Result

スタジアム情報

サニアパークメイングラウンド

長野県上田市菅平高原1278-1

試合レポート

08月25日(土)

<練習試合>大阪体育大学B戦

 

 ついに菅平合宿最終日を迎えた。天候にも恵まれ、立教のキックオフで試合は始まった。開始早々、相手のペナルティからSH光長浩晟(3年・大分上野丘)がクイックタップでリスタートし、見事なパスワークで大きく前進。最後にパスを受けたWTB舟橋広倫(1年・名古屋)がトライを決めた。続く前半9分、FB小林将也(2年・國學院栃木)がラックを抜けて独走し、敵陣深くに攻め込んだ。またも相手のペナルティでチャンスを得た立教は、ゴール前ラインアウトからモールを形成。HO荘加竜(4年・桐蔭学園)がボールを保持してゴールラインに迫り、パスを受けたNo.8山本開斗(1年・桐蔭学園)が飛び込んでトライ。しかし16分、パスミスが多く自陣でのプレーを強いられトライを許してしまう。なんとしても流れを引き寄せたい立教は、21分、敵陣22mでのラインアウトからボールを繋いで左に展開。CTB荒井悠也(4年・立教新座)がディフェンスを突き破り、中央左に独走トライを決めた。その後1トライを献上したものの、立教は粘り強く攻撃を続け、じわじわと敵陣に攻め込んでいく。34分、ゴール前ラックからボールを持ち出したSH光長が相手のディフェンスをかわしトライ。スコア24-12で前半を折り返す。

 続く後半、敵陣でのプレーが続くもののノックオンなどの小さなミスが重なり、なかなか得点に結びつかない。スコアが動いたのは10分、ラックからボールを持ち出したNo.8山本が中央ポール下にトライを決めた。さらに12分、WTB大野木慶太(4年・立教新座)が足の速さを活かして何人ものディフェンスを抜き去りゴールラインを割った。その後は1トライを許すも、立教は攻めの姿勢を貫き続ける。39分、WTB大野木の力強いタックルでターンオーバーに成功し、FB福田涼介(4年・桐蔭学園)とCTB小関智大(1年・柏)の見事なパスワークで中央左にトライを決め、最終スコア45-19でノーサイドの笛が鳴った。 

 最後まで勝ちにこだわり続け、見事に大差での勝利を収めることができた。この自信を胸に、これからもフィジカル面で勝る相手に怯むことなく次なる試合に挑む。

文章:立教大学ラグビー部