Result

試合レポート

8月23日(金)

<練習試合>上智大学戦

 夏合宿も後半戦に突入し、挑む相手は同じ対抗戦Bグループでしのぎを削る上智大学である。夏合宿初戦で気合いも勢いも十分である上智大学に対し、どう戦うかが鍵となる一戦だ。

 試合開始早々、流れを作ったのは立教であった。ファーストスクラムにおいて圧倒的な強さで上智にプレッシャーを与え、ペナルティを誘発。敵陣マイボールスクラムからSO三村真優(2年・東海大仰星)がWTB笹本大地(4年・立教新座)に正確無比なキックでパス、そのままトライを決める。WTB関原泰河(2年・新潟)の角度のあるコンバージョンゴールも成功し、スコアは7-0となる。さらに7分、上智のキックをキャッチしたSH光長浩晟(4年・大分上野丘)が華麗なステップでディフェンスをかわす。WTB関原→LO紀伊雄介(1年・桐蔭学園)へパスを回しながらゲインし、SO三村がトライを奪う。その後も立教の勢いは止まらない。HO野口真郁(3年・立教新座)のジャッカルやWTB笹本の俊足、FB吉澤雅樹(1年・桐蔭学園)のあたり強い体を活かしたビッグゲインなど多くの好プレーにより、さらに点を追加していく。スコア38-0と大きくリードし前半を折り返す。

 ハーフタイムではもう一度今試合のフォーカスを再確認し、結果だけではなく内容にこだわり、次に繋がるゲームをしようと話し合う。後半開始からもやはり立教の時間となった。上智のペナルティにより敵陣マイボールラインアウトを得る。モールを形成し、そのままHO後藤祐児(2年・京都成章)がゴールラインに飛び込む。さらに18分、敵陣ゴール前モールからSO三村がグラバーキックでゴール前にボールを転がす。FB小松崎昇平(2年・静岡聖光学院)が見事キャッチしトライ。35分には、敵陣ゴール前スクラムからモールでじわじわとゴールラインに近づく。BKに展開し、裏から走りこんできたWTB笹本が一気にディフェンスを抜かしてさらに追加点を挙げた。スコア62-0で試合は終了した。

 上智大学を0トライに抑え圧勝し、立教らしいプレーを見せてくれた。しかし、これに満足することなく、次戦を見据えなければならない。チーム内で争い、切磋琢磨し合う環境はチームが成長するうえで必要不可欠である。今試合のメンバーがさらに上のチームで活躍することを期待しつつ、残り僅かな夏合宿期間をより濃い期間と出来るよう、チーム全員で駆け抜けていく。

文章:立教大学体育会ラグビー部