部沿革

立教ラグビーの歴史と伝統

<創部>

1923年(大正12年)創部

日本の大学ラグビーで7番目

2023年に創部100周年を迎える

 

 

各校の創部

 慶應 1899年 同志社 1911年 早稲田 1917年

東大 1921年 京大 1922年 明治 1923年 法政 1924年

 

1928年 関東五大学対抗戦スタート(慶應・明治・早稲田・東大・立教)

1947年     秩父宮ラグビー場完成

 

※2007年、秩父宮ラグビー場開場60周年記念で、立教ラグビーが感謝状をうける。

戦後、秩父宮ラグビー場は立早慶明東法の選手の手で建設された。

 

 

<戦績>

1929年(昭和4年)関東大学ラグビー優勝 創部6年目

※立教19-14早稲田 立教10-6明治 立教0-0慶應 立教34-5東大 立教39-0法政(4勝1分)

 

 

〈定期戦〉※2019年7月1日時点

・対 早稲田大学   5勝85敗1分  2017年勝利※56年ぶり、2018年勝利

・対 慶應大学    6勝84敗2分  2011年勝利 ※40年ぶり

・対 明治大学    9勝72敗1分   2019年勝利 ※51年ぶり

・対 同志社大学 14勝59敗1分   2012年勝利

・対 法政大学     17勝10敗       1963年の対抗戦・リーグ戦分裂前

 

〈近年の成績〉