2016年8月22日(火)

岡本 力哉(1年・SO)

「チームから信頼される司令塔になりたい」

菅平合宿も中盤ですが、感想を教えてください。

 関西学院大学戦は夏合宿の初戦ということもあり、一次合宿からターゲットゲームにしていました。久しぶりの試合だったので、試合の感じを取り戻すために流れに乗らないと、と思っていました。体重が重くなった分、タックルに入ったときにより簡単に倒せるように感じたのは素直に嬉しかったです。普段関東のチームとしか対戦できないので、個々のスキルが高い関西のチームと対戦する今回は貴重な機会で、自分を試すチャンスでした。試合をしてみて、関西学院大学のアタックディフェンスは自分たちより何層も厚く、同等に戦えるようになっていくために成長していかなくてはという目標ができました。玉川大学戦は、自分の強みであるパスを活かし、バックスでたくさんのトライが取れるようにゲームメイクしようと思って試合に臨みました。後半でフレッシュなメンバーが入ったので、相手が疲れていることをチャンスに、ボールを外に展開しようとしたのですが、時間への焦りがあり、自分の思ったとおりのプレーができず悔しかったです。限られた時間の中でも自分の強みであるパスとキックを出し切れるようにすることが今後の課題なので、日々の練習でも一本一本にこだわっていきたいです。この合宿で普段福田監督がおっしゃっている「練習でできないことは試合でできない」ということを改めて身をもって知ったので、秋のシーズンに向け一回一回の練習で常に上を目指して取り組んでいきたいと思います。

ラグビーを始めたきっかけは何ですか。

 元々野球をしていたのですが、父親が花園出場経験があり、小さいころからラグビーに興味がありました。中学に入学した年にラグビー部が創部されたのがきっかけで、新しいスポーツにときめきを感じ、自発的に始めました。高校でもそのままラグビーを続けようと思い、勉強して公立高校に進学しようとも考えたのですが、春日丘高校から声をかけて頂き、花園に行きたいという強い思いもあったのでラグビー推薦で春日丘高校に進学しました。

自分のセールスポイントを教えてください。

 パスとキックです。ラグビーを始めた頃から得意で、先生も一目置いてくれていました。ロングパスも得意で、空いているスペースにボールを入れたり、ボールを外に運ぶのが好きです。また、空いているスペースを見たら蹴れる自信はあります。今後は、立教の縦の強さを出していくラグビーの中で自分の好きなラグビーを混ぜながらゲームメイクしていきたいと思っています。

尊敬する選手は誰ですか。

 体づくりの師匠の尾池さん(尾池敏志・3年)です。夏OFFの時、体づくりを一番重視している自分に「毎日富士見に来い」と言ってくださり、ウエイト指導をしてくれました。ご飯に連れていってくださった時、「お前に強くなってほしいから飯を食べさせてるんだぞ」と言ってくれて本当にありがたかったです。自分が来年先輩の立場になったら、こういうことを言ってくれる尾池さんのような先輩になりたいです。また、御苑さん(御苑剛・2017年卒)がSOの理想像で尊敬しています。SOは仕掛けが一番重要なポジションなのですが、その仕掛けについてのノウハウを一から教えてくださりました。教えてくださったことを実践できたら真のSOになれると思うので、やったメニューは全部ノートに書いていつでも見返せるようにしています。御苑さんに少しでも近づけるように努力していきたいです。

同期について教えてください。

 航央(中田航央・1年)は同じ観光学部で、大学ではほぼ一緒にいます。普段はあまりラグビーの話はしないです。高校時代の部活の面白話とか他愛のない話ばかりしています。お互い何でも言い合える仲なので、プレーで分からなかったこととか聞いたりしてお互い高め合っている存在ですね。

大学進学で上京し、どんな環境の変化がありましたか。

 立教の体育会部員専用の寮に住んでいます。ご飯は用意されますが、洗濯、掃除など自分のことは自分でやらなきゃいけない生活に変わったのは大きな変化でした。最初は慣れなくて、苦戦しました。食事面では、一人暮らしで栄養が不足しがちなのですが、とにかく体を大きくしたいので先輩たちにアドバイスをもらっています。具体的には朝昼晩プロテインを飲むことを実践していて、また親にも野菜ジュースは飲みなさいと言われているので欠かさず飲んでいます。

立教ラグビー部を選んだ理由を教えてください。

 高校三年間はラグビーだけに打ち込んだので、大学では勉強とラグビーを両立したいと思っていました。またやらされるより自発的にやるのが好きなので、そのどちらも兼ね備えている立教に進学を決めました。

立教ラグビー部はどんなチームですか。 

 平日フルタイムコーチがいない中で練習メニューを自分たちで考えていて、高校とは違ってとても自主性を重んじているチームです。また全員がそのメニューの意図を理解しているので無駄のない練習ができているなと思います。短い練習時間にも関わらず、これだけ成長を感じているのは相当充実したメニューだなあと常々感じています。

今後の目標を教えてください。

 今の自分の体は大学ラグビーにおいて非常に小さいので体づくりに取り組みつつ、ジュニア選手権大会でスタートメンバーとして出るのが目先の大きな目標です。また大学ラグビーと高校ラグビーは全く別物であると実感しているので、改めて一からラグビーを勉強して、チームから信頼される司令塔になりたいです。 

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 いつもご声援ありがとうございます。下級生ひとりひとりの底上げがチーム向上に繋がると思っているので、応援してくださる皆様への感謝を忘れず、これからも日々努力していきます。 

Interview​