2022年8月21日(日)

藤井 賢太郎(4年・LO)

「愛だね。」

ラグビーを始めたきっかけを教えてください。

 中学進学のタイミングでスポーツを始めようと思い、父の勧めや同級生の槇瑛人君(早稲田大学ラグビー部)がラグビーをやっていたことなどから興味を持ち、始めました。ラグビーを始めて、今年で10年目になります。

 

自身の強みや弱みは何ですか。

 強みはポジティブで明るいところです。試合だけでなく、練習やフィットネスからチームを元気づけるために、声を出すことが僕に求められる仕事だと思っています。また、プレー面での長所はスクラムです。僕は姿勢に自信があり、スクラムを押すことも好きなので、自分だけでなく周りを巻き込むような熱い熱量を持ってスクラムを押しています。

 弱みは人間としての未熟さです。こんな僕でも支えてくれる同期やチームメイトがいるおかげで少しずつではありますが、成長していると思います。僕が1年生だった時の4年生は偉大な存在だったので、最高学年として下級生から見てその様な存在になる必要があると考えています。そのため後輩を気にかけ、自分に厳しくするよう心掛けています。

 

 

ラグビーをしていてよかったことを教えてください。

 長年ラグビーを続けたことで様々な友達ができ、プレーしているチームが異なっていても深い繋がりがあることです。自分の交流のあった人たちと試合をすることで互いに刺激し合ったり、ラグビーについて語り合ったり、このスポーツをしていたからこそ巡り会えた縁に感謝しています。

 

 

共同主将の2人について教えてください。

 紀伊君(紀伊雄介・4年)は真面目で真摯的な選手です。ラグビーに対する気持ちが人一倍強く、自分だけでなく他人に対してもストイックな気持ちを持っています。もう1人の主将の海志とは違ったリーダーシップでチームを率いてくれる存在です。プレー面では、海志(安藤海志・4年)の華やかなプレーとは対照的に泥臭いプレーをします。プライベートで「大学選手権に出場したい」と熱く語る雄介君の夢を叶えるためにも、僕自身、より真剣に練習に取り組んでいます。

 海志は1年生の時からプライベートでも親交が深く、人として尊敬していています。プレイヤーとしては、小柄にも関わらず圧倒的なプレーを見せてくれるところに主将としての絶対感を感じており、チームをまとめて引っ張っていく主将として相応しい存在だと感じています。

同期に伝えたいことはありますか。

 まずは未熟な僕を受け入れてくれていることに感謝したいです。僕がラグビーを続けられているのは、同期がいるからだと思っています。くだらない話で笑ったり、プレーしたり、一緒にウエイトに励んでくれる仲間に感謝の気持ちを伝えたいです。多分僕が学年で一番同期愛強いんじゃないですかね。引退でボロ泣きすると思います。

 マネージャーやトレーナーは、泥まみれになった僕たちより大変な仕事を縁の下の力持ちとなってサポートしてくれていることに感謝しています。マネトレの皆がいないと僕たちはラグビーをできないと思っています。そんな皆への恩返しができるのは、試合に勝つことだと思っているので、今年の目標である「大学選手権への出場」を果たすため努力し、恩返しをしたいと思っています。

 

今年の立教ラグビー部はどんなチームですか。

 今年は僕たちが1年生の時と比べ部員数が少ない分、上級生と下級生や学生スタッフが良い関係を築けていると思います。学年関係なく仲が良いため、プレーへの連携や一体感を高め、チームスポーツの強みに活かしていきたいと思います。また、プレー以外での関係性なども含め後輩との絆を深めることで、より強いチーム作りへ貢献していきたいです。

期待する後輩について教えてください。

 FWでは進藤(進藤大・1年)です。寡黙な性格でありコミュニケーションを取るのが少し苦手だと感じる部分がありますが、情熱的なプレーと向上心の高さがあるのでプレイヤーとして更に活躍してくれることを願っています。BKだと時来(3年・北川時来)です。時来はユーモラスで人懐っこく、かわいい後輩です。グラウンド上ではタフなプレーをするだけでなく、人一倍やる気のある選手なので今後も活躍して大学以降のステージでも輝けることを期待しています。妹のまこちゃん(藤井真・2年マネージャー)は、仲間にも恵まれて充実した生活を送っているように思うので、僕がラグビー部を引退した後もラグビー部のママ(姉御)として頑張って欲しいと思います。

 

​HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 日頃より立教大学ラグビー部への応援・サポートをしていただき本当にありがとうございます。あと数週間で対抗戦が開幕します。「大学選手権出場」という目標に向けて部員一同それぞれの課題と向き合い練習に励んでいます。日々精進して参りますので、より一層の応援宜しくお願いいたします。

Interview​