Result

スタジアム情報

サニアパークAグラウンド

長野県上田市菅平高原1278-1

試合レポート

8月20日(土)

練習試合>大阪体育大学B戦

 サニアパークAグラウンドでの試合が一転、大雨によりまるみ山荘58番グラウンドでの40分間の試合となった。

 試合開始直後から自らのペナルティにより立教陣ゴール前までボールを進められ、大阪体育のモールトライとなる。その後も立教陣でのプレーが続くが、ゴール前で粘り強いディフェンスをみせ相手のペナルティを誘う。ここからしばらく大阪体育陣での攻めるプレーを展開し、勢いを取り戻したと思われた。しかし12分、キックにより再び立教陣ゴール前まで戻されると、ラインアウトのボールをターンオーバーされトライを奪われる。23分にはモールにより立教陣ゴール前での我慢の時間が続いたが、トライを許さず再度立教ボールとする。しかしチャンスを活かしきれないまま、24分には大幅に選手交代をする。

 グラウンドの雰囲気が一変した25分には、大阪体育ボールだったラインアウトのミスに素早く反応したHO工藤大地(3年・流通経済大附属柏)がボールを奪い、大阪体育陣に攻め入る。その後27分には、アドバンテージを受け大阪体育陣22メートル地点から形成されたモールによりそのまま左隅にトライ。SO髙橋駿介(1年・横須賀)がコンバージョンキックを正確に決め、7-21となる。諦めない立教は、攻める姿勢を崩さない。陣地の取り合いを繰り返すが、お互いに点数を増やすことなくノーサイドとなった。

 夏合宿での試合は残り2試合となった。徹底的に勝ちにこだわり秋の公式戦につながる実りのある夏合宿にしていきたい。

文章:立教大学体育会ラグビー部