2021年5月27日(木)

インタビュー 山本 開斗(4年・NO.8)

「ラグビー人生最後の年に懸ける想い」

今シーズン初となる公式戦、関東大学春季大会東洋大学戦を振り返ってどうでしたか。

 個人としては、少しでも試合の流れを変えチームに貢献したかったと後悔が残る試合になりました。チームとしては、試合に出場した選手は全員、今自分に何が足りないか、今後何が必要なのか、次の試合に向けてチームとして取り組むべきことは何かを身に染みて感じることができた試合だったと思います。

 試合に出ることができなかった選手の気持ちも背負い、ファーストジャージを着ている自覚と責任をより一層持ち、日々の練習からチームに貢献できるよう励んでいきたいです。

自身のプレーの強み、セールスポイントを教えてください。

 高校時代までは、パスや状況判断など人を生かすプレーが強みでしたが、大学ラグビーでは自分がチームの流れを変えたいという思いが強くあるためキャリーを強みとしています。キャリーはより一層磨き上げ、練習でも試合でも周囲に認められる強みにしていきたいです。NO.8として、常に激しく一歩でも前に進み、チームに勢いをつけるプレーをして、ボールを持てばゲインしてくれる選手であるとチームから信頼されるような選手になりたいです。

 強みであるキャリーをさらに伸ばすためにもウエイトトレーニングに力を入れるようにしています。ウエイトはやればやるほど数値が伸びます。現在立教ラグビー部の一位である時来(北川時来・2年)に勝つことを目標に、チームでのトレーニングだけでなく自主的にも行いたいと思います。立教は関東大学対抗戦Aグループの他大学と比べると体格が劣ることもありウエイトのレベルはまだまだだと思っています。現状に満足することなく、今以上に自分にベクトルを向けて取り組んで行きたいです。

 また、昨年まではうまくいかない状況や辛い時期にネガティブな言葉や態度が練習に出てしまうこともありました。今年は気持ちを改め、後輩を引っ張っていける先輩になれるようエナジーを持ってグラウンドに立ちたいと思います。

私生活においてラグビーのために意識して取り組んでいることは何ですか。

 私生活の中で意識していることは、ウエイトトレーニングとオフをしっかりと楽しむことです。四六時中ラグビーのことを考えていても強くなることはできないと思います。オンとオフをしっかりと切り替え、集中するときは集中して取り組むよう心掛けています。練習や試合でうまくいかなく辛い時こそ、ウエイトトレーニングで汗を流し、切り替える気持ちを持つようにしています。

同期について教えてください。

 この学年は一人一人が大人であり、非常に賢い人が多いと思っています。全員が真面目である故に、静かなところもありますが、最上級生の自覚は確実にあると思います。

 僕はこの同期全員と、今年度の目標である「対抗戦三勝」を達成し、立教ラグビー部史上初の結果を残してラグビー人生にピリオドを打ちたいです。

その中でも、これまで色々な恩がある村田(村田裕太・4年)、誰よりもストイックでいつも支えてくれる金子(金子恭也・4年)、高校時代から8番、9番で組んできて、ラグビーを終える今年こそ僕のことを認めてほしい桑原(桑原礼紀・4年)、特にこの三人に信頼され、成長をみせることができるよう自分の仕事を全うし、チームに貢献します。ラグビー人生最後の年として、最後に全力でやり切ったと思えるようにしたいです。

期待する後輩を教えてください。

 期待というより意識しているFWの選手は、同じポジションの羽間(羽間圭司・2年)と太田(太田昌利・2年)と紀伊(紀伊雄介・3年)です。羽間は普段は冷静ですが、ラグビーをしている時は闘志を燃やしていると間近で感じています。彼はとても気が利くプレーをしますし、オールラウンダーで誰よりも身体をはってチームのために戦っている印象があります。太田は静かですが、彼の強烈なタックルにいつも驚かされています。紀伊はセットプレーが優れており、とても賢い状況判断でチームをまとめています。FWは多くのライバルがいますが、後輩に圧倒され負けないよう、自分から積極的にチームに発信して盛り上げていきたいと思います。

 また、安藤(安藤海志・3年)と大和(大和大祐・3年)と天羽(天羽秀太・2年)はチームに大きな影響を与えることのできる選手だと思います。また、ラグビーの素質もあるためチームを変える力や能力を持っていると思います。勝手ながら彼らに期待しています。

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 日頃から立教ラグビー部へのご支援ありがとうございます。皆様のサポートにより、このような良い環境でラグビーができています。感謝の気持ちを忘れず、ラグビー人生ラスト一年、全力で楕円球を追いかける年にします。

 練習後、夜遅く帰宅しても温かいご飯を作って待ってくれる最高の家族への感謝の気持ちと恩を胸に励んでいきます。今に至るまで、時間を無駄にしてしまった時期もあり後悔も残っていますが、この後ろめたい気持ちを糧にして怪我なく走り切ります。最高の同期、後輩たちと偉業を果たせるよう日々の練習から全力で取り組んでいきます。僕自身も立教ラグビー部、後輩に何か小さなことでも残してラグビー人生を締めたいと思います。

 今後とも温かいご声援をよろしくお願いいたします。

Interview