2016年10月7日(金)

髙橋 駿介(1年・SO)

「自分から仕掛けていけるSOになりたい」

春、夏を振り返ってみてどうですか。

 春は、自分は浪人生ということもあり、練習についてくのが体力的にも技術的にも精一杯でした。そんな中で同期が試合で活躍しているのを見て、自分も頑張らなきゃいけないな、と思いました。初めて出場したのが関東学院大学戦で、出場時間は短かったですが試合でプレー出来たことがとても嬉しく、その先の励みになりました。
 夏は練習にも慣れ、また沢山試合経験を積むことが出来、自分にとってすごく良い経験になったと思います。印象に残っているのは夏合宿初戦の東京学芸大学戦ですね。チームを動かすことが出来、その流れの中で個人としてもトライを取ることが出来たので、自分の中でも手応えの感じた試合でした。

秋シーズンはどうですか。

 試合に出場する機会が増え、SOというポジションとしての責任の大きさや自分の技術の無さやゲームメイクの能力の無さを痛感しています。ただ、春よりは周りを見渡せるようになったり、上手くパスを出来るようになったと感じているので、そういったところをもっと高めていきたいと思います。
 また、秋シーズン初戦の慶應義塾大学との定期戦に途中出場出来たのですが、ものすごく緊張しました。ファーストジャージを初めて着て、自分もこのジャージでもっとプレーしたい、と強く感じモチベーションになりました。

得意なプレーを教えてください。

 得意なプレーはキックです。同期の床田(床田聖悟・1年)には劣るかもしれませんが、安定して長いキックを蹴ることが出来る様に頑張っています。高校のときに父親からコツを教わったことと、練習を沢山重ねたことで自信を持てるようになりました。
あとはジャッカルです。大学に入ってからはポジション的なこともあり上手く絡めていませんが、これからは積極的に実践していきたいと思います。

理想のプレースタイルを教えてください。

 Bキャプテンの御苑さん(御苑剛・4年)のように、周りを見て声を出して引っ張ることで、ゲームを進めていくのが理想です。また、同期の平間(平間大貴・1年)のように、片手でのオフロードパス等、少しトリッキーなこともしてみたいですね。自分は足が速い方ではないので今はパスばかりになっていますが、これからはもっと自分で仕掛けていけるSOになりたいと思います。

尊敬する先輩はいますか。

 御苑さんと、自分と同じ横須賀高校出身の先輩である健太さん(岩田健太・4年)、濱須さん(濱須涼平・4年)です。御苑さんはやはりプレースタイルを尊敬していて、御苑さんのようなSOになるのが自分の理想です。健太さんは人一倍チームのことを思って行動していて、そして濱須さんは常に真摯にラグビーに打ち込んでいて、自分もそんな風になりたいと思っています。 

立教ラグビー部はどんなチームですか。

 オンとオフの切り替えがしっかりしているチームだと思います。上下関係も厳しすぎる訳ではなく、練習中も意見を言い合うことが出来、練習外も楽しく過ごせるのがこのチームの良いところです。また浪人生も多く、自分も馴染みやすかったのでそこも好きなところです。

 

残りの秋シーズンをどう過ごしたいですか。 

 今はジュニア選手権のメンバーに選んでもらっているので、継続して出場出来るように良いプレーをしていきたいです。そして、結果を残して対抗戦のメンバー争いに食い込んでいくことも今シーズンの目標として頑張ります。

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 いつも応援していただきありがとうございます。チームは「One」というスローガンのもと、昇格という目標に向けて日々努力を重ねています。四年生のいるシーズンも残り短いですが、一年生から盛り上げて全員で頑張っていきます。よろしくお願いします。

Interview​