Result

スタジアム情報

一橋大学国立グラウンド

東京都国立市東3-11-33

試合レポート

10月27日(日)

<関東大学対抗戦>一橋大学戦

 対抗戦も終盤に差し掛かる第五戦の相手は、過去何度も苦戦を強いられてきた一橋大学。伝統ある一橋に対し立教らしいラグビーで圧倒して勝ちを掴めるか、注目の集まる一戦である。

 

 立教のキックオフで試合が始まると早々に鋭いタックルでターンオーバーに成功し、NO.8青木天真(3年・立教新座)がトライ、幸先の良いスタートを切る。その直後にも一橋がキックしたボールを受けそのままテンポ良くパスを回し、CTB岡田和也(4年・川越東)が大きくゲイン、WTB藤原大晃(4年・桐蔭学園)にボールをつなぎ右端にトライを決めた。SO平間大貴(4年・立教新座)の精度の高いキックでコンバージョンも正確に決まり、開始5分でスコアを14-0とする。このまま突き放したいところだが、一橋の猛攻にあい立教陣ゴール前での激しい攻防が続く。しかし立教も簡単にはトライを許さない。ミスを誘いピンチを免れ、23分にはターンオーバーから素早いアタックでパスをつなぎ、FL田中博進(4年・獨協埼玉)が中央にトライした。このまま流れを掴みたい立教であったが、ミスが目立ち思い通りのプレーをすることが出来ず26分にトライを献上する。しかし36分、一橋陣ゴール前の立教ボールラインアウトからモールを形成し、HO石塚大翔(3年・茗溪学園)がトライ。スコアを28-7とし前半が終了した。

 

 流れを渡さず、ボールを大事にしながら走り続けようと意気込んだ後半。開始早々チャンスが訪れる。FB床田聖悟(4年・桐蔭学園)が自らの蹴ったボールをキャッチしエリアを進め、NO.8青木→WTB藤原とつなぎ、トライを挙げた。一橋の出だしが早いDFに苦戦するも、ターンオーバーからの素早い展開で着々とスコアを重ねていく。しかし直後、立教のミスにより一橋にチャンスを渡しトライを献上する。7分には、立教ボールのラインアウトからボールを華麗に回しWTB藤原がトライを奪った。9分にもSO平間がゲインし、オフロードパス。パスを受けたCTB岡田がトライを挙げた。一方の一橋も立教のミスに素早く反応しトライを決め、47-19となった。攻めの姿勢を崩さない立教は一橋のペナルティからクイックスタートでボールを回しWTB藤原が今日4本目のトライを挙げる。その後FL山本開斗(2年・桐蔭学園)の力強いアタックやSO三村真優(2年・東海大仰星)の正確無比なキックで流れを手繰り寄せた立教は立教ボールのスクラムからパスとラックを繰り返し、一橋の厚いディフェンスラインを突破。CTB中田航央(3年・東海大仰星)がトライを決め59-19とする。しかしその後は一橋のプレッシャーに押され、立て続けにミスやペナルティを犯しトライを許し、59-24でノーサイドとなった。

 

 勝利を収めたものの失点やミスが多く課題が残る内容であった。自分やチームのプレーに向き合い、チームとしての積み上げをして昇格に向けて再度意思を固めようと決意した試合となった。

文章:立教大学体育会ラグビー部