Result

スタジアム情報

サニアパークBグラウンド

長野県上田市菅平高原1278-1

試合レポート

8月25日(火)

練習試合>国士舘大学戦

 10泊11日に渡る菅平合宿も最終日を迎えた。勝ちに拘り、絶対に勝利すると誓い最終戦である国士舘大学戦に臨んだ。晴天にも恵まれ、立教のキックオフで試合が始まった。

 開始早々、立教は順調にパスを回すもゴール前でノックオンしチャンスをものにできない。このあとも小さなミスが続き、中々ゴールラインを割ることが出来ない。試合が動いたのは7分。立教ゴール前で攻めこまれていたがターンオーバー。そのままパスを受けたCTB出浦和馬(3年・桐蔭学園)がタッチキックしHWまでボールを戻す。国士舘陣HW/10m中央スクラムからパスを回しLO高橋狩武(4年・柏陽)が大きくラインブレイク、パスをもらったCTB出浦和馬が次々に相手をかわし、左中間にトライ。キックも成功し7-0となる。しかしその直後、立教はペナルティを犯してしまい、ピンチを招きFWがゴール前で意地のディフェンスをするも国士舘に同点を許してしまう。諦めずもう一度立て直しを図る立教。16分、HW右ラインアウト、WTB藤原大晃(1年・桐蔭学園)がラインブレイクするがターンオーバーされる。そのカバーをするかのように、相手がキックしたボールをLO鈴石陽介が(3年・安積)チャージしそのままゴールラインに飛び込んだ。勢いのまま25分には力強いスクラムからSO岡田太朗(4年・國學院久我山)→CTB出浦和馬からパスを受けたWTB笹本大地(1年・立教新座)が俊足を活かし、相手をかわしながら大外にトライを割った。しかしその後ペナルティに苦しみ、立教のアタックが出来ず我慢の時間が続く。ハーフタイム直前に国士舘にトライを許し、19-21と点数を追う形で前半を折り返した。

 相手の強みを抑え、立教のラグビーをすると迎えた後半。前半同様、先にスコアを動かしたのは立教だった。国士舘陣22m左ラインアウトからモールを形成し、徐々にゴールラインに近づいていき、HO工藤大地(3年・流通経済大柏)がそのままトライ。26-21と逆転した。さらに14分、国士舘陣22m左ラインアウトからテンポよくパスを回し、FB床田聖悟(1年・桐蔭学園)がタックルされながらWTB笹本大地にパスしそのままゴールラインに突き進みトライ。31-21と点差を広げた。その後もNo.8増田智佳朗(3年・桐蔭学園)の鋭いタックルが光り、何度もチャンスが回ってくるがペナルティやミスでさらに点差を広げることはできず、ノーサイドの笛が鳴った。

 勝ちにこだわった立教にとって、良い締めくくりの試合となった。夏シーズンが始まり、毎日厳しい練習を積み重ねてきた最高の結果が現れたと言えるだろう。しかし本格的なシーズンはこれからだ。この結果に満足せず、さらに高みを目指し、対抗戦1部昇格を達成したい。

文章:立教大学体育会ラグビー部