Result

スタジアム情報

学習院大学北グラウンド

東京都豊島区目白1-5-1

試合レポート

4月21日(日)

<第8回関東大学対抗戦グループセブンズ大会>明治学院大学戦

 決勝へ進むためにも絶対に負けられない4試合目、対戦相手は明治学院大学。開始早々、髙橋駿介(4年・横須賀)の鋭いタックルで明治学院のノックオンを誘発し、チャンスを得た立教。敵陣10mスクラムからボールを持ち出した光長浩晟(4年・大分上野丘)が空いたスペースに上手にパスを出し、大きく前進する。前半1分、吉澤雅樹(1年・桐蔭学園)がゴールラインに向けてキックしたボールを髙橋がキャッチしそのままトライ。続く2分、明治学院のペナルティからクイックスタートした立教は、パスを繋いで右に展開し、吉澤からパスを受けた楢崎彰太郎(4年・國學院久我山)がディフェンスの間を走り抜け中央にトライを決めた。続く5分、自陣22mスクラムから見事なパスワークで前進する。左サイドにディフェンスが集中したことがチャンスとなり、中田航央(3年・東海大仰星)のパスを受けた楢崎がハーフウェイ付近からの独走トライ。スコアを19-0とし、このまま前半を終えたい立教であったが、終了間際に追加点を許してしまった。
 ペナルティをなくし、丁寧なプレーを心掛けようと臨んだ後半。開始早々、明治学院のペナルティでチャンスを得た立教。クイックスタートで敵陣22mまで攻め込み、小林将也(3年・國學院栃木)の力強いアタックでさらに前進。最後にパスを受けた髙橋がそのままゴールラインに飛び込み、中央左にトライ。コンバージョンも成功し、スコアを26-7とする。続く2分、キックオフの際にミスボールがあったものの、岡田和也(4年・川越東)が素早く反応しマイボールとする。何人ものディフェンスを抜き去る快走を見せ、そのままゴールラインに飛び込んだ。さらに3分、敵陣10m付近でパスを受けた舟橋広倫(2年・名古屋)が粘り強い走りでディフェンスを振り切り、左隅にトライ。また続く4分、明治学院のミスボールに桑原礼紀(2年・桐蔭学園)がすかさず反応し、ターンオーバーに成功する。左に展開し、最後にパスを受けた岡田がまたも独走トライを決め、スコアを45-7とする。さらに追加点を狙う立教は、ラックを繰り返し敵陣10mまで前進。5分、ボールを持ち出した笹本大地(4年・立教新座)のパスを受けた小松崎昇平(2年・静岡聖光学院)がディフェンスの隙を抜けてトライ。最終スコアを50-7とし、決勝へ進む。

                      文章:立教大学体育会ラグビー部