Result

スタジアム情報

学習院大学北グラウンド

東京都豊島区目白1−5−1

試合レポート

4月23日(日)

<第6回関東大学対抗戦グループセブンズ>成蹊大学戦

決勝へ進むためにも絶対に負けられない2戦目。対戦相手は昨年の入れ替え戦で惜しくも敗戦した成蹊大学。昨年の屈辱を晴らすべく、選手、サポートメンバー、みんなが特別な思いを抱いて迎えた1戦であった。試合開始から果敢に攻める立教。ステップや見事なパスワークで成蹊を翻弄しミスを誘う。前半1分、ゴール前での成蹊のペナルティからボールを持った大野木がディフェンスの間を上手く走り抜け中央トライ。ゴールも決まりスコアを7-0とする。しかし得点直後、一瞬の隙をつかれ成蹊に1トライ返されてしまう。点差を広げたい立教はより積極的にアタックを仕掛ける。6分、立教陣22m付近で立教がキャッチしたボールを床田聖悟(2年・桐蔭学園)がもらうと華麗な走りでディフェンスを抜き大きくゲインする。床田を止めようとディフェンスが集まったのがチャンスとなり、空いたスペースに上手くパスを出しそれを受けた津田祥平(2年・東海大仰星)が粘り強い走りでディフェンスを振り払い、左端にトライしスコアを12-5とする。このまま前半を終えたい立教であったが終了間際、成蹊のアタックに一歩及ばず追加点を許し12-12の同点で後半を迎える。

 強い気持ちを持って臨んだ後半は最初から鋭いタックルで成蹊を圧倒するものの先制を許してしまう。しかし諦めずに攻める姿勢から立教にチャンスが訪れる。後半4分、相手のペナルティにより成蹊陣ゴール前でボールを持った押田がそのままゴールラインに飛び込み左端トライ。勝利のためにもう1トライ取りたい立教は最後まで力強い走りを見せる。6分相手のノックオンでチャンスを得ると、立教はパスで展開。パスを受けた楢崎が仕掛けてディフェンスを抜きながら押田にパス、押田は何人ものディフェンスを抜き去る快走を見せそのままゴールラインを割った。スコアを26-19とし、立教は決勝へ進む。

​文章:立教大学体育会ラグビー部