Result

スタジアム情報

立教大学富士見総合グラウンド

埼玉県富士見市下南畑字沼口1343-1

試合レポート

9月21日(土)

<練習試合>あいおいニッセイ同和損保戦

 Bチームの悔しさを晴らし、何としてでも勝利を掴み明日の対抗戦に良い流れを繋ぎたいCチーム。ゲームキャプテンのCTB関原泰河(2年・新潟)を中心に勢いのあるプレーが期待された。

 立教のキックオフで始まった前半。自陣10m立教ボールラインアウトからテンポの良いパスが続き、HO山田志門(1年・函館ラ・サール)が大きくゲイン。しかし、パスミスからターンオーバーされる。FL中野晴仁(4年・城南)の力強いタックルがあったがあいおいニッセイ同和損保が立教のディフェンスを抜き去りトライ。8分、あいおいニッセイ同和損保がペナルティを犯し敵陣22m立教ボールラインアウトのチャンスが訪れるもディフェンスの勢いに苦戦しトライの機会を逃してしまう。24分にもトライを許してしまい0-12となった。26分、BK陣がハーフラインからゴール前まで素早いパスで大きくゲイン。29分、ラックからボールをもらったLO守源(1年・立教新座)が敵陣10mからゴール前までビックゲインし、パスをもらったFL中野が中央にトライ。CTB関原のコンバージョンキックも成功し、7-17となる。その後あいおいニッセイ同和損保にトライを与えてしまいスコア7-22として前半を終える。

 前半は攻守ともにミスが目立ち、ペナルティも多く犯してしまった。各々が持ち前の体力を活かし、ミスなく強く丁寧にプレーしようと後半に臨む。

後半2分、PR宮﨑諒(4年・所沢北)が相手のパスミスに素早く反応しターンオーバーすると、パスを繋ぎFB吉澤雅樹(1年・桐蔭学園)が相手ディフェンスをかわしゲインする。この勢いに乗り一気にトライをとりたい立教であったが、またもやペナルティによりチャンスを活かせない。15分、相手にペナルティを誘発させラックからパスをもらったCTB落合凌平(2年・東京農大第二)が右サイドにキックし、それを華麗にキャッチしたWTB齋藤広騎(3年・東京農大第二)が中央にトライ。スコアを14-22とする。この勢いで点差を詰めていきたい立教だが、23分あいおいニッセイ同和損保の素早いパスでトライを許し、14-29となる。27分、PR湯村怜(1年・立教新座)がタックルをかわしビックゲインすると、勢いついた立教はテンポよくパスを回しFB吉澤が自らキックしたボールをキャッチし、パスをもらったFL山下太靖(4年・函館ラ・サール)がディフェンスの隙を走り抜けトライ。そして36分、いい流れでWTB庄子真登(1年・仙台第一)もトライを挙げスコアは26-29となる。あいおいニッセイ同和損保のキックオフから早いテンポでパスを回していたが、敵陣10mでターンオーバーされトライを決められる。スコアは26-36でノーサイドとなった。

 小さなミスからの失点が目立ったこの試合、課題と向き合いひたむきに練習に臨むと誓った。チーム目標である昇格にCチームメンバーが関わり貢献することを期待したい。

文章:立教大学体育会ラグビー部