2020年11月28日(土)

【関東大学対抗戦最終戦に向けて】

今回は関東大学対抗戦において最終戦となる青山学院大学戦に向けて、主将の北山翔大のコメントをご紹介致します。 

 

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

主将の北山翔大です。本日は来週行われる青山学院大学戦への意気込みについて綴らせていただきます。

 

前戦の日本体育大学戦では自分たちの不用意なペナルティーから相手に流れを持っていかれ、それが失点に繋がり、敗北を喫しました。今シーズンはこのような僅差でのゲームがなかったこともあり、とても悔しかったです。チームとして、最大限の準備をしてきたつもりではいましたが、そのレベルは甘く、今まで以上に隙をなくす必要があると感じました。次戦までの時間は限られていますが、自分たちに変えることができる部分はたくさんあると思っております。 

 “対抗戦2勝以上”という目標を成し遂げることはできませんでしたが、最後の試合となる青山学院大学戦では自分たちがBREAKした姿をお見せし、「今年の立教は惜しかった」では絶対に終わらないよう勝利のための準備をして参ります。ご声援の程、よろしくお願いいたします。

Locker Room