Result

スタジアム情報

学習院大学北グラウンド

東京都豊島区目白1-5-1

試合レポート

4月21日(日)

<第8回関東大学対抗戦グループセブンズ大会>学習院大学戦

 今年も決勝へと勝ち進んだ立教。対するは本日2戦目である学習院。メンバーは全てを出し切り必ず優勝すると誓い、決勝の舞台が始まった。
立教のキックオフで始まり、ボールをキャッチした学習院がゲームを展開。あっという間に自陣ゴール前まで陣地を広げられ開始早々トライを献上、出鼻をくじかれてしまう。悪い流れを断ち切りたい立教は粘り強いアタックで相手のペナルティを誘発。マイボールになった状況で、素早く且つ正確にパスを回し着実に陣地を広げ、ディフェンスを突破した小林将也(3年・國學院栃木)が連続で2トライを挙げた。ノータイムで自陣22mまで攻め込まれるも、同点に追いつかせまいと楢崎彰太郎(4年・國學院久我山)が鋭いタックルを決めターンオーバーに成功。ここで前半終了のホイッスルが鳴り、12-5で立教がリードした展開で後半を迎えた。
 疲れた体を奮い立たせ、冷静に更なる追加点を狙おうと意気込んで始まった後半。学習院のキックオフをキャッチした光長浩晟(4年・大分上野丘)→小林→楢崎と左へ大きく展開。髙橋駿介(4年・横須賀)が強靭な体を生かして迫るディフェンスをハンドオフで引き剥がし左中間にトライを決めた。続く4分、自陣に攻め込まれた光長が冷静な判断でラックからボールを持ち出しターンオーバー。岡田和也(4年・川越東)からボールを託された笹本大地(4年・立教新座)が疾駆、相手を引き離しゴールラインを割った。ロスタイム、ラストワンプレーで惜しくも失点したものの最終スコア24-12でノーサイド。見事関東大学対抗戦グループセブンズ連覇を成し遂げ、有終の美を飾った。

春休みの間練習してきた一対一の場面などでの成果を実感することができ、理想的な形で津田組のスタートを切ることができた。いよいよ来週から始まる春季大会もこの良い流れを繋ぎ、躍進してもらいたい。新体制として動き出した立教の今後に目が離せない。

                      文章:立教大学体育会ラグビー部