Locker Room

2021年10月14日(木)

【ジュニア選手権大会注目選手】

今回のロッカールームでは、これから行われるジュニア選手権大会の注目選手4名のコメントと、試合へ向けての意気込みをご紹介させていただきます。

 

<4年・CTB/WTB 関原泰河>

2年ぶりのジュニア選手権大会開催ということでワクワクしていますし、秋シーズンに試合経験を積めるのは本当に貴重なことだと思います。

チームとして勝利を目指すことはもちろんですが、今後のAチームのメンバー選考に関わるアピールの場でもあるので、個人としてプレーで結果を残すことにもこだわりたいです。

また、特に下級生はこのジュニア選手権大会で公式戦デビューを果たす選手も多いので、自分は4年生としてプレー以外の面でもチームをリードできる存在でありたいと思います。

 

<3年・FL  加藤嵐>

今回のジュニア選手権大会は自分自身にとってはじめて出場する大会なのでとても楽しみであると同時に緊張もしています。しかし物怖じせず、積極的にプレーをしたいと思います。そして自分の得意なタックルを最大限発揮できるように頑張ります。この大会では私の地元の大学である山梨学院大学戦も行われるため、とてもワクワクしていますし、この2ヶ月間を通して、苦手なプレーを克服し、得意なプレーをのばして大きく成長していきたいと思います。応援の程よろしくお願い致します。

 

<2年・WTB  太田匠海>

ジュニア選手権大会を迎えることができてうれしく思います。昨年はケガによってラグビーをプレーすることができず、心苦しい日々が続きました。今回、久しぶりに試合に出ることができるので、自分の持ち味を存分に発揮して、全力で楽しみたいと思います。そして、自分の役割を全うし、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。応援宜しくお願い致します。

 

<1年・FL  三邊晃太郎>

初のジュニア選手権大会ということでこれまで積み上げてきたことを出し切りたいと思います。また、自分のプレーがどれほど通用するのか知ることのできる機会なのでワクワクしています。チームの勝利に繋がるように全力でプレーします、応援よろしくお願いします。

 

ジュニア選手権大会初戦は、10月17日(日)の青山学院大学戦です。無観客試合とはなりますが、皆様の温かいご声援のほど宜しくお願い致します。