先日行われた上智大学戦を振り返って、感想を教えてください。

 勝てたことは良かったのですが、チームとしての課題が見つかった試合でした。後半戦も中盤に差し掛かり、全体の集中力が切れそうになる時間帯に相手のテンポに合わせてしまった結果、ラックサイドでトライを奪われてしまいました。もっと勢いよく立教のラグビーが出来ていれば取られなかったトライだと思い、FWとしてとても反省すべき失点です。しかし、良い形で取ることの出来たトライもいくつかあり、今後の試合でも引き続き伸ばしていきたい所だと思います。

自身にとって最後のリーグ戦が始まりましたが、残りの試合に向けての意気込みを教えて下さい。

 昨年の成蹊大学との入替戦での悔しさを今でもよく覚えているので、今年は絶対に昇格したいと思っています。対抗戦Bグループの中で全勝し、良い流れのまま入替戦を迎えたいと思います。自分にとって最後の対抗戦ですが、今はあまり実感がありません。全試合を終えて初めて、終わったのだなと実感するような気がします。今はとにかく一試合ずつ勝っていこうと思っているので、目の前の試合に集中しています。

ラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

 元々、小学生の頃から中学3年生までサッカーをしていました。当時からテクニックよりも勢いよく相手に向かっていくタイプのプレーをしていたことから、中学生の頃のサッカーの先生にサッカーよりもラグビーの方が向いているのではないかと言われて、興味を持ったのがきっかけです。高校でもサッカーを続けようかという迷いもありましたが、自分の可能性を試してみたいと思い、挑戦することに決めました。最初は練習もハードで苦労もしましたが、ラグビーをしていて楽しいなという思いは、始めた頃から今も変わりません。

大学でのラグビー生活を振り返ってみてどうですか。

 昨年FLからHOにポジション転向したのですが、今ではその時が大きな転機だったと感じています。1年生の時はFLとしてよく試合に出させてもらっていましたが、2年生の時は怪我に苦しみ、対抗戦が始まっても試合に出ることが出来ない日々が続きました。そして3年生になって、HOの選手層が薄いことへの危機感や、スクラムやラインアウトでFWの軸になるポジションであるという点が魅力的だと感じたことから、HOへの挑戦を決意しました。しかし、いざやってみると上手くいかないことだらけで、チームにとても迷惑をかけてしまったと思っています。HOも担うようになってからFLとして試合に出ると、どうしても以前のように走ることが出来ず、これからの課題であると感じています。FLは運動量の多いポジションで、みんなが見ていないところでチームのために体を張る、泥臭いポジションだと思います。俺も頑張るからみんなも頑張れと思いながら、みんなの陰でプレーしています。
 4年間を通して、試合中のセットプレーなどFW全体のことを視野に入れることが出来るようになったと思います。昔の自分は、ラインアウトやスクラムでミスがあった際に、あまり深くは考えずに流してしまっていました。しかし今では、ラインアウトでミスがあってもその時にリフトはしっかり上がっていたかなど、チーム全体の細かい箇所まで目が行くようになりました。
 今までの試合を振り返ってみると、1年生の時の明治学院大学戦がとても印象に残っています。お互い一歩も譲らない試合が展開され、最後のロスタイムで逆転勝ちをすることが出来ました。ノーサイド後、嬉し涙を流しながら抱き合って喜びを分かち合う先輩たちの姿を見て、素直にかっこいいと思いました。自分たちもそんな試合がしたいと思います。また、昨年の入替戦も印象深いです。交代で途中からの出場でしたが、自分が犯してしまったミスに対しての罪悪感が残っているので、今年は後悔のないよう、目標を達成したいですね。

 

4年間共に歩んできた同期について教えて下さい。

 自分たちの学年は、人数が多い分個性的な奴が多いと思います。瑛司(福澤瑛司・4年)は馬鹿みたいに熱い男です。出浦(出浦和馬・4年)は物知りで、天成(吉松天成・4年)は子供みたいだなと思うときがあります。竜星(佐藤竜星・4年)とは授業を一緒に受けることが多く、一緒にいてとても面白いです。みんな個性が強く、いい同期に恵まれたなと感謝しています。学年ミーティングでは、瑛司が熱いことを言ってくれます。元々は人前で話すようなタイプではない瑛司ですが、3年生のとき自分と二人で学年リーダーを務めて、お互い協力し合ってきました。4年生になってからは、より一層学年に一体感が生まれたような気がします。最上級生として自然に意識が変わったということもあると思いますが、瑛司がみんなを熱くしてくれたと思います。頼りにしていた先輩方が卒業して自分たちが最上級生になったときは、あまり実感が湧かず不安でした。ですが、チームもまとまってきて、いい形で自分たちが引っ張っていけているのかなと感じています。個人的にも、こういう人になりたいと思われるような存在でありたいと思っています。

後輩には今後どのようなことを期待していますか。

 HOの後輩に関しては、さんちゅう(山中奎吾・3年)は今も試合に出ていて安定感があるので、今後も維持して欲しいと思います。下根(下根光博・2年)はセンスがあるので、もっと貪欲さを出してくれることを期待しています。荘加(荘加竜・3年)はFLからHOに転向した境遇が自分と同じで、彼の悩みや苦労がよく分かるので頑張って欲しいです。真郁(野口真郁・1年)は今リハビリを頑張っているので、早くグラウンドに戻ってきて欲しいと思っています。石塚(石塚大翔・1年)はスクラムも強いので期待の新人ですね。FLでは、祐一(吉田祐一・3年)は今も試合に出ていてポテンシャルの高さを感じます。一作(吉澤一作・3年)や清水(清水健吾・3年)もFLとしてチームにとって大切な存在だと思います。全体を通して、FWには頑張って欲しいです。一番遅くまで練習しているので、FWからチームに勢いを与えられるようなプレーが出来れば理想的だと思います。
 来年チームを引っ張ってくれそうだなと期待しているのは、さんちゅう、照男(眞壁照男・3年)、BKなら今学年リーダーとして頑張っている押田(押田空・3年)です。試合経験の豊富な将寿(文将寿・3年)や福田(福田涼介・3年)もBKを盛り上げてくれると思います。尾池(尾池敏志・3年)は意識が高く、FWにも劣らない程の体の大きさを生かしたプレーを今後も期待しています。宮川(宮川千範・3年)も最近LOとしての成長を感じます。最近はラインアウトでサインを出す機会も増えてきて、ラインアウトの核になれる選手だと思っています。齋藤(齋藤広騎・1年)や相良(相良隆太・1年)は最近ウエイトを頑張っている姿をよく目にし、二人とも意識が高いので体が大きくなると思います。今年昇格を果たすことが出来たら、来年度からAリーグでの戦いとなります。相手も体格で勝る選手が多いですし、セットプレーも今以上に苦戦すると思うので、後輩にはウエイトを頑張って欲しいと思っています。

 

最後に、HPをご覧の皆さんに一言お願いします。

 いつも試合の応援に来て下さってありがとうございます。今年は自分たちがチームを引っ張ってプレーで魅せていくつもりでいます。是非期待して見ていて欲しいと思いますので、応援よろしくお願いします。