Result

スタジアム情報

明治学院大学ヘボンフィールド

神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1518

試合レポート

7月10日(日)

<春季オープン戦>明治学院大学C戦

 直前のA戦、B戦ともに悔しい形で敗北し、勝利の期待を寄せられたC戦。今季春シーズンを締めくくる最後の試合、どのような試合を見せてくれるのか。一年生が多く出場し、フレッシュな顔ぶれで臨む一戦。観客の期待の下、立教のキックオフから試合は始まった。

 

 開始早々、ハーフウェイ付近で明治学院がペナルティ、早速立教にチャンスが訪れる。フリーキックで敵陣10m過ぎまで陣地を進め、テンポよくボールを動かすも、ノックオンによって明治学院にボールを渡してしまう。しかし、立教の粘り強いディフェンスでほとんど自陣に踏み込ませることなく、明治学院のカウンターキックをFB三浦弘之(3年・立教新座)がキャッチし、再びボールを取り返す。そこからパスをつなぎ、さらに明治学院にペナルティを誘い、敵陣22mまで陣地を押し進める。そして11分、明治学院のオフサイドにより敵陣ゴール前付近右ラインアウトからモールを形成、そこからボールを持ち出したHO下根光博(1年・立教新座)がそのまま右サイドにトライを決める。その後しばらく明治学院の攻めとなったが、ターンオーバーから再び立教がボールを持ち走る。そして16分、力強いタックルで大幅に陣地を進め、ラックからFL山下太靖(1年・函館ラ・サール)→LO小沼秀拓(3年・磐城)→CTB荒井悠也(2年・立教新座)とパスを回し、そのまま中央にトライを決める。立教が立て続けにトライを決め、完全にペースを掴んでいたが、20分ペナルティから、明治学院にチャンスを与えてしまう。危うくゴール目前まで攻められるが、FB三浦弘之の果敢なタックルによって立教がボールを取り返す。30分、立教が左右にパスを展開し、敵陣ゴール前まで攻めたものの、ターンオーバーされ、トライのチャンスを逃してしまう。31分、自陣10m右スクラム明治学院ボールにて明治学院が左に大きくパスを回す中、WTB奥本勇志(4年・桐蔭学園)がインターセプトし、そのまま独走、左から大きく中央に走り込み、明治学院の意表を突いたトライとなった。さらに35分、敵陣ゴール前立教ボール左ラインアウトから、LO小沼秀拓がキャッチ、SH光長浩晟(1年・大分上野丘)→No.8森 將貴(3年・立教新座)とパスを回し、明治学院のディフェンスのギャップを突き、ゴールラインを割り、24-0となる。最後は明治学院にゴール前まで攻め入られたが、粘り強いディフェンスを見せ守り切ったところで、ノーサイドの笛が鳴った。

 

 立教は明治学院にトライを許すことなく40分間走り抜き、最終戦を見事な勝利で終えることが出来た。C戦メンバーにとって、課題はあるものの、夏合宿、秋シーズンに向けて自信のついた試合であることは確かである。

文章:立教大学体育会ラグビー部