今シーズンの対抗戦を振り返って、感想を教えてください。

 今シーズンは怪我もあり、自分にとっては武蔵戦が対抗戦初戦でした。そのためか、武蔵戦はとても緊張してしまい、実力を発揮できず、個人としてはとても後味の悪い試合でした。自分のペナルティから点を入れられてしまったり、チーム内で口論になってしまったりと、雰囲気を悪くしてしまいチームに申し訳なかったです。しかし、チーム全体としては、どんなに武蔵に逆転されても負ける気はしませんでした。攻撃の時間は短かったけれど、いざボールを持つとトライに繋がっていて、攻めれば勝てるという自信はずっとありました。最終戦である明治学院戦は勝利という結果ではあったけれど、チームとして課題の残る試合でした。FWとしてはスクラムの面で優位に立ちトライを取ることができたことはよかったですが、DF面で明治学院大学の気迫に押され受けに回ってしまっていた時間が多く、自分たちがやろうとしていることができませんでした。しかし、課題が見つかったことをポジティブに捉え、入替戦まで残り僅かの時間でしっかり準備していきたいと思います。

尊敬する先輩は誰ですか。

 瑛司さん(福澤瑛司・4年)と大地さん(工藤大地・4年)です。二人は、チームがどんな状況であってもいつも明るく、プレーでチームを引っ張ってくれます。試合の終盤でつらく厳しい時間になればなるほど、プレーも激しくなり、体を張り続けているところを尊敬しています。一緒にプレーしていて、頼りがいのある先輩です。あとは、竜星さん(佐藤竜星・4年)です。向上心を忘れず、練習にはいつもポジティブで、残って個人練習をするなど、ラグビーに対する姿勢はすごいと思います。体づくりの面では丸さん(丸山敬史・4年)も尊敬しています。あとは、プライベートでも一番仲が良いさんちゅ(山中奎吾・3年)です。さんちゅとはくだらない話から、試合のこと、練習のこと、チームのこと、いろいろな話をします。学年は先輩ですが年齢は同じなので、尊敬をしつつも互いに高めあえる存在です。

期待する後輩は誰ですか。

 菱川(菱川浩太・1年)と大塚(大塚良・1年)です。菱川とは仲も良いし、プレーも器用で、4年生のCTB陣が卒業した後、主要な存在になってくると思います。小柄だけどウエイトも頑張っていて、これからが楽しみな選手です。大塚は同じポジションでもあり、LOの選手層が薄い中で、これからAチームに食い込んでくると思います。早く怪我から復帰して、一緒にプレーがしたいです。全体的に、1年生にはもっと積極的になってほしいです。今の時期にAチームに食い込んでくる1年生がもっといてほしいと思っていて、下からチーム全体を押し上げるという雰囲気がもっとあるといいと思います。フィールドでは学年は関係ないため、ハドルなどでももっと発言して、Aチームのメンバーを脅かすほどの勢いで練習に取り組んでほしいと思います。特に主体性が重要である立教では、ウエイトや日々の練習にどれほど貪欲に向上心を持って取り組めるかが大事になってくると思います。もともとのポテンシャルが高い1年生にはとても期待しているので、ともに成長していきたいと思っています。

自分の強みと弱みは何ですか。

 強みは体をぶつけることが好きなことです。最初は緊張していた試合でも一度相手と体をぶつけると緊張がほぐれ、タックルを怖がらずに積極的に体を当てることが出来ます。弱みはフィットネスです。80分間走り続けられる体力をつけることが課題です。最近、練習終わりに1人で走っています。とてもつらいですが、チームに必要とされているのだと思うと頑張ることが出来ます。

  •  

なぜラグビーを始めたのですか。

小学1年の時に、家族の影響でラグビースクールに連れていかれたのがきっかけです。最初はやらされているという感じで本当に苦痛でした。それからサッカー、水泳、バレーボールなどいろいろなスポーツをやってみたけれど飽きてしまって続きませんでした。おそらく、1番ラグビーが自分に合っていたのだと思います。高校2年の時に部活をやめて、浪人時代も含めると2年間もブランクがありました。しかし、もともと大学でラグビーをやりたいと思っていたため、立教に進学が決まってから迷うことなく入部を決めました。

お兄さん(玉川光太郎・4年)と共にプレーすることに対してどう思いますか。

 プレー中は特に意識はしていないです。一プレーヤーとしか見ていません。しかし、試合の交代などで兄貴が入ってくると、頼もしく、安心できます。プレーを見ていても激しく、インパクトがあり、一目置いています。性格も兄貴は寡黙で僕はおしゃべりと正反対なので、家ではあまり話しませんが、プレーに関して改善点などは言いやすいです。入部する際も、兄貴からたくさん話は聞いていたため、迷うことなく安心して入部することが出来ました。同じ立教でともにラグビーをできていることは何かの縁であると思うので、一緒にプレーできる残り僅かの時間を大切に過ごしていきたいと思います。

今後の目標を教えてください。

目指すはよこちんさん(横山大悟・4年)のようなハードワーカーです。よこちんさんは寡黙でプレーで引っ張る選手で、率先して走り、体を当てているという点を目標としています。それに加えて全体を見て、チームを鼓舞するような声かけができる選手になることが目標です。

昇格に向けて、意気込みを教えてください。

 西田さん(西田創・HC)やジョージさん(山本貴治・FWコーチ)や多くのコーチの方々が仕事の合間を縫って来てくださって、それにどれだけ選手が理解を深めて答えられるかが鍵だと思います。部室ではくだらないことでふざけていても、練習が始まったら熱意と集中力を持って全力で取り組むという、オンとオフの切り替えをしっかりしていきたいです。どうしてもABCチームそれぞれで練習への態度にばらつきがでてしまっているため、リーダー陣を中心に、誰もモチベーションを下げることなく、113人全員で戦うという気持ちで入替戦まで残り僅かの時間を大切にしていきたいと思います。やはり、大好きな4年生のために勝って笑顔で終わりたいという思いが強いです。なかでも瑛司さんは去年あまり試合に出場できず、復帰してからあれだけ皆を引っ張ってくれていて、そのチームやラグビーに対する熱い思いにどうしても応えたいと思います。厳しい試合になるとは思いますが、去年感じたあの悔しさを繰り返さないためにも成蹊には勝利します。

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 いつもご声援いただきありがとうございます。来年、対抗戦Aグループの舞台で立教が活躍している姿をファンの方々に見せられるよう、入替戦まで残り僅か、チーム一丸となって頑張っていきます。今後とも変わらぬご声援よろしくお願いします。