2021年10月8日(金)

舟橋 広倫(4年・WTB)

「Play the man, be strong」

 

ラグビーを始めたきっかけを教えてください

 中学生の頃は野球をしていて高校でも野球を続けようと思っていたのですが、中学で一緒に野球をしていた仲間がラグビー部に入ると聞いてラグビー部に体験に行ったところ、部活の雰囲気がすごく良く、楽しかったのでラグビーを始めました。

 

私生活でラグビーに関して意識していることはありますか。

 一人暮らしで自炊する機会が多いため、「自分が口にしたものから身体が成り立つ」と意識して毎回の食事で栄養面について考えています。また、栄養士の小清水さんがお話ししてくださったことを参考にしながら簡単に時短で作れる料理を心掛けています。

 

自分の強みと弱みを教えて下さい。

 強みはボールキャリーだと思います。タックルを受けても簡単に倒れずにゲインすることができます。また、今年に入ってからはウィングとして任される広い守備範囲のなかで、しっかりとディフェンスできることが武器になりつつあります。

 弱みは器用でないということです。チームメイトの皆は知っていると思いますが、パスやキックがあまり得意ではないです。その分、ボールキャリーやディフェンスの強みでチームに貢献できるように意識しています。

 

今年のチームについて教えて下さい。

 下級生もチームトークで発言するなど、学年関係なく練習に関する意見を言い合えるチームです。グラウンド外でも上級生が下級生に積極的にコミュニケーションをとるなど、下級生が委縮しない環境が作れていると感じます。

 また、今年からヘッドコーチが変わったことで練習にも変化がありました。最初は戸惑うこともありましたが主将や副将を中心に、練習前に毎回「その日の目標」を決めています。それらを一貫することでひとつひとつの練習の繋がりを意識できています。

 

最高学年として意識していることはありますか。

 きつい時でも楽しみながら練習をすることです。きついと思ったときにそれを態度に出してしまうと下級生にも伝染してしまうと思うので、常にポジティブに明るく練習することがチームに良い影響を与えられると考えています。

 また、縦の繋がりを深めることで相談に乗るきっかけにもなれると思い、積極的に後輩とコミュニケーションをとり話しかけやすい先輩になれるようにしています。

 

チームの中でどのような存在でいたいですか。

 仲間に「あいつにボールを渡しておけば大丈夫」と思われる存在になりたいです。トライをとる機会が多いウィングというポジションを担う上で、「決定力に長けている」とチームメイトに信頼されていればボールが回ってくる機会も増えると思います。チームの苦しい状況を自分のボールキャリーひとつで打開できる、チームの中で必要とされる存在になることが目標です。

 また自分は無名校の出身で、ラグビーの経歴が輝かしいわけではありませんが強豪校出身の仲間の中でプレーしています。4年生になって初めてレギュラーメンバーとして公式戦に出させていただけるようになったので、今後も試合に出続けることでこつこつと自分の武器を磨けばチャンスは巡ってくるということを体現し、後輩たちに希望を与えられる存在になりたいです。

 

期待する後輩を教えて下さい。

 選ぶのが難しいですが同じポジションである天羽(天羽秀太・2年)、佐渡(佐渡亮太・3年)、庄子(庄子真登・3年)には特に期待しています。天羽は1年生の頃から試合に出場していて期待はもちろん、信頼もしています。今後エースとしてより活躍する姿が楽しみです。佐渡とは一緒にウエイトをすることが多く、真面目さや強い向上心を感じます。怪我をしてしまい一緒にプレーできないのは非常に残念ですが、彼はリハビリにも着実に取り組むと信じているので復帰後にすごく期待しています。庄子とは大学でラグビーをするまでの境遇に共通点が多く親近感を抱いています。彼はディフェンスの嗅覚がすぐれているため、武器であるスピードを磨きフィジカル面の課題を克服したときが楽しみです。

 また、新垣(新垣颯太・2年)、総真(伊藤総真・4年)にも期待しています。新垣は高校の後輩であり、2年生になってからトレーナーとしての風格が出てきたなと思います。ラグビー経験のある男性トレーナーとして、今後より部に必要不可欠な存在になって欲しいです。総真は高校時代は後輩であり、今は同期として関わっています。自分のラグビー人生の中で最も長く一緒にプレーしている彼と対抗戦に出場したいです。

 

関東大学対抗戦と残りのラグビー生活への意気込みをお願いします。

 早稲田戦を終えて、対抗戦Aグループの注目度やレベルの高さを感じました。立教の代表としてグラウンドに立ち、強豪校と戦わせていただいていることに感謝の気持ちを持って、自分の強みを生かして全力でプレーしたいです。厳しい戦いが続くとは思いますが「対抗戦Aグループでの3勝以上」という目標を達成できるよう、できる準備をすべてして試合に臨みたいです。

 7年というラグビー歴は他の選手に比べると短いかもしれませんが、自分の中では最も長く続けたスポーツであり自分に一番合っているように思います。練習も試合も楽しみながら、悔いの残らないように過ごしたいです。今まで支えて下さった高校の先生や両親、応援してくれている人たちに感謝の気持ちを持って頑張りたいと思います。

 

HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 日頃より温かいご支援、ご声援をありがとうございます。対抗戦Aグループという大舞台で皆様の心を揺さぶるようなプレーを体現したいと思います。今後とも応援よろしくお願いいたします。

Interview​