Result

スタジアム情報

まるみ山荘58番グラウンド

長野県上田市菅平高原1278-1

試合レポート

08月18日(木)

<練習試合>北海道大学戦

 

 A.Bチームが見守る中、立教のキックオフで始まった前半。開始早々、敵陣10/22m付近でペナルティを犯し、自陣までボールを戻される。その後、FB福田涼介(4年・桐蔭学園)の相手のミスに反応しターンオーバーする場面や、FL島野翔太(4年・立教新座)のゲインなどのチャンスが生まれたが、小さなミスにより、トライに繋がらない。その後も両者一進一退の攻防を見せ、得点は動かず20分が過ぎた。先制したのは北海道。気合いを入れ直し、前半21分、自陣0/10m左L/Oから北海道のアタック。ラックから出たボールに反応したPR金丸倫己(2年・立教新座)からパスを繋いだCTB落合凌平(1年・東京農大第二)がラインブレイクし、そのままLO谷畑秀紀(4年・國學院久我山)が飛び込みラックを形成し、FWがジリジリとゴールラインに攻め込み、トライラインを破る。さらに32分、立教にチャンスが訪れる。相手のノックオンからHW左スクラム。順目にパスを回し、WTB笹本大地(3年・立教新座)が相手の隙を抜けてラインブレイク、ラックを形成しながら徐々に前進していく。SH仲川神威(2年・立教新座)→LO谷畑→HO野口真郁(2年・立教新座)がゴールライン手前まで運ぶが、ノットロールアウェイを犯し、チャンスをものにできない。その後も思うようにボールが手につかず得点に繋げることができずに、前半が終了した。

 練習通りにプレーをしようと意気込み、メンバーを入れ替え臨んだ後半。キックオフ直後、相手のミスに反応したSO高橋駿介(3年・横須賀)がターンオーバー。後半から入ったFB大野木慶太(4年・立教新座)がラインブレイクする活躍を見せた。6分、敵のペナルティにより、敵陣22m右ラインアウトからモールを形成し、そのままHO野口がトライラインに押し込んだ。ゴールキックも成功し、12-7となる。その後、立て続けに3本トライを決められ、12-28と離されてしまう。最後まで諦めない立教の姿勢からラストワンプレーで相手がペナルティを犯し、最後のチャンスとなる。敵陣22m左スクラムからSH北山翔大(2年・東海大仰星)からボールを繋いだWTB栗原慎治(4年・國學院久我山)が力強いランでトライラインを駆け抜け、最終スコア17-28でノーサイドの笛が鳴った。

 前半から中々自分たちのペースをつかめず、後半は相手の空気に呑まれてしまった立教。この試合で見つけた課題を夏合宿で改善し、明後日の関西学院大学戦に向け、勝利を掴みたい。

文章:立教大学ラグビー部