2021年7月20日(火)

権藤 時大(3年・PR)

「One by One」

春シーズン振り返ってみてどうでしたか。

 シーズン序盤は、自分の強みを生かしたプレーをすることが出来ず苦しんでいました。タックルミスが多く、プレーが消極的になってしまっていたことが課題だったと思います。そこで、様々な人からアドバイスをもらい、自分がなりたい選手像を改めて考えるようになりました。そこに近づくために意識を変えたことで、実戦を積むにつれてタックルの成功率を上げることもでき、課題を解消することが出来ました。去年は入部したばかりで、ラグビーの感覚を取り戻すことでいっぱいいっぱいでした。しかし今年はどのようにして自分のプレーを進化させていくかというところにフォーカスをすることが出来ました。初心を忘れずに様々な角度からアプローチを続けた結果、成長できたシーズンだったと感じています。

ラグビーを始めたきっかけと、大学2年生で入部を決めた理由を教えてください。

 元々はラグビーに全く興味がありませんでした。しかし、小学5年生の頃に弟のラグビー練習体験会について行ったところ見事に捕まってしまい、ラグビーを始めることになりました。最初は暇つぶし程度だったのですが、徐々にラグビーの虜になっていき、中学・高校と続けてきました。高校生の頃は、大学に入ってもラグビーを続けようと思っていましたが、いざ大学に入ると自信を持てず、入部の決心をすることが出来ませんでした。トレーニングは続けていたのですが、授業とバイトだけの生活に物足りなさのようなものを感じていました。そんな時に父が2019年の入替戦に連れて行ってくれました。そこで昇格を目の当たりにしたことで、これは入部するしかないと思い、ラグビーをまた始めようと決心しました。入部してからは、それまでの大学生活とは生活が大きく変わり、何よりも充実感を得られるようになりました。勉強にラグビーにアルバイトに、いい意味で休む暇がなく、今はその環境を楽しむことが出来ています。

尊敬する先輩を教えてください。

 フロントローの先輩である、ノリさん(麻生典宏・4年)・カツさん(勝沼遼・4年)・祐児さん(後藤祐児・4年)は特に尊敬しています。ノリさんはキャプテンという立場でチームを引っ張っていて、かっこいい先輩です。カツさんと祐児さんは面倒見が良く、頼れる存在です。自分も上級生なので、これからはそういった先輩方を目指していきたいと思っています。BKでは舟橋さん(舟橋広倫・4年)です。舟橋さんはポジションが全く違うのにも関わらず、いつも絡んでくれるのでコミュニケーションを取ることができ、それがとても嬉しいです。

期待する後輩について教えてください。

 FWでは篠原(篠原優太・2年)やカズ(手塚一乃進・2年)に期待しています。篠原は大学に入ってからPRに転向した選手ですが、練習前にいつも個人練習をしていて、どんどんスクラムがレベルアップしているように感じます。カズは大学からラグビーを始めたのにも関わらず、スクラムで後ろにいるととても頼りになる存在です。努力がとても伝わってくるので、自分も負けてはいられないと、いつも鼓舞されています。BKは快晴(相田快晴・2年)と福壽(福壽佳生・2年)に特に期待しています。2人と一緒のチームにいると、とても心強いです。

今年のチームの雰囲気はどうですか。

 一体感があると思います。去年はコロナウイルスの影響で、スコッド別で練習をすることが多かったのですが、今年は全員で練習をすることが出来ているので、エナジーが溢れていると思います。それに加えて、人数も少ないので全員が一つの方向を向いているように感じます。明治学院大学戦の前もAチームとBチームが一体になって、いい雰囲気で練習が出来ました。

今後の目標を教えてください。

 春シーズンより、さらにレベルアップした自分になれるように頑張っていきたいです。立教は人数が少なく選手層が薄いので、1人でも多く戦えるようにするために自分がもっと様々なプレーにおいて進化し、チームに貢献できる選手になりたいです。

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 いつも応援ありがとうございます。対抗戦のシーズンが近づいてきているので、1人のプレイヤーとして、またチームの一員として、貢献できるよう精進して参ります。立教ラグビー部への多大なる応援を宜しくお願い致します。

Interview​