山梨学院大学戦を振り返ってみてどうですか。

山梨学院大学戦のテーマが「For The Team」でした。その目標を達成するために、メンバーに選ばれたと感じています。ジュニア選手権大会最終戦ということもあり、何が何でも勝たなければならないという思いで試合に臨みました。けれど、それは決して自分1人の力だけでは達成出来ません。チームの皆がいかにやる気をだしてくれるかをしっかり考え、皆が勝ちにコミット出来るように練習からリーダーシップをとってきたので、「勝ち」という結果を得ることが出来て良かったです。自分の強みである「声を出すこと」と「タックル」、そしてチームとして強化しているCoreを自分が先導して動かすことを意識しました。平日の練習から雰囲気が良かったので、試合をする前から良い結果になるだろうと確信していたので、思った通りの結果になったのは嬉しかったです。
 後半の始め、山梨学院大学に立て続けにトライを許し、押されていた時、今までだったら皆下を向いてしまい、声を掛け合うことすら出来ませんでした。けれど、この試合では立教が苦しい時こそ1人1人が流れを変えるプレーをしようと声を掛け合うことが出来ました。また、練習で良いイメージが出来ていたので、その良いイメージをどうしたら体現出来るかを意識して話しました。その直後にFWがしっかりとキックオフでとってくれて、それをBKが繋げてトライを取り返すことが出来たので、1人1人の意識が表れたと感じました。

セールスポイントを教えてください。

自分のセールスポイントは、「タックル」と「声」だと思っています。プレー中、チームトーク、試合の途切れた時にチームを鼓舞し、チームを盛り上げられるような声かけをすることを心がけています。Coreをセットさせたり、FWを動かしたりするためにも声かけをすることはとても大事なことだと思うので重点を置いています。CTBは、高校の時からずっとやっており、その前はSOをやっていました。今までゲームを動かすポジションをやっていたので、その面でも「声」というのはすごく大事だと思います。CTBはBKの中でも1番声を出さないといけないポジションだと思うし、プレーを決めたりする上で重要なことだと思うし、それがCTBに必要なスキルだと思っています。プレー面では、アタックだったら声を出してセットさせ、サインを決め、ディフェンスだったら、ディフェンスラインを並べ、統率を図ります。CTBは名前の通り、真ん中に位置するポジションだと思うので、FWとBKのバランスを上手くとることを意識しています。

対抗戦も終盤を迎えますが、どのように過ごしますか。

対抗戦も終盤を迎え、残りの試合もわずかとなってきました。もともと「昇格」を1番大事にし、「昇格」に向かって日々精進してきたので、わくわくしているというかやっときたなという気持ちの反面、終わってほしくない、寂しい気持ちもあります。それでもやはり、「昇格」のために今年一年間ずっと取り組んできましたし、4年生を中心にチーム一丸となって「昇格」を目指してきたので、良い結果を残すのはもちろんですが、それ以上にあと少しだからこそ自分には何が出来るのだろう。まだ何か出来ることがあるのではないかと思っています。今年は結果として「昇格」することが最高の結果かもしれないけど、それ以上に立教の良い文化を後輩たちに残したいと思っています。そういった良い文化が昇格後も続いていったら良いなと思っているので、そのために今自分が出来ることは何かを考え、残り少ない時間を過ごしたいと思っています。

Oneについて教えてください。

 チームが1つになるOneと1人1人のOne、1つ1つのことを大事にしたいというOne。そういったいろいろ思いがOneにはつまっています。その中でもOneという言葉で皆が1つにまとまったら良いなと思っているし、それを皆も感じてくれていると思います。今シーズンは「One」というスローガンをもとに本当に1つになったと感じています。1つにまとまる意味でのOneだけでなく、一人一人がもっと自分にベクトルを向けてほしいという意味でのOneなど、人それぞれOneのとり方はたくさんありますが、そういういろいろな意味にとれるからこそ「One」という言葉の重みを大事にして欲しいと思っています。今年は今年で来年はまたスローガンが変わってしまうけど、「One」という文化をまた来年以降も続けていってほしいと思っています。1つにまとまるということについて、個々の力があっても個々の強さだけで目指せるところというのはたかがしれていると思います。個々がどんなに強くてもチームとしての力が強くなければ絶対に勝ち上がれないと思います。チームとしての力があってこそ個人の力はもっと伸びると思うし、もちろん個々をないがしろにするわけではないけど、個々があった上で、さらにチームとして強いのが本当に強いチームだと思います。競った試合や1番大事な試合で強い、勝てるようなチームはチームとして本当に強いチームだと思うので、そういうチームになったら良いなと思っています。今年1年ではなかなか難しいと思いますが、来年以降もチームとして強いチーム作りを目指して欲しいです。たとえ個々の実力は他のチームより劣っていても、試合になったら強いとかそんなチームになってほしいです。

後輩に伝えたいことを教えてください。

後輩に伝えたいのは、部員全員が立教ラグビー部を好きで、誇りに思えるようになってほしいということです。チームのことを好きになればもっとチームのことを考えられるようになるし、自分のチームと思うことでもっと自分がチームに出来ることを考えるようになると思います。自分のチームを好きになれない、誇りを持てないと、モチベーションも出てこないと思います。皆がチームのことが好きで、誇りを持っていて、チームのことを考えられるようになったら絶対にもっと強いチームになると思います。「どうしたら真の強いチームになれるのか」ということをこれからも考えていってほしいです。僕はとても立教ラグビー部が好きだからチームのためにいろいろとやりたいと思ってこれまで取り組んできました。チームのために何が出来るかを全員が考えられるようになったら絶対にもっと良いチームになると思うので、そのためにもチームを好きになってほしいです。チームメイトは皆好きだと思うので、仲間を大事にしつつ、立教大学体育会ラグビー部の一員であることをもっと誇りに思ってほしいです。

あなたにとってラグビーとは何ですか。

ラグビーは幼稚園から始めています。初めは「ラグビー」という競技自体あまり好きではなく、やらされていたところはありました。それでもここまで続けてきたのは、ラグビーを通して出会った人が好きだからです。ラグビーで出会った友達と一緒にラグビーをしたいからずっとラグビーを続けてきて、次第にラグビーも楽しく思えるようになってきました。ラグビーは、自分の人生そのものであるし、ラグビーを通して尊敬出来る人に出会えました。その中で、県立横須賀高校の松山先生はずっと尊敬しています。松山先生からラグビーを通して教わったものが、ラグビー以外でもとてもいきているので、ラグビーは人として大きく成長させてくれるもので、素敵な出会いと学びを与えてくれるものであると思っています。これからもラグビーを通したコミュニティーが絶対にあると思うので大事にしていきたいです。

最後に、HPをご覧の皆様に一言お願いします。

今シーズンも残りわずかですが、4年生を中心にチームとして1つになってここまでやってきたので、その集大成をぜひグラウンドに見に来ていただけたらと思っています。そして、いろいろな支援や、保護者の方々、OB・OGの方々の応援を、身をもって感じているので、結果で恩返ししたいと思っています。