Result

スタジアム情報

東洋大学川越グラウンド

埼玉県川越市大字吉田350-0807

試合レポート

9月14日(土)

<ジュニア選手権大会>東洋大学戦

遂に開幕したジュニア選手権大会。初戦の相手はリーグ戦2部で昨年入替戦にも進出した東洋大学である。5月の新人戦で大敗を喫した東洋大学に対し、所属するカテゴリー4での優勝を目指す立教が雪辱を晴らすことが出来るか注目の集まる一戦である。激しいメンバー争いを勝ち抜いたエネルギッシュな布陣で挑んだ。

開始早々立教はテンポ良いパス回しで畳み掛けるが、ミスを犯しスコアに結びつけることが出来ない。スコアが動いたのは開始12分。CTB中田航央(3年・東海大仰星)が大きくゲインしオフロードパス、それを受けたSH桑原礼紀(2年・桐蔭学園)が中央にトライを挙げ、好敵手東洋から先制点を奪った。しかし15分、立教のハンドリングミスから東洋ボールの自陣ゴール前スクラムとなりトライを許す展開となった。ふりだしに戻るも、前半25分には自陣10m付近でパスを受けたWTB笹本大地(4年・立教新座)が持ち前の俊足で東洋DFを抜き去りゴールラインまで一気にボールを運び再びリードする。負けじと東洋も力強いモールで立教を押し込みトライ、スコア14-14となった。互角の戦いを繰り広げ、同点のまま前半は終了した。

個々の意識でミスを防ぎ、最後までエネルギーを出し続け勝ちきろうと臨んだ後半。後半7分にWTB津田祥平(4年・東海大仰星)のグラバーキックをSO安藤海志(1年・京都成章)がキャッチし、トライに持ち込む。このまま立教のペースになるかと思われたが、東洋FWの強いフィジカルから繰り出されるアタックとBKの素早く鋭い走りにより立て続けにトライを2度献上し、スコア21-28とリードを許す展開となった。34分、東洋のペナルティによりマイボールラインアウトの権利を得た立教はチャンスを活かし、パスを受けたWTB笹本が驚異のスピードでトライラインまで走り抜けた。37分にもWTB笹本がトライを挙げハットトリックを達成する。FB小林将也(3年・國學院栃木)のコンバージョンキックも正確に決まりスコア35-28とする。残り時間もわずかとなり、より白熱した試合展開になる。このまま立教が守りきるかと思われた後半40分、立教のペナルティから東洋にチャンスを与え、モールに持ち込まれトライを許してしまう。コンバージョンキックが決まれば同点となる展開で、東洋のキッカーに対し全員でプレッシャーをかける。ボールはゴールポストを外れ、ノーサイドの笛が立教の勝利を告げた。

 

課題の多く残る試合ではあったが、勝って前を向いて修正を出来ることは収穫である。ジュニア選手権大会初戦を勝利で飾り、立教はカテゴリー4での優勝への第一歩を着実に踏み出した。

文章:立教大学体育会ラグビー部