Result

スタジアム情報

東洋大学川越キャンパスラグビーグラウンド

埼玉県川越市鯨井2100

試合レポート

10月23日(日)

<ジュニア選手権大会>東洋大学戦

秋ながら強い日差しが照りつける秋晴れの中、試合開始のホイッスルが鳴った。ジュニア選手権大会、今回の相手は何度も好勝負を演じてきた東洋大学である。これから続く対抗戦、ジュニア選手権大会に向けても良い流れを創り出したい立教はOneチームとなって士気を高め、試合に臨んだ。

東洋のキックオフから始まり、試合開始早々、アグレッシブなアタックで意表を突かれた立教は2トライを許してしまう。出鼻をくじかれ焦る立教だが、開始6分、敵陣10m立教ボール右ラインアウトからラックでボールを運ぶ。10/22m左サイドのラックからボールを取り出したSH佐藤竜星(3年・國學院久我山)がSO市川大喜(3年・國學院久我山)へパス、CTB出浦和馬(3年・桐蔭学園)、CTB尾池敏志(2年・國學院栃木)とパスをつないで左サイドをゲインし、中央に回り込んでトライを決めた。前半14分には東洋がペナルティを犯し、さらに、SO市川の力強いタックルによって再度ペナルティを誘い、東洋陣まで陣地を進め、FL小川惇(3年・桐蔭学園)のラインブレイクによって突き進みパスを回すも、惜しくもその後立教が連続してペナルティを犯しチャンスを逃してしまった。20分、24分とトライを許してしまい苦しむ立教、なんとかして流れを変えたいところだ。31分、東洋ペナルティによるラインアウトからボールを回し、WTB清水健吾(2年・立教新座)がゲインをきり独走するも惜しくもトライには至らなかった。そして37分、敵陣HW/10m立教ボール中央スクラムからNo.8森將貴(3年・立教新座)がボールを持ち出し、SH佐藤へパス。10/22mでWTB清水へパスを回すとそのまま右サイドを独走、飛び込みトライを決めた。ここでハーフタイムとなり、得点を12-33として前半を折り返した。

前半はディフェンスで守りきれず、さらにミスが多く目立ち、多くのチャンスを逃してしまった。気持ちを入れ直し臨んだ後半戦。

後半開始2分、キックで敵陣10/22mまで陣地を進め、そこで東洋がペナルティを犯し、立教に好機が巡る。22m付近からクイックスタート、ラックを多く形成し、ゴール前まで運ぶも、ペナルティ、再びチャンスを逃してしまう。後半16分、敵陣10m立教ボール右ラインアウトから始まり、東洋のペナルティを誘う。クイックスタートでゴール前までボールを運ぶが惜しくもトライにつなげることはできなかった。FB福田涼介(2年・桐蔭学園)のハイパントや、FL下山達也(1年・函館ラ・サール)、LO若林稜大(3年・本郷)の力強いタックルなど個人の好プレーは多く見られるが、なかなか点数に結びつけることができない。後半25分にもチャンスが訪れるが、東洋のインターセプトにより、再び陣地を戻されてしまう。両者激しい攻防を繰り返し、我慢の時間が続く。そして29分、10/22mにてNo.8森がキックチャージ、そのままボールをキャッチして中央へトライを決めた。ここからは立教も粘りを見せ、東洋にトライを許すことなく、19-52でノーサイドとなった

自分たちの力を十分に発揮できず、悔しい形で試合を終える結果となってしまった。個人での好プレーが多く見られたものの、BK、FWともに、またチームとしても反省するべき点が浮き彫りになった試合でもあった。今回の結果を真摯に捉え、敗北を成長に繋げていきたい。

 

文章:立教大学ラグビー部