Result

試合レポート

8月20日(火)

<練習試合>福岡大学C戦

 AB両チームの勝利を受け、少ない人数ながらもチームのコミュニケーションを大事にしようと30分1本の戦いが始まった。

 序盤は苦しい展開が続いた。キャプテンLO鈴木惣史(2年・仙台育英)を中心に声を出し、士気を高め合っていた立教であったが、開始7分、ペナルティを機にディフェンスの隙をつかれ、ゴール前まで攻め込まれてしまう。粘り強くディフェンスを続けるも、福岡大学に先制トライを奪われる。福岡大学を追う形となった立教だがCTB小関智大(2年・柏)やHO山田志門(1年・函館ラ・サール)が相手のミスを誘う力強いタックルを魅せる。14分、相手ボールのラインアウトでのミスに素早く反応したFB小松崎昇平(2年・静岡聖光)のパスを受けたSO安藤海志(1年・京都成章)が俊足を生かし、ゴールライン目前まで迫るも決め手を欠いてしまいなかなか得点を動かすことが出来ない。しかし17分、福岡大学のペナルティによる敵陣ゴール前ラインアウトからモールを形成し、そのまま押し込みLO堀口絢哉(1年・函館ラ・サール)がトライを決めた。SO安藤もゴールを成功させ、同点に追いつく。その後も相手のペナルティやミスや誘発し、アタックラインを大幅にあげることに成功する。さらにラックを重ねじわじわとゴールラインに近づいていき、そこからボールを持ち出したHO山田が24分、ゴールラインを割った。そのまま立教がゲームの主導権を握り、激しく攻め立てる。SH伊藤総真(2年・名古屋)の器用なパスを受けたPR勝沼遼(2年・新潟明訓)がディフェンスをかわし、大きくゲインに成功した。最後にはFB小松崎のロングパスを受けたWTB庄子真登(1年・仙台第一)がゴールラインを駆け抜ける。SO安藤がゴールを成功させ、21-7でノーサイドとなった。

 

 序盤は相手のペースに巻き込まれた試合であったが、終盤では選手全員が意地をみせつけ勝利を収めることが出来た。ボールキャリーなどでのミスを改善し、この自信を胸に25日の関西大学戦でも良い結果を残したい。

文章:立教大学体育会ラグビー部