2016年8月22日(火)

坂 拓哉(2年・PR)

「インパクトプレーヤーになりたい」

夏合宿初戦である関西学院大学戦を振り返ってみていかがですか。

 以前から西田さん(西田創・HC)から指摘を受けていたセットプレーの改善に重点を置いてプレーしました。しかし、コンディショニングが悪く関西学院の重いスクラムに最初は耐えることが出来ましたが、後半になるにつれて我慢ができなくなり、FWのセットプレーとしての課題が残る試合となりました。

ラグビーを始めたきっかけは何ですか。

 高校までサッカーをしていましたが、高校の体育の授業で初めてラグビーに触れて、とても楽しかったことがきっかけです。入学後、大学の練習会に行った際に、3月から練習に参加していた高校のラグビー部とレベルが全然違うと感じ、大学からラグビーを始めることに迷い、入部することを悩みました。しかし、立教新座高校の同期であった平間(平間大貴・2年)や下根(下根光博・2年)が背中を押してくれたので、入部することを決意しました。

尊敬している先輩は誰ですか。

 同じポジションでもある柳さん(柳紀行・4年)と玉川さん(玉川光太郎・4年)です。柳さんは熱いパッションを持った人で、自分がきつい時でもいつも声を出して皆を盛り上げてくれます。スタミナがあり、豊富な運動量でチームを支えていてとても尊敬しています。また、私生活の面でも気さくに話しかけてくださり、先輩後輩関係なく、面倒を見てくれる身近な存在でもあります。玉川さんは持ち前の体の強さや重さを生かしたビッグゲインやスクラムなど、インパクトの強い選手であると思います。同じポジションでもあるので細かいアドバイスを吸収して、柳さんや玉川さんのようなインパクトプレーヤーになりたいと思っています。

同期について教えてください。

 床田(床田聖悟・2年)や平間や健二郎(玉川健二郎・2年)がプレーや声で練習を引っ張っている姿に、同期として刺激を受けています。また、同じポジションの海野(海野雄大・2年)と宮﨑(宮﨑諒・2年)には負けたくないです。2人が試合で活躍している姿を見ると悔しい思いをします。2人とも自分と比べてラグビー歴も長く、アドバンテージもあると思いますが、同期同士互いに刺激しあって高めあっていけたらいいと思います。私生活では同じポジションである海野や高校から一緒の下根と仲が良いです。特に下根は同じフロントローということもあり、よくラグビーの話もします。同期は浪人生が多いにもかかわらず、和気あいあいとしている仲の良い学年だと思います。

自分の強みは何ですか。

 人よりも体が強いところです。ボールを持った時、力強いアタックができることが自分の強みだと思います。そういった点で今のPRというポジションは自分に合っていると思います。食事の回数を増やしたり、たんぱく質をきちんと摂取することを心がけた結果、 入部してから30㎏増やすことが出来ました。また、自分の強みを試合で存分に発揮できるように、ウエイトトレーニングで当たり負けない体をつくることに励んでいます。 

自分の弱みは何ですか。

 セットプレーの中でもスクラムに課題があります。スクラムは細かい部分を一つ一つ修正していくことがとても難しいと感じています。同じポジションの柳さんや玉川さんやスクラムに詳しい照男さん(眞壁照男・3年)にアドバイスを頂いています。また、運動量が少ないことが課題です。もっと自分から積極的にボールを持って走ってタックルしなければ試合には出られないと思うので、改善していきたいです。

立教ラグビー部の良いところは何だと思いますか。  

 平日は学生全体で主体的に練習に取り組んでいるところだと思います。監督やヘッドコーチの指導を受けるだけではなく、部員一人一人が課題や目標を持っているところが立教ラグビー部の強みでもあると思います。個々の目標を共有して高めあえる環境があるので、チーム全員の目標である「ジュニア選手権大会優勝と関東大学対抗戦全勝で昇格」という目標に貢献していきたいです。

今後の目標は何ですか。

 夏合宿では試合に出続けることが目標です。去年は怪我もあり、全然出場する機会が少なかったので、怪我無く夏合宿をやり抜きたいです。入浴後のストレッチを入念に行ったり積極的に水分をとり、リカバリーに重点を置いています。 シーズンを通しての目標は、去年出場することが出来なかった秋のジュニア選手権大会に出場することです。そのためには、ライバルを圧倒するようなスクラムを組んで、アピールしていきたいです。もし出場することが出来たら、積極的にボールをもらい、外されないタックルをしてチームの勝利に貢献したいと思います。

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 チームの一員として精一杯努力するのでこれからも応援をよろしくお願いします。 

Interview​