2020年8月27日(木)

【第二回幹部部屋】

今年度FWリーダーを務めております秋元律樹です。

私からは8月のFWの練習状況について書きたいと思います。

 

コロナウイルス感染拡大による自粛要請が明け、人数制限はありますが練習を再開できるようになりました。例年であれば8月は春に築き上げたスクラムやラインアウトの技術に磨きをかける時期なのですが、今年はコロナウイルスの影響で練習が行えておらず、基礎が出来上がっていない状態です。また菅平合宿も中止となったため、試合経験も積めておりません。富士見グラウンドも連日気温35度を超える炎天下が続き、モチベーションを保てるのか非常に不安でしたが、FWの一人一人が自ら掲げた目標に向け懸命に取り組み、実のある練習が出来ていると感じています。中でも副将の相良(相良隆太・4年)やもう一人のFWリーダーである石塚(石塚大翔・4年)は、個人のスキルアップだけではなく、全体に対してのフィードバックも欠かさず行い修正点を挙げてくれるので、チームが成長するうえで非常に助かっています。このような密度の濃い練習を続けることが出来れば、例年以上に良いFWになれると確信しています。

 

まだ確定はしていませんが、いよいよ10月から関東大学対抗戦が始まる予定です。立教大学にとっては5年ぶりの、私にとっては初めての対抗戦Aグループということで非常に楽しみです。私たちの目標である史上最多勝利に向け、これからも日々努力していきたいと思います。

Locker Room