来ていると思います。同期なのですが真似すべき点は多くある選手だと思っています。
宏洋さん(篠崎宏洋・4年)はオン・オフの切り替えがしっかりしている先輩だと思います。例えば試合中・練習中や、みんなの前に立って話している“オン”のときと、プライベートで後輩と仲良く話してくれる“オフ”の姿をきっちり分けることが出来ているところがとても尊敬できます。自分もしっかりとオン・オフの切り替えができるように努めたいです。
空斗さん(青木空斗・3年)はプライベートでも仲良くしてもらっているのですが、試合では人が変わったようにプレーをするので、あまり試合などで気持ちを全面的に出すことが出来ない僕にとって尊敬すべき先輩です。
期待している後輩は大野木(大野木慶太・1年)ですね。ポジションが同じで一緒に試合に出てプレーすることが多く、フィジカル面では強いと言い切れなくてもステップなど自分よりも勝っている点が多くあるので、もっとウエイトなどを頑張って体を強くするとより活躍できる選手なのではないかと思います。
あとは大旗(山本大旗・1年)。プレーの面ではとてもいいと思うのですが気持ちの波があるので、その気持ちの波を改善して自分をコントロールすることが出来るようになればもっと良くなって面白いプレイヤーになると思います。

同期について教えてください。

 同期はみんな仲がいいです。がっさん(小川惇・2年)とはよくお昼を一緒に食べますし、同じ学科の小沼(小沼秀拓・2年)と小島(小島健太朗・2年)とは一緒に授業を受けています。
ラグビーの面に関していうと、ポジションが同じ三浦(三浦弘之・2年)は、去年までBチームで一緒にプレーすることが多かったのですが、今年からAチームのスターティングメンバーとしても活躍していてとても刺激になります。

大学でもラグビーを続けている理由を教えてください。また、実際に入ってみて成長したと思う点はありますか?

 大学でやりたいことを探した時、他には特に見当たらず、やっぱりラグビーをしようと決断したことが大きな理由の一つです。出身高校があまり強いチームではなく自分の思うように活動できなかったので、対抗戦1部のチームに所属してラグビーをしたいという思いもありました。
 実際に立教ラグビー部に入ってみて、同期や先輩などの人数が多く、全体で80人ほどの組織に入ったことで、その中の一人としておのずと集団行動の大切さを学びました。
 プレーに関しては、高校ではずっとCTBをやっていたのですが、大学ではWTBにも挑戦する機会ができてBKの中でも違う視点から試合を見ることが増え、後ろから全体的にみんなをコントロールする面白さがあることを学びました。
 大学では遠藤HCのもとでレベルの高い指導を受けさせてもらっていますし、高校と比べてTRやスタッフがたくさんいて試合前のトリートメントや体重管理など高校よりも体制がしっかりしているので、体のケアに関してとてもいいサポートをしてもらえていると感じます。

残りのシーズンをどう過ごしたいですか。

  前の質問でも話したのですが、前回の立正大学戦では足をつってしまって最後まで試合に出すことが出来なかったので、しっかり試合前などの自己管理を徹底しなければならないと思っています。夏合宿ではあまり試合に出ることが出来なかったので、これからのシーズンは怪我をせず試合に出続けることを目標に、BチームからでもAチームの刺激になれるようにしたいと思います。
 今年度から2年生になり後輩ができたので、グラウンド外でも色んな後輩と今まで以上に話してコミュニケーションをとりたいです。また、シーズンももう少ないので一回一回の練習を大切にして、オンとオフの切り替えをしっかりしてラグビーに臨みたいと思います。

HPをご覧の皆様に一言

シーズンも残り少ないですが、応援よろしくお願いします。