Result

スタジアム情報

明治学院大学ヘボンフィールド

神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1518

試合レポート

7月10日(日)

<春季オープン戦>明治学院大学B戦

 夏合宿前、最後のオープン戦を勝利で飾りたい立教。相手は明学大、秋の対抗戦でも戦う強豪相手にどれだけ自分たちの「アタッキングラグビー」を見せつけられるかが鍵となる。

 立教のキックオフから試合開始。良いテンポでボールを回し、相手陣に攻め込むと明学大のスクラムをターンオーバー。CTB尾池敏志(2年・國學院栃木)からNo.8津田祥平(1年・東海大仰星)にボールが渡ると、ゴール中央に飛び込んで先制のトライを挙げる。SO市川大喜(3年・國學院久我山)のコンバージョンキックも決まり、流れは立教に傾く。しかし、自陣でのペナルティーから同点に追いつかれると立て続けにトライを許して逆転されてしまう。追いつきたい立教は、前半22分に敵陣でのスクラムからFB床田聖悟(1年・桐蔭学園)が個人技で相手を抜き去りトライ。さらに、その6分後にはフィールド中央から右サイドに展開するとSO市川からFB床田にパスが渡る。そこからWTB楢崎彰太郎(1年・國學院久我山)へボールを繋ぎ、最後はFB床田が再びボールをもらい逆転トライに繋げる。勢いの止まらない立教は、前半終了間際にも自陣からSH吉松天成(3年・福岡)が抜け出すとそのままトライを決める。後半になると早速、CTB押田空(2年・佐倉)が右サイドを抜けてチャンスをつくる。ここから一進一退の攻防が続くが主導権を握ったのは明学大。自分たちのミスから立て続けに3トライを献上してしまう。何とか意地を見せたい立教であったが、オフェンスでも自らのミスでなかなかトライが奪えない。このまま試合も終わり、22―40でノーサイドを迎えた。

 選手たちにとって悔いの残る一戦となったこの試合。選手たちの顔には悔しさが滲んでいた。しかし、これでチームとしても個人としても改善点は見つかったであろう。秋季大会では一回りも二回りも成長した彼らの姿を期待したい。

文章:立教大学体育会ラグビー部