2021年5月21日(金)

【第三回幹部部屋】

ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。今年度BKリーダーを務めております桑原礼紀です。

私からはチームが始動してからのBKの状況についてご紹介していきたいと思います。

 

今年度のBKは、ATではスペースを見つけて周りに発信し共有すること、自らムーブすることでスペースを作り出すこと、DFでは隣のメンバーとのコネクト、DFラインを前に押し出すことを意識して練習に取り組んでいます。そのため、選手一人一人が頭を使いながらも、よく喋りよく走ることを意識しています。また、日々のユニット練習の中に個人練習の時間を設けることで、BKの選手全員が自らの課題に向き合い、自主的に練習に取り組んでいます。

5月に入り春季大会も始まりましたが、これまでの期間に積み重ねてきたものを試合でのパフォーマンスに繋げていくためにも、現在の質の高い練習をこれからも継続していきたいと思います。

 

今年度の春季大会は新型コロナウイルスの影響を受け無観客試合での開催となりましたが、無事に大会に参加し、ラグビーができていることに感謝をしながら、残りの試合を戦い抜いていきたいと思います。

これからも引き続き立教大学体育会ラグビー部の応援をよろしくお願い致します。

Locker Room