<主将 福澤瑛司>
4年間たくさんのご支援、ご声援をして頂き、誠にありがとうございました。主将を務めたこの1年は特に立教OB・OG、立教ラグビー部のファン、保護者のみなさんの支えがあっての立教ラグビー部だと感じました。本当にありがとうございました。
昨年度は対抗戦A「昇格」を目標に掲げ、「Trust」というスローガンのもと部員一人一人が選手としてだけでなく1人の人間として、そして立教ラグビー部が多くの方々に信頼されるように努めて参りました。結果的に入替戦に敗れてしまい目標を達成することが出来ませんでした。サポーターの皆さんの期待に応えることが出来なくて申し訳ない気持ちで一杯です。この敗戦は主将であった私の責任だと思っています。
福田監督、西田HCをはじめとするスタッフの方々には主将として未熟だった私に常に寄り添ってサポートして頂いたことで今の自分があると思っています。本当にありがとうございました。
そして4年間一緒に闘った同期は一生モノです。どんな時でも付いてきてくれたみんなが本当に大好きです。
これからはOBとして立教ラグビー部に恩返しを出来るように努めて参ります。
今後とも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い致します。

<副将 増田智佳朗>
これまで多大なるご支援とご声援を頂きまして本当にありがとうございました。副将を経験したことで、ラグビー部が多くの人によって支えられ、運営が成り立っているのだと強く感じました。チーム運営に携わって頂いた皆様には大変感謝しております。なにより、これまで選手としても人としても未熟な自分を支え、共に奮闘してくれた監督や同期達には感謝しきれません。結果を見れば昇格という大きな目標を達成することはできませんでしたが、それ以上に貴重な経験や大切な仲間に出会うことができました。今後はOBという遠いところからチームに貢献していきたいと思います。また社会人として百合の誇りに恥じぬよう、自分らしく邁進して参りたいと思います。今後とも変わらぬご支援とご声援のほど宜しくお願い致します。4年間お世話になりました。

<主務 佐々木穂波>
とても充実した4年間でした。上下関係が厳しすぎず、のびのびとした雰囲気の部で先輩、同期、後輩に恵まれ、練習は嫌いでしたが、グラウンドに行くのは楽しかったです。4年時には主務を務め、組織を運営する、支える、他大学や利用施設との調整を行うなど、貴重な経験もすることができました。

<副務 玉川光太郎>
これまで温かいご声援、ご支援ありがとうございました。
迷いながらも大学でラグビーを続けることを決めてからあっという間に4年間が過ぎました。多くの方の支えがあり、ここまでラグビーに励むことができました。
これからは日々進化を続ける立教ラグビーを楽しみにOBとして精一杯のサポートができればと考えています。
最後にこの場を借りてお世話になった方々にお礼を申し上げます。
4年間ありがとうございました。

<横山大悟>
4年間多くのご声援、ご支援をいただき誠にありがとうございました。立教大学体育会ラグビー部に入部し、4年間を過ごすことが出来て良かったと心から思います。また、特に最後の1年は幹部の一員としてチームに関わり、多くの方々に支えられてラグビーに取り組めていることを強く実感しました。昇格という形で恩返しが出来なかったのが悔やまれます。しかし、この悔しさを糧に次のステップでも頑張りたいと思います。4年間ありがとうございました。

<市川大喜>
4年間、たくさんのご声援ありがとうございました。OBの皆様、保護者の皆様のご声援が選手たちにとって、大きな原動力となっていました。その中でもお母様方の熱い声援が僕の背中を押してくれました。
中学時代にお世話になった御苑さんに「立教はタッチフットばっかりだよ!」と言われ、入部したのが4年前。あの『冗談』からあっという間の日々でした。
尊敬する先輩方、頼れる同期、可愛い後輩たちと、本気でラグビーと向き合うのはもうおしまいです。大学ラグビーと同じように新たなステージでも本気で戦います。
後輩たちも本気で戦い、昇格してくれると思います。これからも立教ラグビー部の応援をよろしくお願い致します。

<柳紀行>
4年間、沢山のご声援、ご支援ありがとうございました。4年間を振り返ると、やはり沢山の人々に助けられ続けて成長してできたのだと痛感しております。チームを引っ張る姿を教えて頂いた先輩方、頼り甲斐のある後輩、毎試合応援に来て頂いた父母の皆様、福田監督、西田HCをはじめとしたスタッフの皆様のおかげです。特に4年間多くの迷惑をかけてしまった同期、本当にありがとうございました。
この4年間、良いこと、悪いこと、多くを経験し、その中のほとんどが立教大学体育会ラグビー部での出来事です。もう立教のジャージが着ることができなくなると思うと寂しくて仕方がありません。それほど立教のジャージを着て試合に出ることに拘り、努力していたのだと思います。これからはOBという形で立教大学体育会ラグビー部の成長に貢献できたらと思います。
卒業をしたら自分自身の道を、立教大学体育会ラグビー部の卒部生として胸を張り、持ち前のパッションで歩んで行きたいと思います。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
そして、立教大学体育会ラグビー部をよろしくお願い致します。

<小沼秀拓>
入部してからの3年半、長いようで短かったように感じます。そのなかで思うことは良き仲間たちに恵まれたということです。辛かった日々の練習、合宿を乗り越えられたのも同期はもちろん後輩たちの支えがあったからこそだと思います。また、途中入部だった自分を受け入れてくれた同期には感謝してもしきれません。この3年半で学んだことを胸に刻み、これからの人生、生きていきたいと思います。3年半お世話になりました。

<小島健太朗>
4年間振り返ると本当にあっという間でした。チームメイトに恵まれ充実した大学生活を送ることができたと思います。
立教大学に入る時ラグビー部に入るか迷いましたが、高校の先輩がいてくれたおかげで入ることもできました。同期がそばにいてくれたおかげで助けられた事が何度もありました。
来年からラグビー部OBとしてみなさんの活躍を願っています。がんばってください。

<鈴石陽介>
4年間、たくさんの応援、ご支援ありがとうございました。皆様のおかげで無事に引退までやりきることができました。
ラグビー部で過ごした4年間には楽しい思い出だけでなく辛いことも多々ありましたが、仲間たちとの活動は、とても充実した他では得難い経験になりました。ラグビー部に入ってよかったと思っています。
今後は私も応援する立場として見守っていきたいと思います。
4年間本当にありがとうございました。

<辻一平>
このラグビー部での四年間を振り返ると、幸せだったな、という感情が湧いてきます。最高の仲間とともに、大好きなラグビーに打ち込めた日々は宝物です。試合に出られないこと、怪我のリハビリ、辛いこともたくさんありましたが、この仲間がいてくれたので乗り越えられました。
この宝物の日々を胸に、次は社会人として、「立教ラグビー部」のOBとして、その名に恥じぬよう、努力していきます。
これからの立教ラグビー部を応援しています。
4年間ありがとうございました。

<小川惇>
4年間振り返って楽しかったことやつらかったことをたくさん経験しました。友達に恵まれ本当によかったと思います。ありがとうございました。

<工藤大地>
4年間たくさんの応援、支援ありがとうございました。
4年間を振り返ると、いい思い出、辛い思い出、悔しい思い出が数え切れないくらいありますが、体育会ラグビー部で過ごした時間はラグビー面だけでなく、人としても成長させてくれました。今年は必ず後輩達が雪辱を果たしてくれると信じているので、これからはOBとしてできるだけのサポートをしていきたいと思っています。また、立教ラグビー部で学んだものを忘れずに社会人として自分らしさを出して歩んでいきたいと思います。4年間ありがとうございました。

<森將貴>
高校の時から立教大学体育会ラグビー部に憧れていました。そんな自分が入部した時のことは今でも鮮明に覚えています。4年間本当に色んなことありましたがあっという間でした。
4年生の時は自分もチームも満足できる結果ではなかった。入替戦は今でも悔しいです。
立教大学体育会ラグビー部では最高の同期や先輩後輩と一緒にやることができたことだけでなく、多くの事を学ばせて頂きました。社会人生活も自分らしく努力していきたいと思います。
4年間ありがとうございました。

<若林稜大>
立教ラグビー部に携わる沢山の方々のおかげで、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。追いかけても掴めないものばかりでしたが、この経験を今後の糧にします。4年間本当にありがとうございました。

<久保寛仁>
ラグビー部での4年間は半分以上をリハビリで過ごす怪我の多い4年間でしたが、充実した日々を過ごすことができました。それは、良い仲間と出会えたからだと思います。本当に感謝しています。特に大学でラグビーを続けるか迷っていた時に背中を押してくれた立教新座高校の仲間達には感謝しています。
これからは、ラグビー部で得たものを活かし、様々なことにチャレンジしたいと思っています。
4年間ありがとうございました。

<佐藤竜星>
4年間大変お世話になりました。ラグビーを続けることができたのは、様々な形でサポートして下さったOBOG・保護者の方々、そしてグラウンドで応援して下さるファンの皆様のお陰です。誠にありがとうございました。後輩達が一部に昇格し定着できるよう、今後とも立教大学ラグビー部への応援そしてご後援のほど宜しくお願い致します。

<吉松天成>
4年間ありがとうございました。
怪我を含め辛いこともたくさんありましたが、この大学4年間でいい経験をすることができたと思います。
最後の成蹊戦では悔しい思いをしましたが、この悔しい思いを後輩に繋げて来年こそは一部昇格を成し遂げてくれると思います。
私自身も応援しますので、これから立教ラグビー部に変わらぬご声援よろしくお願いします。

<出浦和馬>
いつも立教ラグビー部を応援して頂き、ありがとうございます。
大学生活4年間を振り返ると、ほとんどがラグビー部での思い出です。それだけ自分がラグビーに夢中になっていたのだと改めて感じました。
立教ラグビーでは、ラグビーのスキルより、社会人として生活していく上で大切なことを多く学ぶことができました。これからの社会人生活も頑張ります。
立教ラグビー部を支えているスタッフ、OB、OG会の方々、一緒にラグビーをやった先輩後輩、そして同期のみんな、本当にありがとうございました。

<丸山敬史>
4年間楽しいこと辛いことありましたが、支えてくださった皆様のお陰で無事卒部を迎えることができました。多くの先輩、同期、後輩、そしてスタッフ、OBに恵まれ、大きく成長することができました。ただ、入替戦という舞台を最後に経験できたことは幸せでしたが、昇格という目標を達成できなかったことはとても悔しいです。来年からはこの悔しさを忘れず社会人として頑張っていきたいと思います。4年間ありがとうございました。

<松下隼也>
長いようで短かった4年間でした。中学から続けてきたラグビーを大学でも続けようか最初は迷っていましたが今振り返ると続けて本当に良かったと思っています。
4年間のラグビー部での生活では多くのことを学ばせてもらいましたがその中でも1番は仲間の大切さだと思います。苦楽を共にした同期の仲間達とは一生の繋がりだと思います。
今後も立教ラグビー部のOBとして恥じない社会人になれるよう日々精進していきたいと思います。

<山本暁稔>
私はこの4年間を振り返って思うことは、本当に立教大学ラグビー部に入部して良かったということです。本当に最後の学生生活と10年間のラグビー人生を充実した形で終わらせることができました。その中で感謝したい人がいます。
奥本さん、私に立教を勧めてくださってから合格届を頂くまでお力添えありがとうございました。また、入部してからは力不足で期待に応えられませんでしたが、最後まで気にかけて私を陰で支えてくださりありがとうございます。
福田監督と西田さん、福田さんと西田さんが就任してからラグビー部の環境は良い方向へ劇的に変わりました。私が大学1年の時からお2人に指導してもらいたかったです。これからは新しい強い立教を何年もかけて築き上げてください。本当に2年間ありがとうございました。
首藤さん、自分が中学からラグビーを始めた時中学時代指導してくださったコーチから首藤さんのステップを映像で見せていただいてからずっと憧れでした。まさか立教大学で出会えると思っていませんでしたし、かなり馴れ馴れしく「兄貴」と呼んでいましたが、本当に自分の中で憧れの存在でした。これからも立教のBK3をよろしくお願いします。
同期のみんな、本当に言葉では言い表せない位に感謝しています。みんなで作った思い出は自分の中で一生の宝物です。これからはお互い違う道で戦いますが、時間が合えば頻繁に集まりたいです。かなり頻繁に連絡して遊びの誘いするかもしれないけど嫌がらず返信してください。結構本気で大好きです。
両親、10年間何不自由なくラグビーができて、こんなに自分が充実した大学生活を送ることができたのも両親のサポートがあったからです。大学4年間は怪我が多くて心配をかけましたが、これからは怪我の心配はしないで大丈夫です。直近では、ラグビーの試合以上の規模を誇りラグビー以上に命をかける試合が控えており、両親は怪我の心配よりそちらの心配の方が大きいことでしょう。頑張ります。そして立派な男になります。

以上を持って私の4年間の振り返りにしたいと思います。立教大学ラグビー部関係者の皆様本当に4年間ありがとうございました。

<山田雄大>
4年間、ご声援やご支援をして頂き本当にありがとうございました。この四年間を振り返ってみると嬉しいことや楽しいこともたくさんありましたが、やはり最後に昇格できなかったという悔しさが一番印象に残っています。後輩たちには私たちの代のように最後に後悔して終わって欲しくないので日々の練習を大切にして、充実したシーズンを送ってもらいたいです。そして私たちが果たせなかった昇格、さらには次のステップである大学選手権出場を目指して頑張って欲しいと思います。

<三浦弘之>
ラグビー部で過ごした4年間…
私にとっては非常に思い出深いものとなった。
2年生の時、先輩、コーチとは色々とあったものの、秩父宮ラグビー場にて早稲田からトライを取ることが出来た。あの時の感覚は今でもはっきりと覚えている。2年生では、その他の強豪校とも試合をすることができ、私のラグビー人生において悔いはなかった。
その後も、後輩が沢山でき、ラグビー部での活動は大変楽しかった。
しかし、4年生になった私は最後に大きな後悔を部活に残してしまった。それは昇格が出来なかった事である。これは、私自身が悔しいのはもちろんだが、それよりも増して、後輩に対して一部でプレーをさせてあげられなかった、という申し訳なさの方が上回っていた。しかし、私はもう卒部してしまった身。私にはどうしようもない。
この想いを引き継ぎ、後輩には是非とも昇格をしてもらいたいと思っている。来年こそは昇格を。応援しています。

<加藤綾乃>
卒部を迎えた今、立教大学ラグビー部ですごした4年間を誇りに思っています。
沢山の方と出会い過ごした4年間は、自分自身を大きく成長させてくれ、その一瞬一瞬がかけがえのない大切な時間であり財産です。又、時間が立てば立つほどその気持ちが強くなるような気がします。社会に出ても、学びの姿勢と感謝の気持ちを忘れる事無く過ごしていきたいと思います。
これからは一ファンとして、陰ながら立教ラグビー部を応援します。4年間、ありがとうございました。

<金沢春希>
私にとってここで過ごした4年間は、ラグビーという一つのスポーツを通じて多くの方と出会い、喜びや悔しさ、感動を知り、自分自身が成長させてもらった、かけがえのない時間でした。1年生の4月に、ラグビー部への入部を決断した自分は間違っていなかったと心から思います。
悩むことや不安に思うことも多かったですが、4年間共に闘った最高の同期や後輩の支えがあったからこそ、乗り越えることが出来ました。そんな立教ラグビー部に携わることが出来たことは、私の誇りです。今後は頼もしい後輩のマネージャーたちに託し、より素晴らしいチームにしてくれると信じて、応援し続けたいと思います。
そして社会に出た後も、ここで得た経験やお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れず、精進して参ります。4年間ありがとうございました。今後とも何卒ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

<塚原絵梨佳>
いつも立教ラグビー部をご支援・ご声援いただき、誠にありがとうございます。
ラグビー部に所属して、信頼できる先輩方、大切な同期、頼もしい後輩に出会うことができ、多くの出会いに恵まれた4年間でした。
ほとんどの時間をラグビー部で過ごした4年間は、想像を超える苦しさや大変なことが多かったですが、「人」として学びの多い4年間でもありました。
目標を達成することは出来ませんでしたが、素敵なメンバーと一緒に同じ目標を目指して来られて幸せでした。
ここで得た貴重な経験を誇りにこれからの社会人生活、精進してまいります。
今までありがとうございました。

<中島かおり>
4年間、たくさんの方々のサポートのおかげでラグビー部として活動できたこと、本当に感謝しています。ありがとうございました。4年間を通して、私を人間として成長させてくれるかけがえのない仲間に出会えたことが、とても幸せです。これからも立教ラグビー部を応援しています。4年間ありがとうございました。

<増田朱音>
4年間を振り返ってみると、最初に思い出すのは入部を決めたときです。まさか自分が立教ラグビーに携わることになるとは思ってもいなかったので、当時の自分にひたすら驚きますが本当にこの決断をして良かったなと思います。
部員だけでなく、スタッフ、OBOGの方々、保護者の方々、その他関係者の方々、実にたくさんのサポートのおかげでこの部活が成り立っていることを感じる毎日でした。日頃から立教ラグビーを支えて頂きありがとうございました。
この4年間で得た経験を活かして次のステージでもがむしゃらに取り組んでいこうと思います。
4年間本当にありがとうございました。

<小関悠太>
2年次から3年間、学生トレーナーを務めた小関悠太です。私はラグビー部に学生トレーナーとして入部するにあたり、深く考えず軽い気持ちで入部しました。また、最初の1年は先輩の知識や能力、リーダーシップに驚かされるばかりで、1学年上の学生トレーナーがいないことが分かっていながらも、大して向上心を持たず、内容の薄い1年間を過ごしてしまいました。私はこの2年次の1年間が私の最も大きな失敗だと思っています。3年次は学生トレーナーとして最上学年となるも、4年生の求めるレベルに対応できず、4年次もその遅れを取り戻せないまま、昇格という目標を果たすことなく引退することになりました。
私は小さな妥協の積み重ねによって、取り返しのつかない失敗をしました。この経験を忘れずに、立派な社会人になれるよう、努力を続けようと思います。
最後に来年こそ立教大学ラグビー部が対抗戦Aに復帰できることを祈っています。3年間ありがとうございました。

<松田佳諒>
2017年、福澤組への多大なるご支援、ご声援ありがとうございました。
ラグビー部で過ごした4年間で多くの立場を経験させてもらいました。監督、HCを始め、多くのOBの方々とお話しさせていただく機会が学生としては多く、多くのことを教えていただきました。学生の中でも多くのことを経験する機会に恵まれて4年間成長することができました。ありがとうございました。
4年間色々な方に支えていただいたように、今後はOBとして立教大学ラグビー部に関わっていきたいと思います。
4年間ありがとうございました。

<都筑晧>
ラグビー部での思い出を振り返ると出てくるのは、試合や練習でもなくて、最高の先輩、同期、後輩達、ラグビーを通じて知り合えた皆さん達です。そんな沢山の出会いを与えてくれて有難う御座いました。