2016年10月5日(水)

床田 聖悟(1年・CTB/FB)

「自分の強みを出していく」

先日の学習院大学戦を振り返ってください。

 秋シーズンに入ってから、対抗戦は2戦目ということもあり緊張はしなかったです。しかし連日の雨でグラウンドコンディションが悪くて、自分たちのラグビーが100%出来ていなかったと思います。ハーフタイムで上手く立て直し、後半は修正して自分たちのペースでラグビーがすることが出来たので良かったです。個人的には、グラウンドコンディションの影響でハンドリングのミスが多かったので、得意としているキックでエリアを取る意識をしていました。結果的に、敵陣で多くプレーし、勝利できたので良かったです。

ラグビーを始めたきっかけを教えてください。

 ラグビー観戦が好きな両親に勧められて、小学1年生からラグビーを始めました。きっかけは2つ上の兄がラグビー教室の体験練習へ行っているのを見て、楽しそうだと思ったからです。

高校のラグビーと大学のラグビーではどのような違いがありますか。

 フィジカルの部分がとても違うと思います。高校の時は小さな隙間があれば相手を抜くことが出来たのですが、大学になると体の個々の強さが全然違うので、簡単に相手に捕まってしまうので難しいです。
環境面では、桐蔭学園のグラウンドは砂でいろいろ不便なこともあったのですが、富士見グラウンドは天然芝で練習出来るのでさらに楽しくプレーしています。

春シーズン、合宿を終えて、心境の変化や変わったことはありますか。

 春シーズンは怪我をしてしまい、試合に出れずに悔しい思いをしていました。そんな中、同期のならちゃん(楢崎彰太郎・1年)やごんざ(笹本大地・1年)がAチームで活躍している姿を見て、早く復帰して一緒にラグビーしたいと思う気持ちが強かったです。
初めての合宿を終え振り返ってみたときに、毎日練習もきつかったので自分のことで精一杯だったと思いました。秋のシーズンイン前、心に余裕を持ってチームのことも考えられるようになろうと思いました。秋シーズンを迎え、今、ゆとりを持って試合に臨めるまで心身ともに成長したと思います。

自分の強みは何ですか、また成長したいと思うところはありますか。

 強みはディフェンスの部分とキックです。FBなので相手に抜かれた後の1対1で相手をしっかり仕留めてボールに絡み、ターンオーバーまでは自分の役割だと思っていて、誰にも負けない部分だと思います。またキックでは再度敵陣で戦えるように、陣地挽回できるキック技術を持っています。成長したい部分は、自分からもっと仕掛けるプレーをすることと、WTBに山田さん(山田雄大・3年)と空斗さん(青木空斗・4年)という強い2人がいるので、もっと外を活かせるプレーが出来るように視野を広くして動けるようにしたいです。 

尊敬する選手はいますか。

 先輩では、空斗さん、山田さん、御苑さん(御苑剛・4年)です。WTBの2人は力強い走りやタックルなどの技術面でも、周りを見て積極的に声を出してくれる、視野の広さなど、見習いたい部分が多くある先輩方です。御苑さんはポジションは違いますが、試合の流れを読むのがうまくて、周りを活かすプレーや自分で戦うところは力強く、といったメリハリのあるプレーが出来るので凄いなと思います。同期では桐蔭学園の頃から一緒にやってきた藤原君(藤原大晃・1年)です。高校の時はあまり一緒に試合に出れなかったのですが、同じポジションなのでライバルとしてこれからは切磋琢磨し、高め合っていきたいです。

入替戦まであと2か月となりましたが、残りのシーズンの目標を教えてください。 

 今年のスローガンであるOneになって昇格するのが目標です。夏合宿で強豪校と試合をして、自分の通用する部分と、まだまだ足りない部分がはっきりわかったので、入替戦までに修正し、かつ残りの試合でも自分の強みを出して、頑張って行きたいと思います。

HPをご覧の皆様にひとことお願いします。

 HPをご覧の皆様、いつも応援ありがとうございます。しっかり、ラグビー部一同でOneになってチームの目標である昇格を目指して頑張るので応援よろしくお願いします。

Interview​