部員募集

立教大学ラグビー部の一員として、
文武両道を実践し充実した大学生活をおくりませんか。
百合の誇りを胸に、共に闘い抜き、
​勝利の喜びを分かち合う仲間を心よりお待ちしております。

受験生の皆さんへ

立教ラグビー部では、経験・未経験を問わずプレーヤー、マネージャー、トレーナーを募集しております。

まず立教大学に入学する方法としては、一般入試、自由選抜入試、アスリート選抜入試、指定校推薦、立教新座高校・立教池袋高校からの内部進学等があり、立教ラグビー部に在籍する現役部員の利用した入試方法も様々です。一般入試での合格者には現役ばかりでなく、浪人した後に入部した部員も多数在籍しております。また、大学からラグビーを始めた選手もおり、様々な入試形態で入学した部員が日々邁進しながら、試合で活躍しています。

ここでは一般入試合格者や内部進学者、アスリート選抜そして、自由選抜入試を利用して入学した現役部員たちからの受験生の皆さんへ向けたメッセージを掲載しております。

このHPをご覧になった受験生の皆さんが立教大学に入学し、来春、富士見グラウンドで共にプレーできることを部員一同、心待ちにしております。
皆さんのご健闘をお祈りしています。

入試情報の詳細に関しては、
http://www.rikkyo.ac.jp/invitation/admissions/undergraduate/をご覧下さい。

なお2017年3月には新座キャンパスのそばに体育会所属部員専用寮が完成し、アスリートをサポートする環境が整いました。
ラグビー部への入部をお考えで入寮を希望される方は、本ホームページお問い合わせ欄よりお問い合わせ下さい。

寮の詳細はコチラのPDF資料をご確認ください

現役生からのアドバイス

プレーヤー/アスリート選抜入試

大和大祐(2年/観光/観光/桐生第一)

受験生の皆さんこんにちは。2年観光学部観光学科の大和大祐です。

私は桐生第一高校から、アスリート選抜入試を利用して立教大学に入学しました。立教のラグビー部は、強豪校出身の人から初心者まで個性豊かで日々楽しくラグビーに打ち込めます。また、グラウンドは天然芝、クラブハウスには大浴場もあり、ラグビーをやるにはとても良い環境が整っています。そして今シーズンからは対抗戦Aグループで試合をします。Aグループで勝ち続けられるよう日々精進しています。立教大学ラグビー部に興味を持った方は是非一度グラウンドに足を運んでください。皆さんと一緒にラグビーできるのを楽しみにしています。

プレーヤー/​自由選抜入試

佐伯周太(3年/観光/交流文化/成城学園)

受験生の皆さんこんにちは。観光学部交流文化学科3年の佐伯周太です。

私は自由選抜入試を利用して立教大学に入学しました。立教大学ラグビーには花園のような大舞台を経験した選手の他にも、私のように花園を経験していない選手や、浪人を経て入部した選手、大学に入って初めてラグビーを始めた選手も在籍しています。昨年、私たちは長年超えることのできなかった入替戦勝利という壁を部員全員で乗り越え、対抗戦Aグループ昇格を果たしました。そのため、今年からは強豪ひしめく対抗戦Aグループでの戦いとなります。
立教大学ラグビー部の新たな挑戦が始まる2020年から私たちと共に最後の学生生活をラグビーに捧げてみませんか。皆さんと一緒にラグビーができるのを楽しみにしています。

プレーヤー/​指定校推薦

山田志門(2年/経済/経済/函館ラ・サール)

受験生のみなさんこんにちは。経済学部・経済学科2年の山田志門です。

昨年はラグビーワールドカップもあり大いにラグビーが盛り上がりました。皆さんもテレビにしがみつき、ワンプレイに一喜一憂しその感動を味わったのではないでしょうか。立教大学に入学にするにあたってラグビーを続ける人もいれば、新しいことを始めようと考えている人もいることだと思います。いずれにしても自分のやりたいことができるのが大学生活です。これからなにをするか迷っている人に、私は立教大学体育会ラグビー部をおすすめします。この部活はそれほど学年間の隔たりがなく、コーチや監督との距離もとても近いという特徴があります。そんな関係であるからこそ、先輩は後輩に的確なアドバイスを優しく、時には厳しく教えてくれます。また後輩は先輩に対して自ら疑問点をぶつけにいったり、コーチや監督へ改善点を求めにいくこともできます。プレーヤーとしてはもちろん、人間としても成長できる部活です。また、今年は念願のAグループです。全国トップレベルの大学と戦うことができます。自分たちより弱い相手に勝つより、自分たちより強い相手に勝った方がカッコいいもんです。ただぼんやりと4年間を過ごすか、明確な目標に向かって毎日充実した生活を送るか、是非一度グラウンドに足を運んでみてください。立教大学ラグビー部の良さが分かるはずです。みなさんとラグビーをできるのを楽しみにしています。

プレーヤー/​一般入試

庄子真登(2年/経済/会計ファイナンス/仙台第一)

受験生の皆さんこんにちは。経済学部会計ファイナンス学科2年の庄子真登です。

私は1年間の浪人を経て、大学入試センター試験利用入試で立教大学に入学しました。立教大学ラグビー部には、ラグビー名門校出身の選手だけではなく、私のように無名校出身の選手や浪人を経て入部した選手、そして大学からラグビーを始めた選手など様々な選手がいます。立教大学ラグビー部の門はやる気さえあればどんな選手にでも開かれています。また、様々な理由から体育会でラグビーを続けることに大きな不安がある人もいると思います。私も経済面、レベルの違いなどから何度も悩みましたが、とりあえずやってみようと入部を決意しました。一人暮らしということもあり最初は多くの困難がありましたが、慣れてくればバイトなどとの両立も可能です。また質の高い練習やコーチ、先輩、同期から頂く的確なアドバイスのおかげで日々成長を実感できます。是非一度グラウンドに足を運んでみてください。どんな方でも歓迎です。多くの皆さんとラグビーできる日を心待ちにしています。

学生コーチ

相田向陽(3年/経営/経営/立教新座)

受験生の皆さんこんにちは。経営学部経営学科3年の相田向陽です。

私は現在、学生コーチという立場でラグビー部に所属しています。学生コーチと聞いてピンと来ない方も多いと思いますので、ここでは簡単に学生コーチの仕事内容と魅力について述べていきます。学生コーチの仕事は、練習中のヘッドコーチのサポート、試合のアップ、試合後の分析、ヘッドコーチが不在の日は全体練習の統括など多岐にわたって行います。学生という立場で練習を仕切ることは、大変なことも多々ありますが、その日の練習を質高く終えることができた日や、その練習が結果として試合の勝利につながっていることが実感できた時は、何にも代えがたい達成感とやりがいを感じることができます。またマネジメント能力やリーダーシップなど、学生コーチという立場だからこそ学べることは多くあります。こういった能力は、大学生活だけでなく、社会人になってからも必ず役に立つと私は思います。
このホームページを見て少しでも立教大学ラグビー部に興味を持ってくれた方、選手ではなくスタッフとして部活動に入部を考えている方は、ぜひ一度ラグビー部のグラウンドまで足を運んでください。春に皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

マネージャー

松本華子(4年/現代心理/映像身体/関西大学第一)

新入生の皆さんこんにちは。現代心理学部映像身体学科4年マネージャーの松本華子です。私は自分自身を成長させ充実感のある有意義な大学生活を送りたいと思い、ラグビー部へ入部しました。マネージャーの仕事は練習中の水出しやビデオ撮影、食事の用意などといった選手のサポート以外にも、ホームページなどを通じた情報発信、他大学との連携やラグビーフットボール協会への連絡、普段お世話になっているOB・OGの方や保護者の方、サポーターの方といった部と外部とを繋ぐ役割を果たし、さらに会計や試合準備と設営、グッズの企画・販売、試合会場でのアナウンスなど多岐に渡ります。全て部の運営の為に必要不可欠な仕事であるため、マネージャー一人一人が責任を持って取り組んでいます。目に見える仕事は少なく決して楽しい事ばかりではありませんが、チームの一員として勝利に貢献し、実際に試合で勝ち喜ぶ選手の姿を見ると非常に達成感とやりがいを感じます。昨年度立教大学体育会ラグビー部は5年ぶりに昇格を果たし、今年度は長年目標にしていた対抗戦Aグループという大舞台で戦います。そしてみなさんが最高学年になる2023年には創部100周年を迎えます。是非みなさんも歴史あるチームの一員であるという誇りを持って一緒に活動しませんか?ラグビーやマネージャー業に関わったことが無くても大丈夫。私自身も一から学び、ここで得た経験と仲間が一生の財産になると実感しています。4年間を何かに打ち込みたい、挑戦したいといったやる気を持った皆さんとお会いできることを心から楽しみにしています。

トレーナー

斎藤菜緒(4年/現代心理/心理/成城学園)

受験生の皆さん、こんにちは。現代心理学部心理学科の齋藤菜緒です。私は学生トレーナーとしてラグビー部に所属しています。ここでは「学生トレーナーとは何か」という事をご説明し、興味を持って頂けたら幸いです。学生トレーナーの主な仕事としてプレイヤーのサポートが挙げられます。マネージャーのように外部(ラグビー協会等)とのやりとり、部の運営のサポートとは異なり、私達はテーピング、体重の管理、ウォームアップ、クールダウンの指導、怪我の応急処置、リハビリトレーニングの補助、ウエイトトレーニングのサポート等というような、よりプレイヤーと密接に関わる仕事を担当しています。またラグビーは激しいコンタクトを伴う競技であることから学生トレーナーにも救急救命法など専門的な知識を身につける事が求められます。立教大学ラグビー部では多くのサポートスタッフ方々がおり、それらの方から多くの事を学ぶ事が出来る環境が整っています。私自身、兄がラグビーをしていたことからラグビーというスポーツの魅力に惹かれて入部しました。仕事をしていく上で沢山の葛藤もありましたが、今はラグビー部に入らなければ出会うことの出来なかった多くの部員と目標に向かって一緒に努力することができる事に非常にやりがいを感じています。この経験は必ずや将来、社会に出て働くようになり、大きな壁に立ち向かわなければならない時など役に立つと確信しています。確かに、周りの友達がバイトやサークルで大学生活を楽しんでいる中、ほとんどの時間をラグビー部だけに費やしている現実があります。しかし一方で、大学生活において有意義なものにする為、挑戦する事はなかなか容易な事ではないとも私自身、身に染みて思います。大学生活をどのように過ごすのかじっくり考える上で、立教大学体育会ラグビー部を選択肢の1つとして考えて頂ける事を期待し、春にみなさんとお会いできる事を楽しみにしております。

分析

太田知宏(4年/経済/経済/久留米大学附設)

新入生の皆さんこんにちは。経済学部経済学科4年の太田知宏と申します。私は分析としてラグビー部に所属しております。ただでさえ、昨年の当部ホームページのリニューアル以降、益々どこにあるのか分からなくなったこの部員紹介ページを訪れ、しかもこんな最下層部までスクロールして下さった物好きな皆さんならきっと分析に興味を持って頂けると信じて、我々の仕事を紹介していきたいと思います。
分析の日常的な仕事は、練習・試合の動画撮影、試合の様々なデータの算出、他校の研究です。試合の様々なデータを出すことにより、感覚だけではない、理論的な反省ができます。また、映像がないと反省もなにもできたもんじゃないので、ビデオも撮影しています。個人的に1番面白く、また成長したい分野でもあるのが、他校の研究です。今後試合する大学の試合を撮影し、選手・コーチとそのチームの傾向を額面通り「分析」します。
当部の更なる強化のために皆さんは欠かせない存在です。というのも、現在、この部の分析は4年生の私1人です。冒頭に「我々」とか書いて、数人いる感出してすみません。しかも、当方色々あって今年で24歳になります。要するに私は、老害として煙たがられつつも、絶滅危惧種として大切にされるという不思議な扱いを受けています。その点で、フレッシュな分析が誕生することで私の人権が消失する不安も少なからず抱いています。ただ、私は大人なので、自分の身よりも部の今後を案じ、こうして新歓しております。
分析に関わらずラグビー部は学生スタッフは大歓迎です。ラグビーをやっていた、昨年のワールドカップでハマった、私も笑わないです等きっかけはなんでもいいので、ラグビー部を大学生活の一つとして検討してみてください。春に皆さんとグラウンドでお会いできることを楽しみにしております。

卒業後の進路

​(過去4年間)

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

東京海上日動あんしん生命保険株式会社

東京海上日動火災保険株式会社

三井住友海上火災保険株式会社

明治安田生命保険相互会社

オーシャンネットワークエクスプレスジャパン株式会社

野村証券株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
田野屋酒販株式会社
株式会社住友林業
株式会社群馬銀行

株式会社千葉銀行

株式会社みずほ銀行

株式会社三井住友銀行

株式会社三菱UFJ銀行

株式会社七十七銀行

株式会社日本取引所グループ

株式会社高島屋

株式会社松屋(百貨店)
株式会社電通

​株式会社博報堂

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

​株式会社フジテレビジョン

北海道テレビ放送局株式会社

関西テレビ放送株式会社

アシックスジャパン株式会社

美津濃株式会社

株式会社リクルートライフスタイル

タイムズ24株式会社

全日本空輸株式会社

京王観光株式会社

株式会社エイチ・アイ・エス

昭和産業株式会社

株式会社乃村工藝社

大成建設株式会社

東京建物株式会社

大和ハウス工業株式会社

吉本興業株式会社

ライオン株式会社

株式会社ドーム

株式会社ナガセ

アサヒビール株式会社

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社

サントリー食品インターナショナル株式会社

日清オイリオグループ株式会社

カシオ計算機株式会社

トルンプ株式会社
株式会社きんでん
株式会社ニュー・オータニ
三井造船株式会社
郵船ロジスティクス
株式会社木下不動産

野村不動産株式会社

東京急行電鉄株式会社

京王電鉄株式会社

住友商事株式会社

JFE商事株式会社

伊藤忠ファッションシステム株式会社
三菱電機株式会社

横河電機株式会社
エーザイ株式会社
いすゞ自動車株式会社

東京都小学校教員

進学(立教大学大学院)

​立教大学出身のトップリーガー

立教大学体育会ラグビー部にはトップリーガーを目指す選手もおり、立教大学が輩出した先輩方がトップリーグの舞台で活躍しています。

西田創  2006年卒

 NECグリーンロケッツ

中村洋平  2013年卒

 SANIXブルース→リコーブラックラムズ

宣原甲太  2013年卒

 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

山田龍之介  2014年卒

 NECグリーンロケッツ→釜石シーウェーブス

中澤健宏  2014年卒

 リコーブラックラムズ

眞壁貴男  2015年卒

 リコーブラックラムズ

眞壁照男  2019年卒

 東芝ブレイブルーパス

 

(2002年卒以降)

現役トップリーガーからの言葉

中澤健宏選手(2014年卒/リコーブラックラムズ)

2014年卒の中澤健宏です。
私は所沢北高校という、埼玉県の県立高校でラグビーを始めました。強豪校ではなく、大学でラグビーを続ける選手も少なかったです。
大学でラグビーを続けようと思った時、スポーツ推薦での入部者が比較的少なく、それでいて対抗戦Aグループで奮闘している立教大学がとても魅力的に思えました。「立教なら自分でも勝負できるかもしれない。」そう思って立教を受験することを決意。国語、数学、英語の3科目一般受験で観光学部観光学科に入学しました。

立教のラグビー部には、私のような無名校出身や、全国大会経験者、そして高校まで他競技で、大学でラグビーを始めた選手もいました。そんな様々なルーツを持つ選手が集まった組織で強く感じていたのは、風通しの良さです。
最低限の上下関係は当然ありますが、本当にのびのびとラグビーをすることができました。1年時に初めて対抗戦に出場した時も、先輩方のサポートの中で思い切りプレーすることができました。また、部活の運営や練習内容に対して、何か意見があれば、相手が先輩でもスタッフでも、しっかりと向き合ってくれる文化があります。

また、立教でラグビーをすることの魅力の1つに、強豪校と試合ができるということがあると思います。
秋の対抗戦、春季大会、伝統校との定期戦など、多くの機会があります。
選手として良い経験になるという理由もありますが、ぼんやりとでも社会人でラグビーを続けようと思っている人にとって、強豪校との対戦はリクルーターの目に留まりやすくなるため、可能性が広がるはずです。私自身、在学時にいくつかのチームから社会人でも続けないかと声を掛けて頂くことができました。

余談ですが、就職活動の時、そして働き始めてからも、OBの繋がりに何度も助けてもらっています。社会に出て改めて、伝統のある大学の部活動であったと再認識しています。

最後に、もし大学でラグビーを続けるか迷っている人がいたら、是非続けて欲しいと思います。私も入学前は不安でしたが、出身校やラグビーのキャリアなど、一度入部して同じチームになってしまえば、全く関係なくなります。
身体は鍛えれば強くなるし、ラグビーを好きな気持ちさえあればどんどん上手になります。
私は社会人になってからもラグビーを続け、現在7人制ラグビーの日本代表にも招集されていますが、ラグビーが好きで練習が楽しいという一心が大きく、気付いたらここまできたといった心境です。
楽しいという思いが強くなったきっかけは、在学当時、練習前後に遊びと本気半々で行っていたタッチフットです。どんどんラグビーにはまっていきました。
是非、立教大学で楽しく本気で、ラグビーに熱中してください。

眞壁貴男選手(2015年卒/リコーブラックラムズ)

2015年卒の眞壁貴男です。

立教大学ラグビー部にアスリート選抜入試を利用し入学しました。私は現在、ジャパンラグビートップリーグのリコーブラックラムズに所属しています。

私が現在もトップチームでラグビーを続けられているのは立教大学ラグビー部で過ごした4年間があるからです。多くの時間をグラウンドで過ごす中で得た学びは、普通では得られないと思います。

特に、私は考える力が身に付いたと思います。勝つために何をしたらいいか、チームのために何をするのが1番なのか、どうしたらもっと上手くなれるのか。1人でも考えましたし、チームメイトと話し合いながら意見を共有することができました。その時に身につけた考える力のお陰で自分には何ができて、何が足りないのかを考えて対策することでトップリーグの試合に出る機会も増えました。

もちろん立教ラグビー部に入ってラグビースキルや身体の強さも手に入れたものの一つです。しかし、それ以上にこの環境の中で仲間と過ごした数多くの体験が私の強みの一つです。

高校生の皆さんにはこれからたくさんの可能性があります。僕以上の可能性を皆さんは秘めています。その可能性を立教大学ラグビー部で広げてみてはどうでしょうか。1人じゃありません。一緒に戦ってくれる仲間が待っています。

眞壁照男(2019年卒/東芝ブレイブルーパス)

2019年卒の眞壁照男です。

私はアスリート推薦入試で入学しました。私は今でも立教大学でラグビーしたことが自分の力になっていると感じます。その一つが責任感を持って行動できるようになったことです。責任感を持って行動することはラグビーや仕事をする上でとても大切なことです。私は試合で目立つようなプレイヤーではなかったのですが大学一年の頃からAチームの試合にでていました。しかし、先輩についていくだけで責任感は持ててませんでした。
責任感を持って試合に出れるようになったのは大学三年生になった時です。学年リーダーになったこともあってハドルやミーティングなどで発言したり、説明する上で自然と責任感を持てるようになりました。さらに、立教大学では監督やコーチが、全てを教えるのではなくリーダーや選手にも意見を聞き一緒にチームを作っていくため責任感が身につきました。
立教大学では必ずしも推薦で入った選手が試合に出れるわけではなく努力ををすれば試合に出るチャンスがあります。自分の努力次第ではチャンスは無限大にあります。なので、一般入試や初心者でもAチームとして試合にでて活躍する可能性があります。
高校生の皆さんは目標や夢を持っていますか?夢は思い続けるだけでは叶いません。目標もあるだけでは何も意味がありません。それに向かって努力する事が大切なので立教大学に入って自分のやりたい事を見つけて全力で取り組んでください。そして、トップリーグの舞台で試合できる事を楽しみにしています!

​入部をご検討中の方・ご質問がある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問合せ

現役生からの

アドバイス

​卒業後の進路

立教大学出身の

​トップリーガー