Result

スタジアム情報

まるみ山荘グラウンド

長野県上田市菅平高原1278-1

試合レポート

08月18日(木)

<練習試合>東京学芸大学戦

 

 合宿最初の試合である東京学芸大学戦がまるみ山荘58番グラウンドにて行われた。

 

 立教ボールから試合が始まった。前半開始から我慢の時間が続く。しかし4分、CTB福澤瑛司(3年・茗渓学園)の鋭いタックルから流れを掴み始める。そして11分、No.8津田祥平(1年・東海大仰星)からパスを受けたFB大野木慶太(2年・立教新座)が相手のディフェンスを交わし、左中間にトライ。SO髙橋駿介(1年・横須賀)がゴールを決め、スコア70とする。さらに東京学芸大学のペナルティーよりボールを得ると、17分に東京学芸陣ゴール前ラインアウトからPR宮﨑諒(1年・所沢北)が押し込みトライを決める。30分には、メンバーを大幅に入れ替え、気持ちを新たに挑んだ。35分、SH佐藤竜星(3年・國學院久我山)を起点にBKを中心にパスを展開し、SO髙橋が中央にトライを決め、スコアを240とし、前半を折り返す。

 

前半の勢いを後半に繋げたい立教。15分には、相手のペナルティーより主導権を握ると、SH佐藤→SO髙橋→WTB藤原大晃(1年・桐蔭学園)とボールをつなぎ、パスを受けたFB大野木が左にトライを決め、290とする。後半20分、再び大幅にメンバーを入れ替えて試合に臨む。立教のペナルティーより相手に好機を与え、トライを許してしまう。さらに、パスで果敢に攻めるものの、ターンオーバーをされ、もう1トライ許し、2914とされる。流れを取り戻したい立教は37分、H/W立教ボール右スクラムからパスを回し、SO岡田太朗(4年・國學院久我山)→WTB佐々木穂波(3年・浦和)がゲインすると、FB三浦弘之(3年・立教新座)が相手ディフェンスを交わしながら左にトライ。SO岡田がゴールを成功させ、3614でノーサイドとなった。

 

 勝利したもののミスも目立ち、改善点も多く見つかった試合であった。しかし、夏合宿初戦勝利という結果を弾みに、今後も勝利を重ねていきたい。

文章:立教大学ラグビー部