8月30日(水)、立教大学新座キャンパス内のチャペルにて、秋の公式戦を迎えるにあたり、「ユニフォーム祝福・推戴式」が行われました。推戴式はチャペルの厳粛な雰囲気のなか行われ、各部員達は気を引き締めていました。




まず、主将の福澤瑛司による聖書朗読が行われたあと、金大原チャプレンにファーストジャージを清めていただくとともに、公式戦での活躍を祈祷していただきました。その後、福田監督から23名のメンバー一人ひとりにジャージが手渡され、濱野部長より公式戦を迎えるにあたっての心構え、激励のお言葉を頂きました。




部員一同改めて伝統と誇りある濃紺のジャージの重みを感じるとともに、今週末に行われるジュニア選手権大会、さらに関東大学対抗戦Bグループでの戦いに向け、勝利への決意を固くしました。