Result

スタジアム情報

学習院大学北グラウンド

東京都豊島区吉目白1-5-1

試合レポート

4月10日(日)

対抗戦Bグループセブンズ大会>武蔵大学戦

 

決勝トーナメントで初めに対戦したのは武蔵であった。いままでの勢いに乗りさらに白星を挙げ優勝に近づきたい立教はオフェンスでもディフェンスでも攻めの姿勢を崩さなかった。
 立教キックオフで始まった試合、初めに試合を動かしたのは立教であった。試合開始1分、相手校のキックボールを自陣ゴール前でキャッチするとパスで大きく前進し13諌山純弥(4年・尾道)が敵のディフェンスを振り切る見事な走りで中央トライ。7-0とする。しかし、その後立教ペナルティーにより相手にチャンスを与えてしまい、1トライ返されてしまう。しかし、そこで引き下がらない立教。前半3分ルースボールを自陣22m付近で11青木空斗(4年・立教新座)がキャッチすると、フェイントで次々とディフェンスを抜きそのまま右中間に独走トライを決めスコアを12-5とする。しかし、武蔵も負けじと果敢に攻めてくる。自陣ゴール前まで攻められる場面もあったが、立教大学ディフェンスの見事なプレッシャーにより一点も返されることなく前半を折り返す。
 前半の流れをそのままに、みんなで声をかけながら攻めていこうと迎えた後半。そんな思いとは裏腹に後半開始すぐに武蔵にトライを割られてしまい12-12の同点となる。なんとか点を取りたい立教はボールを得ようと果敢にタックルしていく。するとそのディフェンスが相手のミスを誘い、敵陣22mで相手側のペナルティーによりボールを得る。クイックスタートからパスを受けた4山田雄大(3年・桐蔭学園)が左端にトライを割りスコアを17-12とし逆転に成功。その後も勢いに乗った立教大学はディフェンスで相手のミスをそそり、素早い攻めで果敢に敵陣に攻めていく。後半4分には相手のキックボールを12出浦和馬(3年・桐蔭学園)が自陣5mでキャッチし素早く相手を抜き大きくゲイン。パスを受けた13諌山がトライを決めスコアを22-12とし、点差を突き放していく。この後もディフェンスで相手を押し、じりじりと敵陣にゴール付近まで攻めていくものの、武蔵大学に一瞬の隙を突かれ立教大学のディフェンスも虚しく1トライ献上しスコアを22-19としたところでノーサイドの笛がなった。この試合で勝利を収めた立教はついに次の試合で決勝戦をむかえる。

文章:立教大学体育会ラグビー部