Result

スタジアム情報

学習院大学北グラウンド

東京都豊島区目白1-5-1

試合レポート

4月21日(日)

<第8回関東大学対抗戦グループセブンズ大会>学習院大学戦

 第2戦目、迎える相手は学習院大学。試合は立教のキックオフで始まった。開始早々、相手のミスボールに素早く反応した舟橋広倫(2年・名古屋)が大きくゲインしゴールライン手前まで攻め込んだ。ラックから右サイドに展開し、楢崎彰太郎(4年・國學院久我山)がディフェンスの間を上手に走り抜け中央にトライ。続く前半3分、ディフェンスの隙を突かれて自陣22mまで迫られるも、ラック内ターンオーバーに成功した立教。ボールを持ち出した関原泰河(2年・新潟)がディフェンスを振り切り、自陣10mからの独走トライを決めた。コンバージョンも成功し、スコアを14-0とする。さらに5分、楢崎のタックルで相手のミスボールを誘発。すかさず小松崎が反応し、ターンオーバーに成功。吉澤雅樹(1年・桐蔭学園)にボールを繋ぎ、右隅にトライを決めた。その後も勢い止まぬ立教は、ステップやパスワークで学習院を翻弄しミスを誘う。6分、桑原礼紀(2年・桐蔭学園)が空いたスペースに上手にパスを出し、それを受けた楢崎がディフェンスの隙を抜けてトライ。スコア28-0でハーフタイムを迎える。
 2名の選手を入れ替え、迎えた後半。開始から果敢に攻める立教は、パスやステップを使いながらディフェンスの隙を狙っていく。後半1分、関原からパスを受けた小松崎昇平(2年・静岡聖光学院)が自陣10mから独走し、ゴールラインを割った。その後、メンバーの疲れも見え始めノックオンなどのミスをする場面があったものの、粘り強いプレーで決して得点を許さない立教。3分、ハーフウェイスクラムからパスを繋いで右に展開し、笹本大地(4年・立教新座)が華麗な走りで右サイドを抜け、トライを決めた。続く6分、学習院のルーズボールに岡田和也(4年・川越東)が素早く反応しターンオーバーに成功。学習院が粘り強くタックルを仕掛けてくる中、立教は1つ1つのパスを丁寧に繋いで前進する。そして、最後にパスを受けた小林がゴールラインに飛び込みトライ。スコアを49-0とし、ノーサイドの笛が鳴った。

                      文章:立教大学体育会ラグビー部