ホーム > 部員募集

部員募集

立教大学ラグビー部の一員として、文武両道を実践し充実した大学生活を送りませんか。百合の誇りを胸に、共に闘い抜き、勝利の喜びを分かち合う仲間を心よりお待ちしております。

受験生の皆さんへ

立教ラグビー部では、経験・未経験を問わずプレーヤー、マネージャー、トレーナーを募集しております。

まず立教大学に入学する方法としては、一般入試、自由選抜入試、アスリート選抜入試、指定校推薦、立教新座高校・立教池袋高校からの内部進学等があり、立教ラグビー部に在籍する現役部員の利用した入試方法も様々です。一般入試での合格者には現役ばかりでなく、浪人した後に入部した部員も多数在籍しております。また、大学からラグビーを始めた選手もおり、様々な入試形態で入学した部員が日々邁進しながら、試合で活躍しています。

ここでは一般入試合格者や内部進学者、アスリート選抜そして、自由選抜入試を利用して入学した現役部員たちからの受験生の皆さんへ向けたメッセージを掲載しております。

このHPをご覧になった受験生の皆さんが立教大学に入学し、来春、富士見グラウンドで共にプレーできることを部員一同、心待ちにしております。
皆さんのご健闘をお祈りしています。

入試情報の詳細に関しては、
http://www.rikkyo.ac.jp/invitation/admissions/undergraduate/をご覧下さい。

なおこの3月には新座キャンパスのそばに体育会所属部員専用寮が完成いたします。
ラグビー部への入部をお考えで入寮を希望される方は、本ホームページお問い合わせ欄よりお問い合わせ下さい。

※画像をクリックすると拡大します。

先輩アドバイス

床田聖悟(2年/観光/交流文化/桐蔭学園)
床田聖悟(2年/観光/交流文化/桐蔭学園)

受験生の皆さん、こんにちは。観光学部交流文化学科2年の床田聖悟です。私は桐蔭学園高等学校からアスリート選抜入試を利用して立教大学に入学しました。立教大学ラグビー部が練習を行う富士見総合グラウンドは、とてもきれいな天然芝でクラブハウスやウェイトルームなど充実した施設が完備されており、恵まれた環境の中でラグビーに集中することができます。チームの目標である「昇格」に向けて部員一丸になって練習に取り組んでいます。みなさんもこの環境を活かし、一緒にラグビーをしてみませんか。充実した大学生活が送れると思います。立教大学ラグビー部に少しでも興味を持って頂けましたら、是非一度、グランドに足を運んでください。皆さんと一緒にラグビーが出来ることを待っています。


藤原大晃(2年/法/法/桐蔭学園)
藤原大晃(2年/法/法/桐蔭学園)

受験生の皆さんこんにちは。法学部法学科2年藤原大晃です。私は桐蔭学園高校から自由選抜入試を利用して立教大学に入学しました。立教大学ラグビー部の最大の特徴は、選手が自立して練習に取り組んでいることです。平日は練習にコーチがいないことが多い分、キャプテンや学年リーダーを中心に練習が行われます。そのため、選手同士のミュニケーションが活発になり、充実した練習をすることができますまた、立教大学は練習の環境も整っています。富士見総合グラウンドは天然芝のグランドや充実したクラブハウス、トレーニングルームがあります。さらに、先輩後輩の壁もないので、学年を超えて楽しくラグビーができます。充実した環境の中で一緒に対抗戦Aグループ昇格を目標に練習しませんか。きっと皆さんの大学生活が充実します。皆さんとラグビーができることを楽しみにしています。


宮諒(2年/観光/交流文化/所沢北)
宮諒(2年/観光/交流文化/所沢北)

受験生の皆さんこんにちは。観光学部交流文化学科2年の宮崎諒です。私は一年間の浪人生活を経て、一般入試で立教大学に入学しました。立教大学ラグビー部は、強豪校出身の選手だけでなく、私のように浪人を経て入部した選手や、花園に出ていない高校の選手も多くプレーをしています。色々なバックグラウンドをもった選手が多いので、そうしたことを気にしないで日々練習に打ち込むことができます。それが立教大学ラグビー部の良さだと思います。マネージャーさんやトレーナーさんのサポート、充実した設備の中で練習出来ることも、立教大学ラグビー部の大きな良さです。また、立教大学ラグビー部は部で掲げている立教ラグビー宣言の下、ラグビーの精神を大切にしているラグビー部です。そうした立教大学のラグビー部に少しでも興味を持った方は是非一度、グラウンドに足をお運び下さい。皆さんと一緒にラグビーができるのを楽しみにしています。


平間大貴(2年/観光/観光/立教新座)
平間大貴(2年/観光/観光/立教新座)

受験生の皆さんこんにちは。観光学部観光学科2年の平間大貴です。私は立教新座高等学校から内部進学で立教大学に入学しました。立教大学ラグビー部が練習をおこなっている富士見総合グラウンドは天然芝のグラウンドやウエイト場、クラブハウスなど恵まれた環境の中でラグビーをプレーすることができます。
また、学年関係なく先輩後輩の仲が良くラグビーや私生活ともに楽しく学生生活を過ごすことができます。立教大学ラグビー部に少しでも興味をもって頂けましたら是非一度、グラウンドに足を運んでください。皆さんと一緒にラグビーができるのを楽しみにしています。


加藤綾乃(4年/経営/国際経営/立教女学院)
加藤綾乃(4年/経営/国際経営/立教女学院)

受験生の皆さん、こんにちは。経営学部国際経営学科4年の加藤綾乃です。大学では仲間と共に挑戦することや何か熱中できるものを見つけたい、との思いから体育会ラグビー部という新しい世界に足を踏み入れました。100名近くにもなる立教ラグビー部が円滑に活動する為の土台として、又グラウンド外から勝利に貢献出来る立場として、マネージャー一人一人が主体となって活動しています。悩みや不安が尽きない毎日ですが、選手のひたむきな姿を見ること、自分自身や仲間の成長を日々感じること、何よりそれが勝利という形で報われた瞬間には、このチームの一員で居る事ができて良かったと心から思います。
皆さんはラグビー部のマネージャーというと、どんな仕事を想像しますか?多くの方は練習中の水出しをするという印象を持っているのではないでしょうか。もちろんそれも大切な仕事のひとつですが、他にも大学との連携や関東ラグビーフットボール協会への連絡、普段お世話になっているOB・OGの方や保護者の方、サポーターの方といった部と外部とを繋ぐ役割を果たし、さらに会計や試合準備と設営、宿泊やバスの手配、グッズの企画・販売、試合会場でのアナウンス、ホームページの更新など多岐に亘ります。そのほとんどはグラウンドで光る選手の影となる仕事ではありますが、どれも部にとって必要不可欠な仕事であることには間違いありません。日々の活動から、私はこの部活を本当に沢山の方に支えて頂いている事を、身を以て感じています。ラグビー部で得た経験や人との繋がりは、必ず自分を成長させてくれます。私達と一緒に他の誰よりも充実した4年間を過ごしませんか?
春に皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。


小関悠太(4年/コミュニティ福祉/コミュニティ政策/立教新座)
小関悠太(4年/コミュニティ福祉/コミュニティ政策/立教新座)

受験生のみなさん、こんにちは。コミュニティ福祉学部、コミュニティ政策学科4年の小関悠太です。私は学生トレーナーとしてラグビー部に所属しています。「学生トレーナー」とはどのようなことをするのか、マネージャーとは違うのか、という疑問があるのではないでしょうか。ここでは簡単に学生トレーナーの仕事を紹介していきたいと思います。主な仕事としては、試合前や練習前のテーピング、ウォーミングアップやクーリングダウンの先導、選手へのパートナーストレッチやマッサージ、怪我の応急処置、リハビリのサポートなどが挙げられます。この他にも練習中の水出しや、練習後、試合後のアイスバス、テーピングの発注、選手の体重管理、食事管理の指導や栄養士さんやチームドクターとの連携、ウエイトトレーニングの指導なども行っています。ご覧の通り私たちは選手の体作りに大きく関わっています。選手と関わっていく上でより専門的な知識も必要となってくるため、グラウンド以外で自ら勉強して得る知識も重要となります。立教大学ラグビー部には、チームドクターや栄養士の方、そして有資格のトレーナーさんの下で、学生トレーナーとしても、人間としても多くを学ぶことができ、将来トレーナー関連の仕事を目指す方、そうでない方にとっても良い環境が揃っています。もちろん、辛いと感じることも時にはありますが、トレーナーとしての「やりがい」には変えられません。選手がリハビリから復帰する時、色々な選手が試合で活躍する時、ウエイトやフィットネスの測定で数値が上がった時など、数え切れないほどの「やりがい」があります。初めのうちは難しいと感じることや、思い通りにいかず無力感を感じることもあるかもしれません。しかし、その経験は自分が上級生になり後輩ができたとき、あるいは将来社会に出て大きな壁にぶつかったときに必ず役に立ちます。近年では学生トレーナーの人数が増え、仕事の幅が広がり、どんどん新しいことに挑戦できる環境にあります。来年は最高学年となり、チームをまとめる上ではトレーナー同士で切磋琢磨する必要があると感じています。ですから、チームの勝利のためになると感じましたら、1年生の意見も積極的に取り入れていこうと思っています。
少しでもトレーナー、立教ラグビーに興味がある方はグランドに足を運んでみてください。春にみなさんとお会い出来るのを楽しみにしています。


松田佳諒(4年/経済/経済/筑紫丘)
松田佳諒(4年/経済/経済/筑紫丘)

受験生の皆さん、こんにちは。経済学部経済学科4年の松田佳諒です。私は分析という立場で部に所属しています。マネージャーやトレーナーの仕事と違って、分析がやっていることはイメージしにくいと思います。少しでも、この文章を読んで興味を持っていただけたら幸いです。分析の日常的な仕事は、練習・試合の動画撮影、試合のスタッツ(攻撃時間など)の作成、他校のスカウティングです。練習・試合の動画撮影は選手とコーチのレビューに役立てる目的で行っています。俯瞰的に練習や試合を見ることにより、練習と試合から多くのものを得ることができます。また、試合のスタッツを作成することにより映像を見て感じたものと映像を見るだけではわからないものを数字として視覚化することができます。スタッツの中には個人のタックル成功率などもあり、個人の目標やモチベーション維持にも役立っています。仕事の中で一番チームの勝ちにつながるのが、他校のスカウティングです。今後試合する大学の試合を撮影し、リーダー、コーチとそのチームの傾向を分析します。ラグビーはチームごとに特徴がはっきりしているスポーツなので、他校の戦略を知るというのはとても刺激的で、個人的にとても面白いです。分析という立場はまだ出来て2年しか経っていません。3年前にコーチが行っていた仕事を私がするようになったのが分析という立場の始まりです。まだ2年しか経っていないということもあり、仕事の枠はありますがやりたいことに挑戦できます。現在2年生の分析の部員は、分析に加えてレフリーの資格を取ろうとしています。練習・試合の映像を撮りながら、レフリーの勉強をして最終的に学生レフリーになることも可能です。人数が2人しかいないのでまだまだチームの勝利に貢献するには力不足というのは事実です。なので、少しでもラグビーに興味のある人、ラグビーをしていたが違う形で勝利に貢献したいと思った人はグラウンドに足を運んでみてください。一緒にチームの勝利に貢献しませんか。春に皆さんとグラウンドでお会いできるのを楽しみにしています。