Result

スタジアム情報

学習院大学北グラウンド

東京都豊島区目白1-5-1

試合レポート

4月21日(日)

<第8回関東大学対抗戦グループセブンズ大会>成城大学戦

 昨年、初優勝を成し遂げた関東大学対抗戦グループセブンズ大会。新チームが発足してから、今年度も本大会が初の試合となった。津田組としての初戦をどう戦ってくれるのか。連覇をかけた戦いが幕を開けた。

 初戦の成城戦は立教のキックオフから始まった。敵陣でのプレーを進める立教は鋭い攻撃でトライチャンスをうかがう。開始1分、敵陣22m付近で小林将也(3年・國學院栃木)からのボールを髙橋駿介(4年・横須賀)がタイミング良く走り込みキャッチ、そのまま中央に先制点を挙げた。更に4分、自陣10mでのマイボールスクラムからパスを繋ぎ、ラックからボールを出した中田航央(3年・東海大仰星)がタックルを受けるも物ともせずにかわし、笹本大地(4年・立教新座)へパス。俊足を生かして追いすがる相手を引き離し、そのまま右サイドを駆け抜けた。その後も立教はゲームの主導権を渡さぬまま、連続で2トライを決め24-0で前半を折り返す。
 続く後半、相手のディフェンスに阻まれ自陣22m付近で停滞の時間が生まれる。そんな中、吉澤雅樹(1年・桐蔭学園)が緩急のあるステップでディフェンスを揺さぶり、スペースに抜け独走トライ。フレッシュなプレーで観衆を沸かせた。その後2トライ献上してしまったが、立教は最後までアタックを続け、タックルでミスを誘発。ロストボールに素早く反応した小松崎昇平(2年・静岡聖光学院)がボールを拾い上げ、インゴールまで一直線に走り抜きゴールポスト中央にトライ。コンバージョンキックも成功し、圧倒的な差をつけて次戦へ勝ち進んだ。
 

                      文章:立教大学体育会ラグビー部