Result

試合レポート

8月20日(火)

<練習試合>福岡大学戦

 一昨日の敗戦を受け、自分達の課題を再認識した立教。夏合宿も中盤に差し掛かりチーム内の競争も日に日に激しくなっている。合宿初日に設定した各々の目標まで自分を成長させるため、大雨の中でも気合十分で福岡大学との試合に挑む。

 開始2分で先制点を許すものの、立教は序盤から気迫のあるプレーを展開する。前半7分、福岡のペナルティにより敵陣ゴール前でのマイボールラインアウトでFL髙橋駿介(4年・横須賀)がボールをキャッチしモールを形成。ラックを重ねパスを受けたLO秋元律樹(3年・立教新座)がインゴール中央付近に飛び込んだ。その後も一度はディフェンスラインを突破され自陣ゴール前まで後退させられたものの、機動力を活かした組織的な守りで盛んにボールに絡みにいき、ターンオーバーを狙う立教。再び敵陣まで押し返し、セットプレーでもフィールドプレーでも声を出し勢いを見せる。18分にはマイボールスクラムからBKへ展開しCTB岡田和也(4年・川越東)がディフェンスを突破、ゴール前でWTB藤原大晃(4年・桐蔭学園)にパスを回しトライ。スコアは14-7となる。20分が経過した頃から雨足が強くなり、グラウンドには濃霧が立ち込める。非常に視界が悪い中での試合に選手達は苦戦し、32分には福岡に得点される。しかし前半終了間際に敵陣での福岡のキックをFL髙橋がチャージしターンオーバー、フェーズを重ね堅実に攻め、最後は再びWTB藤原が右端にトライ。19-14で試合を折り返す。

 土砂降りと雷のためハーフタイムを延長させ様子を見たため、前半と後半の間が30分以上空く事態となったが、集中力を高め固いディフェンスでワンラインを意識しようと後半に臨む。先に流れを掴んだのは立教だった。ディフェンスではFWが素早いセットで前に出る守りを展開し相手のミスを誘い、アタックでは突破力のある俊足のBK陣がビッグゲインを連発する。後半開始3分と5分に立て続けにトライを奪い31-14と点差を広げ、その後も敵陣ゴール前でラックを重ね立教は猛然と攻め立てる。福岡ボールスクラムで押し勝ち相手のノックオンを誘い、敵陣ゴール前のマイボール中央スクラムという絶好のチャンスを作り出す。NO.8青木天真(3年・立教新座)がボールを持ち出しそのままトライ。直後に1トライ返されるも立教の勢いは止まらず、SH仲川神威(3年・立教新座)の正確なパスさばきでアタックを繰り広げる。31分にもHO相良隆太(3年・桐蔭学園)が得点を挙げ、40分のラストワンプレーでは敵陣5mのマイボールスクラムからモールで押し込み、再びNO.8青木の持ち出しトライで試合を締めくくった。

 終始勢いのある良い雰囲気でプレーできた一戦であったが、46-21という最終スコアはメンバーの成長を表すには若干物足りない。失点の原因を洗い出し、今後のさらなる成長に繋げていきたい。次戦は疲労もたまり合宿の試合の中でも特に体力的にきつい試合となることが予想されるが、さらに一段階上へステップアップしたチームが見られることを期待する。

文章:立教大学体育会ラグビー部