Result

試合レポート

8月25日(日)

<練習試合>関西大学B戦

 先日のA戦、本日のC戦の勝利を受け、関西大学相手に3戦全勝すべく意気込む立教。強い日差しの中、両者のプライドをかけた一戦がサニアパークDグラウンドにて始まった。

  開始早々、立教は攻撃を繰り広げていく。FB小林将也(3年・國學院栃木)がビッグゲインでチャンスを作り出すと、FWのアタックで陣地を押し進める。敵陣ゴール前左タッチライン際でパスを受けたWTB津田祥平(4年・東海大仰星)が相手のディフェンスをものともせず力強く前進、左中間にファーストトライを挙げた。しかし、その後自陣の相手ボールラインアウトから素早く球を展開され、トライを許す。果敢にチャンスを作り出そうとFW・BKを織り交ぜ前進を試みるも、勝負所でミスを犯し得点へと結びつかない。敵陣マイボールスクラムでターンオーバーされ自陣まで食い込まれてしまうという展開で、相手ボールゴール前ラインアウトからそのまま攻め込まれ失点してしまう。得点に繋げたい立教は左右にパスを展開し何フェーズも重ね、チャンスを伺う。しかし、またもやターンオーバーされ攻撃の芽を摘み取られていく。前半残り5分、疲労で足が止まっている選手も見受けられる苦しい時間帯であったが、7点差を前向きに捉える立教は果敢に攻めの姿勢を崩さない。38分、敵陣10/22mでのマイボールスクラムからパスを繋ぎ、SO三村真優(2年・東海大仰星)がショートパントでチャンスメイク、WTB津田がボールをキャッチし右中央にトライをかっさらった。コンバージョンキックもしっかりと決め切り、同点となる。残り時間も少ない中、このまま互角に後半を迎えるかと思われたが、自陣ゴール前にてペナルティを犯してしまった立教。これが痛手となり、相手に1トライ返されスコア12-19で試合を折り返す。

 自分たちのやってきたことは通用するはずだと己を信じ、疲れた後からが勝負だと気を引き締めて後半に臨む。

後半は最初から流れをものにするべく、自陣22m右中央でのマイボールスクラムからBKで攻め立てる中、SO安藤海志(1年・京都成章)が自陣10m付近から独走。圧倒的なスピードで相手を置き去りにしそのままゴールラインを割り、スコア17-19と追い上げを図る。更なる追加点を狙う立教であったが、力が入るあまり思うようなプレーができず3トライを献上。どんどん点差が広がっていき、32分にはスコア17-40となる。立教の防戦一方の展開で思われたが、LO村田裕太(2年・函館ラ・サール)がモールからボールを持ち出しそのまま追加点を挙げた。最後まで諦めない立教は戦い続け、土壇場の40分にも好機を手にする。FB吉澤雅樹(1年・桐蔭学園)のゲインを皮切りに、SO安藤がショートパントを蹴り込み自らボールをキャッチ。素早いパス回しで一気にアタック、WTB笹本大地(4年・立教新座)がトライを決め、最終スコア31-40でノーサイドの笛が鳴り響いた。

 

 チームとして最大限の力を発揮することができずに、関西大学戦全勝は叶わなかった。しかし、この敗戦を意味のあるものとする為に富士見グラウンドでの練習再開後も散見された課題を一つずつ克服していくのみである。ジュニア選手権大会全勝という目標に向けて、個人としてもチームとしても着実にステップアップに勤しむと誓った。

文章:立教大学体育会ラグビー部