2019年2月16日(土)

津田 祥平(4年・WTB)

「立教ラグビー部のターニングポイントとなる年にしたい」

主将になった心境を教えてください。

 はじめは自分が主将になるとは思っていなかったので、いろいろと考えることはありました。もともと何かの役職には就きたいと思っていて、主将になれたらいいなという気持ちはありましたが、自らなりたいということをアピールするようなことはありませんでした。でも同期のみんなが選んでくれたということは自分には主将としての役割や使命があるのだと思い、今まで以上に自分の強みを生かして、チームをまとめるというよりみんなを奮い立たせる形で主将をしていきたいと今は思っています。

副将について教えてください。

 床田(床田聖悟・4年)は最高学年になってから、グラウンドでみんなに声をかける回数が増え、意識も変わったと思います。ラグビーがとても上手くリーダーシップもあるので、グラウンドで頼れる存在で、床田ならやってくれる、と信頼しているので、その分自分はみんなにどのようにしてやる気を出させるのか、ということに専念できると思います。それくらい床田はグラウンド上でもみんなに厳しい言葉をかけられる人間なので、自分が就活などでいない時にも安心してリーダーを任せられます。健二郎(玉川健二郎・4年)は周りのことが見えていてみんなが気付かないようなことに気付いてくれるので、そういったところを生かして、選手を全体的にマネジメントしてくれると思います。

チームのみんなに伝えたいことは何ですか。

 自主性を持ってほしい、ということを一番に伝えたいです。それだけみんなが出来れば、昇格は間違いないと思います。自分は今までのキャプテンとは違い、就活を本格的にしなくてはならないので、グラウンドに自分がいない時間が多く生まれてしまうかもしれません。そのような時でもみんなに自主性を持って練習をする意識をしっかり持ってもらいたいです。伝えたいことは沢山ありますが、ラグビーをやっているとはいえ学生でまだまだ若いので、どれだけ正しいことでも一方的に頭ごなしにものを言われたら聞かなくなってしまうと思っています。伝えたいことを齟齬なく伝えるためには言い方が大切なので、今は自分がみんなを鼓舞してやる気を引き出す言葉を的確に伝えることを心掛けています。練習の中でも嫌な言い方をしてしまうこともあるかもしれませんが、強い言葉で相手を否定することはせずに、相手にどのようにしたら意図が伝わるか考えて発言するように意識していきたいと思っています。

 

大学生活最後の一年をどんな年にしたいですか。

 今年は立教大学ラグビー部のターニングポイントとなる年にしたいです。まず一番は昇格です。今までは昇格をしても降格する、という繰り返しでした。でも今年昇格することがきっかけとなって一部に残り続けて、入替戦にも参加しないようなチームになって、大学選手権を争うようなチームになって、大学全国一位を目指すチームになる、ということが自分の夢なので、その始まりの年にしたいです。同期は本当にラグビーが好きで素直なので、まとまりやすく一つのチームになりやすいのではないかと感じます。それがこの学年の良い点だと思うので、最高学年としてその良さを生かしていきたいです。個人的には最後の年は悔いのないように、ラグビーにもチームのことにも取り組みたいと思います。

期待している後輩は誰ですか。

 個人的には勝沼(勝沼遼・2年)に期待しています。大学に入ってラグビーを始めて、最初はパスも放れず、タックルも出来なかったのに、たった一年間でFWの細かいところまでマスターして自分のプレーの個性を出す準備が整えられたように感じるので今年1年は絶対に勝沼が活躍するだろうと期待しています。あとは天真(青木天真・3年)ですね。天真は今年からFWにコンバートして、中には何でFWに行ったんだと思っている人もいると思いますが、僕が見ている限りでは、彼自身は相当な覚悟を持っているように思います。自分も実際、ラグビーを始めて2回コンバートをしていてどちらの時も「出来るわけない」と言われていて、それはもちろん仕方のないことではあるのですが、そこから這い上がれた部分はあると思います。天真はFWに行っても通用すると思うので、みんなにも温かい目で見てあげてほしいですね。

 

今年のスローガン「REMAKE」に込められた意味を教えてください。

 このスローガンは自分が独断で決めたものではなく、同期を集めて最終的にみんなで選んだものです。対抗戦Bグループ残留が続いている中で昇格を果たすためには多くのことを変えていかなければなりません。今年一年を立教大学体育会ラグビー部のターニングポイントとなる年にするためには、まずは変化が必要なので、もう一度一から作り直すという決意のもとREMAKEに決めました。

意気込みを教えてください。

 グラウンド内外で一秒たりとも無駄に出来ないという意識を持ったチームを作り上げるために、自分がその模範になって昇格に向けて頑張っていきたいと思っています。

 

HPをご覧の皆さんに一言お願いします。

 立教大学体育会ラグビー部にとって変革の起きる大事な年となると確信しています。OBの方々やこのホームページをご覧いただいている方々を含めたサポーターの方たちの支援があってこそ強いチームになると思うので、これからも応援よろしくお願いします。

Interview​