Result

試合レポート

8月18日(日)

<練習試合>立正大学B戦

 今年度の夏合宿初戦の相手は立正大学である。Cチーム、Aチームの敗戦を受け一矢報いようと臨んだBチームであったが、悔しさの残る試合となった。

 

 試合開始早々、立正のテンポの良いアタックに圧倒され立て続けにトライを許す。攻撃的な姿勢を崩さない立教であったが、あと一つのところでミスを犯し攻撃が繋がらない。その後も立正ボールの時間が長く続き、果敢にボールを奪いに行くもペナルティに苦しめられ得点に結びつかないプレーが続く。自陣のスクラムからSH伊藤総真(2年・名古屋)を中心にパスを回して得点を狙うも立正の強固なディフェンスに阻まれ更に2トライを奪われてしまう。反撃したい立教はラインアウトからパスを回し、WTB津田祥平(4年・東海大仰星)がタックルされても倒れない粘り強さを発揮し前進すると、SO三村真優(2年・東海大仰星)が立正のディフェンスをかわしハーフウェイから敵陣22mまで駆け抜け一気に敵陣へ進出。立正ペナルティからマイボールラインアウトで試合は再開し、LO坂口朋生(3年・立教新座)を中心に形成したモールからFWが連続攻撃を仕掛けてじわじわと陣地を広げていく。最後にパスを受けたSO三村が止めにかかる立正ディフェンスを物ともせずゴールラインを突破。CTB落合凌平(2年・東京農業大第二)のゴールも決まり、遂に得点は7-24となる。流れに乗る立教は直後のプレーでもテンポの良いパス回しで少しずつ陣地を広げていき、PR熊田聖道(1年・東海大仰星)やFL亀井駿(3年・茗溪学園)の力強いゲインもあって再びゴール前までボールを運ぶと、立正ペナルティからクイックスタートで畳みかけるような連続攻撃を繰り広げPR宮﨑諒(4年・所沢北)が追加点を挙げる。前半終了間際に1トライを返され、ハーフタイムに突入した。

 相手より先に動く意識の下走り勝とうと挑んだ後半であったが、開始10分で2トライを献上。立正ペースの展開を打開しようと必死にミスを誘発するも自陣での時間が長く続き苦しい展開となる。開く点差を縮めようとハーフバックスを中心にボールを繋ぎ、ターンオーバーから何度もボールを奪い返してトライのチャンスを生み出すも、小さなミスによりボールを失い攻撃の流れを得点まで繋げられない。諦めずトライの機会を狙う中訪れた29分、敵陣22mマイボールラインアウトからボールを渡し、SO岡本力哉(3年・中部大春日丘)が相手をギリギリまで引き付けFB吉澤雅樹(1年・桐蔭学園)へパスを放りチャンスを作り出す。立教ボールのラインアウトで試合が再開するとフォワードがモールで押し込みHO相良隆太(3年・桐蔭学園)がトライに成功。追加点を狙う立教はスピードあるプレーを仕掛けもう1トライ取り切りたい場面であったが、相手にボールを奪われると自陣へ引き戻され再び得点を動かすことの出来ないまま21-55でノーサイドとなった。

 

 全チームが夏合宿初戦を終えたが、結果は到底満足出来るものではなかった。12月の入替戦を見据えた立教が、全員で競争し合いチームとして強く逞しく成長するために今日出た課題に真摯に向き合っていかなければならない。

文章:立教大学体育会ラグビー部