Result

スタジアム情報

まるみ山荘グラウンド

長野県上田市菅平高原1278-1

試合レポート

8月19日(金)

<練習試合>一橋大学B戦

 A戦で勝利を挙げたものの、課題の残る試合となった。今までやってきたことを出し切り、絶対に勝ち抜こうと望んだB戦は前後半30分ずつの試合となった。日差しが照り付ける中で一橋大学のキックオフから始まった。

 試合開始早々、立教がペナルティを犯すも、ターンオーバーし立教にチャンスが回る。開始3分、10 m中央スクラム立教ボールから、SH佐藤竜星(3年・國學院久我山)がFB大野木慶太(2年・立教新座)、WTB藤原大晃(1年・桐蔭学園)とパスを回して右に大きく展開、右端にそのままトライを決めた。また開始5分、一橋のキックからキャッチしラックを繰り返す。左サイド5mからCTB福澤瑛司(3年・茗渓学園)が走り抜け、ゴール前付近までボールを運んだ。そこからHO眞壁照男(2年・桐蔭学園)がパスをもらい、中央にそのままトライを挙げる。更に前半9分、一橋キックからのボールをキャッチしたLO佐藤俊(4年・函館ラ・サール)が自陣から敵陣へ独走、テンポよく左右にパスを回して陣地を広げる。そしてCTB福澤、WTB藤原にパスを運び、右にトライを決めた。前半10分、WTB藤原が受け取ったパスをNo.8津田祥平(1年・東海大仰星付属)に回し、WTB藤原が回り込みキャッチ。一橋からのアタックを走り抜けて、華麗な走りを魅せて再びトライを決めた。立教は立て続けに4トライを挙げ、序盤から完全にゲームの流れを掴んだ。しかしペナルティを多く犯し、さらに一橋の粘り強いディフェンスによって前半16分に一橋にボールを渡してしまう。そして前半22分、一橋ペナルティにより、敵陣22m左ラインアウトからHO眞壁が走り、ゴール付近までボール進め、ラックからPR海野雄大(1年・本郷)、FL下山達也(1年・函館ラ・サール)とパスを回し、No.8津田が中央にトライを決めた。そして開始25分、敵陣右側10m付近にてタックルで倒される直前、LO大熊一輝(4年・桐蔭学園)がCTB福澤にパスを渡し力強く走り抜け、一橋の攻撃をかわして中央にトライを決めた。さらに29分、WTB藤原がパスをタイミングよく受け取り本日4度目のトライを挙げた。立教が試合の流れを自分たちのものにしたところでスコア45-0、ハーフタイムの笛が鳴った。一橋に点数を許すことなく、前半を折り返した。

  前半の勢いの良さから自信を得た立教は、50点以上取ることを目標とし、後半に向けてメンバー総入れ替えをした。

  新たなメンバーで、自分たちの力を更に発揮しようと臨んだ後半戦。後半5分、早速一橋からゴール前右ラインアウトから展開し、SO岡田太朗(4年・國學院久我山)がラックからパスをもらってそのまま中央にトライ。更に後半8分、SO岡田のパスを受け取ったWTB丸山敬史(3年・川越東)が走り抜け、BKでパスをテンポよく運び、WTB佐々木穂波(3年・浦和)がトライを決めた。そして一橋に陣地を許すことなく時間は後半16分となる。立教はゴール前までボールを運び、HO柳紀行( 2年・立教新座)のタックルから、パスをもらったFL田中博進(1年・獨協埼玉)が素早くトライを決めた。後半18分、一橋のキックからキャッチし、自陣中央にてCTB尾池敏志(2年・國學院栃木)がCTB岡田和也(1年・川越東)に力強いパスを渡す。ハーフウェイから22m付近まで走り抜けるも、相手のディフェンスに倒されてしまう。しかし、CTB尾池がラックからボールを拾い、後ろから回り込んだSO岡田が左サイドにトライを決めた。そこからは立教は強靭なディフェンスを貫いた。そして後半27分、試合も終わりが近づき、選手たちの息が上がる中、一橋ボールのハイパントをCTB佐々木がキャッチ。BKでパスを素早く展開し、WTB丸山が一橋からの攻撃を抜け、HWから快走しトライを決めた。最後の最後まで点数をひとつも許すことなくスコア78-0で、試合はノーサイドとなった。

 BK、FWともに自分たちの力を存分に発揮された試合であった。まだ課題は残るものの、富士見グラウンドでの一時合宿、菅平での合宿の成果を感じることができた。残りの夏合宿の試合でも更に立教大学ラグビー部の一つの目標、「昇格」に向けてステップアップしていきたい。

文章:立教大学体育会ラグビー部