前回の学習院大学戦を振り返ってどうでしたか。

 チームとしては“連続性”というテーマをもって試合に臨みました。そのテーマのもとで長いフェーズを継続し、トライを奪えたことが良かった点です。しかしDFに関しては、一人一人がもう少し前に出て積極的にタックルをすることが出来たらもっと良いゲーム内容になったのではないかと思っています。
  個人としては、今まで自分の課題だと思っていたタックルに関してミスなくできました。久しぶりにスターティングメンバーとして出場することになり、FWらしく泥臭いプレーをしたいと思っていたことが今回のタックルの質につながったと感じました。次回からは周りともっとコミュニケーションを取って、無駄な動きのないポジショニングをし、自分がボールを持つ機会を増やしていきたいと思います。

今年度の立教ラグビー部について感じる事を教えてください。

 フルタイムコーチが居た去年とは違い、平日は選手主体で練習をしています。御苑さん(御苑剛・4年)を中心に、引き締まった雰囲気で練習をすることが出来ています。去年は練習に対し受け身だと感じることもありましたが、今年はいい意味で伸び伸びと、自発的に選手から練習に臨んでいる雰囲気があります。
 自分たち3年生はすでに上級生という立場です。特に僕らの学年は人数が多いので、4年生に頼るだけではなく、チームトークなどでも積極的に発言してチームの軸になっていきたいです。

対抗戦に対する意気込みを教えてください。

 今年度は昇格という絶対的な目標があり、それを達成するため一試合も負けてはいけないという状況です。その中で自分は試合に出続けることでチームの勝利に貢献していきたいと思っています。今シーズンの試合が終わった時、「あいつが試合に出ていてよかった」と言われるような、チームメイトから信頼されるプレーがしたいです。

 


部員について教えてください。

 尊敬する先輩は狩武さん(高橋狩武・4年)です。狩武さんは、コンタクトが起きる場面で自ら積極的に体を張り続ける強さを持っていて、同じロックという立場として尊敬しています。
 同期は、ラグビーの面で能力が高く尊敬できる人がたくさんいます。自分たちの長所に自信をもって3年生からチームを引っ張っていきたいと思っています。特に山田(山田雄大・3年)は、ポジションは違いますが、コンタクトの局面での身体の使い方のうまさやウエイトへのストイックな姿勢など見習うべき点をたくさん持っています。
 学年リーダーの瑛司(福澤瑛司・3年)はリーダーとしての資質を持っていて、全体に目が行き届かせ一人一人のことを理解してくれています。プレイヤーとしてだけでなく、リーダーとしても尊敬しています。
 期待する後輩は下山(下山達也・1年)です。プレーを見ていて、ボールをもった時の動きにセンスがあると感じました。DFなどでもっと泥臭くがむしゃらなプレーが出来ると、力が伸びてAチームにも絡んでくるのではないかと思っています。
  同じ高校である立教新座の後輩たちにも期待しています。高校の時に比べ、大学に入ってからみんなラグビーが上手くなっていて、伸び率が高いので今後の活躍がとても楽しみです。

自身のプレースタイルについて教えてください。

  接点で激しくプレーすることを心がけています。自分としては、ロックは地味なポジションだと思っているのですが、そういった所で存在感を出せるよう意識しています。ボールを持った時の姿勢が高くなることがあるので、今後の改善点として姿勢の低さを意識してプレーしていきたいです。

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 いつも応援ありがとうございます。対抗戦はまだまだ試合があり、その中で立教のラグビーが進化していくと思うので、ぜひ会場に足を運んで試合をご覧になってください。