2017年8月24日(木)

古川瑛也(1年・PR)

「頼れるスクラムの支柱に」

菅平合宿も中盤を迎えましたが、これまでの試合を振り返っていかがですか。

 関西学院大学C戦は立教として菅平合宿の初戦だったので勝って弾みをつけたいところだったのですが、FWのセットプレーが安定せず負けてしまったのでとても反省しました。次の玉川大学戦はそこが安定して相手を圧倒できて、試合にも勝つことができたので成長を感じられました。國學院B戦は出場時間がとても短かったのですが自分のやるべき仕事であるスクラムはしっかりできたと思います。

ラグビーを始めたきっかけは何ですか。

 中学校のときにどの部活動に所属するか考えながらグラウンドを見ていた時に、ラグビー部の顧問の先生が熱心に誘ってくれたのでやってみようと思いました。練習も和気あいあいと楽しそうで興味を持ったことがきっかけです。

 

尊敬している先輩は誰ですか。

 同じポジションの玉川さん(玉川光太郎・4年)と柳さん(柳紀行・4年)です。体が大きくスクラムが強いのはもちろんのこと、PRながらとても運動量が多くてフィールドプレーでもたくさん走って活躍しています。フィールドプレーはいまの自分に一番足りないところなので、体重が自分より重くてもたくさん走れて強い当たりができている点を尊敬しています。他のポジションの先輩ではHOの荘加さん(荘加竜・3年)です。この間の玉川大学戦では荘加さんがキャプテンとしてチームを引っ張ってくださって、スクラムなどの自分の悪いところを教えてくれて自分の意見もたくさん聞いて活かしてもらってやりやすかったです。チームの雰囲気を良くするのも上手く、そういった点で尊敬しています。

 

同期について教えてください。

 富士見グラウンドでの練習前準備の曜日が同じでよく話をするのは広騎(齋藤広騎・1年)です。その日のメニューの話をしたりラグビーに関する悩みを共有できたりするので仲が良いです。同じフロントローの同期達とはご飯に行ったりもします。近いポジション同士でラグビーの話もよくしますし、刺激し合える良い仲間です。同期の中でも尊敬する人は相良(相良隆太・1年)です。1年でもAチームに早くから入っていてとても存在感があり、同期のなかでも頭ひとつ抜けていると思います。実力があって結果を出していて、いざプレー中となるとラグビーに対して熱意をもっているので、尊敬しています。

自分の強みは何ですか。

 強みはスクラムだと思っています。他のプレーに関してはまだまだ課題がたくさんありますが、スクラムに関しては自信を持っています。姿勢に関しては改善点が多く残りますが、ひとつの塊を意識して取り組んでいます。PRにとってチームに貢献できることといえば、やはりセットプレーの安定が一番の仕事だと思うので、しっかりとやり抜きたいです。ユニットの時間はセットプレーの練習がとても多いので、チーム別に分かれたときにスクラムでAチームを倒せるくらいになっていきたいです。逆に弱みはフィールドプレーです。体力的にもまだ持久力がなく、サインの把握なども完全ではないのでチームの動きが掴めないこともあり、もっと成長していきたいと思います。

 

高校時代に1番頑張ったことは何ですか 。
ゴール前でのセットプレーです。ラックを重ねて確実にトライを取りにいかねばならない場面などの体をあてる局面はとても練習しました。体を張るのはFWの仕事なので、ゴール前のラックやモールを重点的に、ディフェンスの枚数を増やし自分より重量がある相手を想定するなどして練習しました。姿勢の部分で自分より体が大きなプレイヤーに勝てるよう努力していました。それが今大学に入ってからも活かされていると感じます。 また、一般受験で入学をしたため、勉強の時間の確保することが大変でした。部活は11月まで続いていて練習時間は動かせないので、練習後に自習室を閉室時間までフル活用していました。勉強に使える時間は限られていたので有効活用できるように工夫して生活していました。高校3年生のときの担任がラグビー部の顧問の先生でもあり、その恩師に勉強とラグビーどちらも全力でやれるようにサポートしてくださったので今の自分があると思います。

入学して4ヶ月ほど経ちましたが、大学ラグビーと高校ラグビーの一番の違いは何ですか 。

 高校の時と違って平日はフルタイムの指導者がいませんが、学生主体でメニューを考えたり、ストレッチメニューなどを組み立てて指導するのが学生トレーナーであったりするのがとても新鮮に感じます。そのため大学ラグビーは自主性の高いと思いました。設備もとても綺麗で充実していて、シャワールームに浴槽があるため練習後すぐに入ることができたり、ウエイトルームに冷房が完備されていたりすることが大学の体育会ならではの環境だと思います。

オフの日は何をして過ごしますか 。

 ゆっくりと休息をとってリカバリーにあてたり、同期とごはんを食べに行ったり、家業を手伝ったりするなどしています。普段なにも支障なく大学生活をおくることができることやラグビーに専念できるのは支えて応援してくれる家族のおかげなので、感謝の気持ちをこめて親の仕事を手伝っています。

立教ラグビー部の良いところは何だと思いますか。

 いい意味で上下関係が緩いところです。普段の練習から後輩も積極的に意見を言うことができますし、先輩もそれを真剣に受け止めてくれます。厳しく指導されることもありますが、グラウンドの外では優しく接してくれるので、自分も後輩を持った時に慕われる存在になれるよう頑張っていきたいと思います。

今後の目標は何ですか。

 Aチームとして試合に出場することです。春はBチームで出させてもらっていましたが関西学院大学戦ではCチームのリザーブまで落ちてしまい、一度初心に返って練習や試合に取り組んでいたところ再びBチームのリザーブまでは戻ってくることができました。この調子でさらに自分の課題を克服していき、Aチームの試合に出場できるようになりたいです。

HPをご覧の皆さまに一言お願いします 。 
 いつも応援してくださってありがとうございます。皆さまの応援なくして私たちはラグビーを思う存分やることはできません。皆さまの声援が私たち選手のなによりの支えになっていますので、今後もよろしくお願いします。

Interview